2017年10月12日

貧乏ヒマなしはホントだ!

 あれよあれよと10月も半ば近くなってきました。日暮れが早くなったなぁ・・・。
 本日はちょっと夏の復活か?と思える暑さでしたが、それでもこれはそう長くはないはず。きっと、一気に寒くなってしまうかと覚悟しています。
 ともかく、目下、樹木に関する小冊子の追い込みで、しかし、これがなんとも焦れったい。見れば見るほど、ほころびが見えて来たり、手直しが必要だったり・・・いっこうに終わらないので、ちょっと無限地獄のような気分も・・・。
 なんとか区切りを付けたい・・・と切実に思う今日この頃。
 
 それにしても、選挙?もりあがっているでしょうか?なんだかんだで、結局自民党過半数以上?なんか国民って安易に丸め込まれる人たちの集団?TVで見ていると、問題議員と言う人たちも、地元では温かい応援があるらしい?結局そういう空気がいっこうに変化をもたらさないんだろうか?
 これまでも、正直可能ならこの国から逃げ出したい気分でしたが、選挙結果次第ではさらに逃げたくなるかも?ただ、どこへ?となると・・・行き先はない。もちろん、金なし、名声なし、拾ってくれる国なし・・・とはいえ、行きたい國もなし??って感じも強くなって・・・これって八方ふさがり?ですね。

 つまらない愚痴ばかりではいけません。気分スッキリ、これから「私、失敗しないので」って「DOCTOR X』でも見てみようかな?
posted by norarikurari at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

世間は3連休?

 10月になって1週間、3連休のスタートはあいにくのお天気。とりあえず特に予定もなく、ということは、なんだかんだと仕事になるのが、自由業という名の不自由業。ま、いつもよりは多少さぼりつつも、できるだけ早く校正を終えないといけない冊子とにらめっこでした。ま、いくらにらめっこをしても、なぜか必ずミスはあって・・・なぜだ!となるのが、毎度のこと。ホントしっかり学習してない見本です。
 そして、本日、ポストにはもう選挙の投票券が届きました。まだ公示前ですけれど?仕事が速い???
 今回の選挙も自己都合ですよね、とりあえず、今なら勝てる?国会でうるさく質問攻勢となる「森友、加計学園問題も選挙が終われば、国民は忘れているだろう」って、なめられたものです。ま、確かにマスコミは小池知事を上げたり、下げたりでお忙しそう?そこで、安倍は「愚直に政策」とか言ってくれているけれど、愚直に「森友、加計問題」もふくめて国民に説明する気はさらさらないくらい知っています。消費増税の使途変更やら北朝鮮やら・・それはつけ刃の選挙公約ですから・・・選挙が終われば、たぶん知らんぷりでしょう。選挙後の議員数がどうなるか?ま、自公、希望、維新などあわせたら、一気に改憲GOを目指しているんでしょうね。くわばら、くわばら・・・・。
 詐欺被害でいうなら、騙される側にも落ち度あり・・・ということをしっかり肝に銘じたいです。

 そうそう、北海道の宮島沼にもうマガンが集まってきているという。秋から冬へと向かく季節をひしと感じるニュースでした。
 
posted by norarikurari at 22:57| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

10月になって深まる秋?

 夏を過ぎると、一気に気分は今年後半へ、暮れへとなだれ込む感じ。それでなくても、慌ただしい気配に、さらに選挙までなんて、余計に騒がしく、慌ただしくなるじゃないですか?ホント、迷惑なこと、突然やらかさないでほしい・・・。
 ともかく、10月1日、十数年ぶりに新幹線で大阪まで、私には大旅行気分。しかし、日帰りというもったいない短い旅でした。「のぞみ」初乗車。新大阪まで2時間半ほど・・・、窓が小さくなって景色を楽しむには少々物足りない・・・。ま、東京をでる時はピカピカの快晴だったのに・・・、富士山は小田原あたりか?山頂がうっすらと見えていたけれど・・・その後は、裾野だけになってしまったし、往復で新書と文庫本位は読み切るか?と用意したのに、結果はなんと新書1冊さえ読み終えられなかった・・・。何事も計画通りとは参りません。
 今回の旅は、5月に亡くなった母の納骨でした。父の納骨で訪ねた2002年以来・・・・って、墓参りをいかにサボっていたか?ま、旅費も時間も捻出できなかったってことです。
 なんとか、無事納骨完了。海と山が揃った霊園は永遠の眠りにふさわしい場所に思えました。
 ということで、帰りにかつての実家のあった場所も訪ねてみたら・・・浦島太郎気分。真新しげな家が3軒並んでいて・・・・面影まるでなし。阪神大震災もあったものの、道路、町並みなどに大きな変化はなく、そのままにあることにちょっと安堵しました。
 それにしても、単に新幹線に5時間、あと霊園とかつての実家をめぐっただけだったけれど、疲れた〜〜・・・のは年ですね。
DSCF7863.JPG
 写真は前々回に添付しようとして上手くいかなかったツリフネソウです。今さらですが・・・一応。
 旅の写真は添付できるようなレベルではなく・・・残念でした。
posted by norarikurari at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする