2015年10月28日

あれこれあった10月のまとめ

 とりあえず、撓骨神経麻痺は徐々に回復してきています。その歩みはカメのようでしたが、最近はかなり回復、やったぁ....という気分です。

 そんな中、10月は久々に芝居を堪能しました。見たい芝居は数あれど、チケット代が高騰気味で、つい手控えていましたが、そんな気分をふっとばしてくれた...高いチケット代も見終わっての満足感が相殺しておつりさえ・・・って、ある意味,希有の公演を堪能しました。

 赤坂ACTシアターでの『No.9 不滅の旋律』、つまりはベーとーヴェンの半生を描く作品。かの有名な楽聖と言われた作曲家ですが、その人物像は良く分かっていません。実にわがまま、傲慢、ともかく身内でも友人でもあまり付き合いたくないかもしれないベートーヴェンですが、その音楽は申し分ない天才・・・。時代はナポレオンが躍進を遂げ、やがて皇帝となり、敗走するという混乱のなかにあって、「時の権力は移ろうが、音楽の偉大さは永遠だ」と叫ぶベートーヴェン。これは200年を経てまさに証明された・・・といえそうです。

 ベートーヴェンの音楽が巧みに配されて、実に効果的。そして、最後の『歓喜の歌』が圧倒的な迫力で迫ってくる。

 この芝居は、何よりも舞台が総合芸術である事を痛感させてくれた。脚本、演出、キャスト、美術、照明、音楽、衣装・・すべてが合わさって初めて完成される。どのピースが欠けても完成されない・・・と言う事を感動とともに感じさせられました。
 
 脚本 中島かずき、 演出 白井晃(場面転換が見事)、音楽 三宅純(3台のピアノとオペラ歌手の生歌が良い)、美術 松井るみ、照明 高見和義、衣装 前田文子・・・・。
 キャスト:ベートーヴェン 稲垣吾郎、 マリア 大島優子、メルツェル 片桐仁、ナネッテ マイコなどなど・・・すべてが一体化していた舞台であったが、中でもベートーヴェンそのものに見えた稲垣の渾身の演技、初舞台とは思えない大島にも圧倒された。これから、大阪公演、北九州公演もあるようですから、ご覧になれたら、ご損はないはず・・・と、おすすめです。

posted by norarikurari at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

病いは気から?

 9月は茨城県常総市の鬼怒川堤防破堤の大被害に3・11の津波被害が重なって、自然の威力になす術のない事を痛感させられ、安保法案の強行採決に政治にフェアプレーなんてあり得ないから、信用できないんだと毒づいているうちに終わりました。通信の発送とニュースレターをひとつ仕上げて、ホッとするはずの日曜日。
 しかし、どうも体の様子が変だ。なんかわからないけれど、異変が感じられる・・・と思い、血圧を測ったら?日頃はかったこともないので、操作がまずかったのか?とんでもない数値___え?235って、初期の新幹線も出せないスピード?って、まるで違うぞ。あらためて測ったら、上189 下112

 高すぎるから・・・変調を感じたのかも?
 この春、高血圧で医者からクスリを処方された母から残ったクスリを貰ってとりあえず飲んで、ひたすら静養。日曜にただ目を閉じると眠ってしまうって・・・そんな過ごし方はほとんどした事がなかったけれど、その休養の結果、午後2時半には血圧も上140 下92まで落ち着いた。
 
 この血圧異変の背景には、10月1日の夜11時頃、ボ〜ッとTVを見ていたら、右手がなんだかしびれてきた・・・?何だろう?と思っていたら、麻痺?のような??右手が動かないってどうしたの?
 まさか・・・脳梗塞?かつて父が脳梗塞になって、さらに最近ではかつての仕事の上司も脳梗塞と聞いていたので・・え〜〜〜私も?不安になりつつも、信じたくない。できれば、家族にも隠したかったけれど、さすがにお箸も鉛筆も上手く持てないし、パソコンのキーボードも右手は指1本となっては隠しようもない。金曜日は仕事が忙しく、土、日は病院がお休みとあって、結局、月曜になって病院へと行きました。

 初診の医師は日曜の血圧にはあまり関心はなく?とりあえず右手の麻痺についてあれこれ尋ねたあとで、MRIをとることになりました。初MRIです。およそ20分という間、頭をすっかり丸裸にされた?気分。

 さて、診断の結果は、心配した脳梗塞とはまったく関係なく、とう骨神経麻痺というものだとか?神経内科の先生いわく「典型的なとう骨神経麻痺です」って・・・まるで問題外の扱い。ま、その方がうれしいですけれど。なんでも時間クスリで徐々に回復していくから問題ないそう。
 勝手に脳梗塞か?と心配になって、血圧も高くなっていたみたいで・・・とんだお騒がせの週末でした。ホント現金にも、血圧もすっかり下がったんじゃないかな?とはいえ、まだ、麻痺は少々残っているので、字を書くのは大変だし、鋏も上手く使えない。早く元通りになってほしいなぁ...と思うけれど、ま、この程度のことで終わったことに、正直、ホッとしています。これまでの暴飲暴食、無茶な暮らしにちょっと神様からの警告だったのかもしれません、

 
posted by norarikurari at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

9月も半ばになって・・・

 ホントにあたふた、ドタバタと日が過ぎていきます。まったく何しているんだろう?と思うのですが、一応、わずかばかりの仕事をして、適当に家事をしていると1日が終わってしまうと言う・・・なんとも不思議です。ま、時間の使い方が下手ということでしょう。もっと、集中して濃密な仕事をすれば・・・って、そもそも私には無理ですから・・・。

 それにしてもこの夏はいったいなんと言う夏だったのか?と振り返るといろいろあり過ぎです。パソコンの故障に振り回され、ま、それは今のところなんとか収まったものの、国会の安保法案の行方が激しく気になる・・・、しかし、なかなか駆けつけることができず、残念無念。毎日、多くの市民が国会前に集っている事実が心強いです。がんばれ、頑張ろう。
 さらに、9月になって、ビックリするほどの雨に実は我が家の雨漏りを心配していたら、茨城県の常総市では鬼怒川の堤防決壊という大変な事態に・・・。あらためて、自然の力の凄まじさを思い知らされました。3・11で嫌というほど感じたはずなのに、まさか・・・4年半で記憶が薄らいだって・・・恥ずかしくなります。

 ホントにうかうかしていられない状況、そんな中、13日は江戸川放水路で、葛飾区郷土と天文の博物館主催の「江戸川野遊び道場」は、放水路でのハゼ釣りという企画。博物館のもうひとつの企画、「川漁師ファンクラブ」の方々の協力も得て、初心者に仕掛けの手ほどき、釣りのコツなど、伝授してもらったのですが、あいにく、釣果はホンのわずかでしたが、それでも、逆に堰が開いた結果、日頃はいないはずのドジョウを捕まえた親子もいて、川の自然と生きものについて学んだひとときでした。

hazeturi1509B.jpg