2017年12月26日

今年も残りわずか

 気が付くと今年も残り本当にわずかとなりました。もはやジタバタすることもできませんが、なんというか
もう袋小路で覚悟を決める気分かな?
 新たな年が来ることにも期待はできないし、めでたい気分がないままに年だけが改まることになりそうです。
 言いたいことはいっぱいあったはずなのに…・いざとなると何も思い浮かばない・・・。

 毎年、年末の楽しみの一つは小田和正さんの「クリスマスの約束」でした。最初は2001年、小田さんの呼びかけに誰も答えなかった…そこから毎年見続けてきました。なんか年末の恒例番組は紅白ではなく「クリスマスの約束」のような?年によって、もちろん受け取る側としても微妙な温度差もあったけれど、それでもよく続いたなぁ…と思うわけです。

 というわけで、今年も続いてよかったと思います。小田さんと同じ古希組なので、リアルタイムでの視聴は無理ということで、録画したものを目下再生中です。
 そういえば来年、ツアーを行うとの発表もあったようですが、行きたいけれど、ま、無理だな???チケット取れないだろうし・・・、来年も『クリスマスの約束』を見られたらいいかな?とそれがささやかな願いです。
 来年がどんな年になるか?さっぱりわかりませんが、できれば平穏な1年であってほしい。理不尽なことに苦しむ人ができるだけ少なくあってほしい・・・腹の立つことの少ない1年であってほしいと、願いはささやかです。
posted by norarikurari at 22:24| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1年が遠く感じられて

 1年で一番昼の短い時期、もう午後4時過ぎには車が点灯し始めている。そんな車を見ると、昨年の今頃…そういえば、私も車のライトをつけて危なっかしい運転をしていたなぁ・・と思い出します。早い日暮れに、さらに時には雨も降っていたりすると、それでなくても苦手な運転が本当におっかなびっくり…なんとか家までたどりつかねば・・・と必死な感じだったなぁ。
 昨年の今頃、母が体調思わしくなく、病院通いの結果、入院、手術となり、毎日、自宅と病院を往復していましたっけ。その時は、とりあえず目先のことで手一杯…でしたが、今になってみるとほんとにたいへんだったなぁ。ま、よくやったと…一応、誰も何も言ってくれないので、自分で自分をほめておきたいです。
 母は昨年12月8日に手術、24日に退位したものの、結局、本人が期待するような回復はならず、5月25日に亡くなりました。94歳という年齢からしたら、致し方なかったのかもしれませんし、手術をしなければもっと早くに亡くなっていたと担当医にも言われましたが、何が正解かは結局わかりませんでした。

 ボケたくないと願った母は最期まで意識がしっかりあって、結局それがよかったのかどうかも、また難しい所でした。ボケていた方が死の恐怖はなかっただろうから、ボケも悪くないなぁ…と思わされたりもしました。母の最期を見て、次は私、少しでも学んでおきたいけれど、実際は何の学習の成果もなくおわりそうです。

kouyou1711B.jpg
 木々の色づきが青空に映えて晩秋もひときわ美しい。
posted by norarikurari at 21:56| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

わが町

 引っ越して来て、もう20年以上になる。引っ越した当時は、新線が開通してさほどたっていないから、駅前もただの野っ原。ぽつんとある街灯が余計にわびしく不安になるような感じだった・・・。コンビニが1軒、やっと出来たばかりでした。その後、本当に徐々に街が形成されて行く感じで、いつしかコンビニが3軒になり・・・でも、結局、今はまた1軒に。ただ、最初に出来たコンビニは一番最初に消えてしまった。なかなかに厳しい事態を見せたといえそう。
 最初に広がっていた空き地にはヒバリが暮らし、ツクシが採り放題だったが、すこしずつ開発は進んで行く。気づくと、スーパーが2軒、ドラッグストアも2軒でき、TSUXXYAも出来た。UNIXLOが出来、それがGXにかわり、いまや西xx屋と変転して行くさまも面白いか?いつの間にか、空き地はまったくなくなり、住宅と低層アパートで埋め尽くされた。幸いと言うか、風致地区なので駅前と言えども高層マンションは建てられないみたい。
 最近、カジュアル衣料品を売る店舗に「完全閉店 セール」の旗が翻った。ここは、何度も「閉店」セールがあって、でもしばらくすると改装オープンとなったり、さらに途中、店名が変わったのは経営が変わったのか?販売する衣料品にはさほどの違いはないようにも思えるが…………今回の「完全閉店」はホントに「閉店」なのか?と、ちょっと疑いの目も注ぎつつ、経過を見ているところ。ま、めったに買うことはないけれど、ごくたまに利用する事もあったので、なくなると不便ということになるか?
 若い世代が多く暮らすからか、なんと、昨年まで居酒屋だった店が改装していると思ったら。保育園になると言う。すでにいくつも保育園はあるようで、小さな子たちが公園に向かって、よちよち歩く様子は微笑ましく、わが町わるくないよ・・って気になっている。
posted by norarikurari at 22:35| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする