2017年10月17日

服に体を合わせる?

 年を取ったなぁ???って感じることのひとつは、試着が面倒になること。その昔?大昔?若い頃には買い物のあてがなくても、ただ見て回るだけでも楽しかった。試着もちょっとファッションショーって感じでわくわくして楽しかったのが・・・いつの頃からか?めんどうになり・・・??いまや、必要に迫られて・・・しかたなく通販で調達するか?って感じ。
 通販、便利ではあるけれど、サイズの確認はできないので、どうしても大きめを注文しちゃう。「大は小を兼ねる」・・・・って感じ。パンツ(下着ではない)とか、ジーンズなど小さいと交換をしなくちゃいけないので、つい大きめにして・・・・確かにゆるいと思っているうちに、おやま・・だんだんにフィットして来る・・・・ってことは、体が服に合わせてる?つまり、膨張している??
 だったら、ちょっと小さめにしておけば、体も細みになったのかなぁ??と気づいたけれど?やっぱりそれを実行できるか?疑問。
posted by norarikurari at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

貧乏ヒマなしはホントだ!

 あれよあれよと10月も半ば近くなってきました。日暮れが早くなったなぁ・・・。
 本日はちょっと夏の復活か?と思える暑さでしたが、それでもこれはそう長くはないはず。きっと、一気に寒くなってしまうかと覚悟しています。
 ともかく、目下、樹木に関する小冊子の追い込みで、しかし、これがなんとも焦れったい。見れば見るほど、ほころびが見えて来たり、手直しが必要だったり・・・いっこうに終わらないので、ちょっと無限地獄のような気分も・・・。
 なんとか区切りを付けたい・・・と切実に思う今日この頃。
 
 それにしても、選挙?もりあがっているでしょうか?なんだかんだで、結局自民党過半数以上?なんか国民って安易に丸め込まれる人たちの集団?TVで見ていると、問題議員と言う人たちも、地元では温かい応援があるらしい?結局そういう空気がいっこうに変化をもたらさないんだろうか?
 これまでも、正直可能ならこの国から逃げ出したい気分でしたが、選挙結果次第ではさらに逃げたくなるかも?ただ、どこへ?となると・・・行き先はない。もちろん、金なし、名声なし、拾ってくれる国なし・・・とはいえ、行きたい國もなし??って感じも強くなって・・・これって八方ふさがり?ですね。

 つまらない愚痴ばかりではいけません。気分スッキリ、これから「私、失敗しないので」って「DOCTOR X』でも見てみようかな?
posted by norarikurari at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

10月になって深まる秋?

 夏を過ぎると、一気に気分は今年後半へ、暮れへとなだれ込む感じ。それでなくても、慌ただしい気配に、さらに選挙までなんて、余計に騒がしく、慌ただしくなるじゃないですか?ホント、迷惑なこと、突然やらかさないでほしい・・・。
 ともかく、10月1日、十数年ぶりに新幹線で大阪まで、私には大旅行気分。しかし、日帰りというもったいない短い旅でした。「のぞみ」初乗車。新大阪まで2時間半ほど・・・、窓が小さくなって景色を楽しむには少々物足りない・・・。ま、東京をでる時はピカピカの快晴だったのに・・・、富士山は小田原あたりか?山頂がうっすらと見えていたけれど・・・その後は、裾野だけになってしまったし、往復で新書と文庫本位は読み切るか?と用意したのに、結果はなんと新書1冊さえ読み終えられなかった・・・。何事も計画通りとは参りません。
 今回の旅は、5月に亡くなった母の納骨でした。父の納骨で訪ねた2002年以来・・・・って、墓参りをいかにサボっていたか?ま、旅費も時間も捻出できなかったってことです。
 なんとか、無事納骨完了。海と山が揃った霊園は永遠の眠りにふさわしい場所に思えました。
 ということで、帰りにかつての実家のあった場所も訪ねてみたら・・・浦島太郎気分。真新しげな家が3軒並んでいて・・・・面影まるでなし。阪神大震災もあったものの、道路、町並みなどに大きな変化はなく、そのままにあることにちょっと安堵しました。
 それにしても、単に新幹線に5時間、あと霊園とかつての実家をめぐっただけだったけれど、疲れた〜〜・・・のは年ですね。
DSCF7863.JPG
 写真は前々回に添付しようとして上手くいかなかったツリフネソウです。今さらですが・・・一応。
 旅の写真は添付できるようなレベルではなく・・・残念でした。
posted by norarikurari at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

広島と科学者と??

 昨日は、広島に原爆投下から64年目の記念日でした。もう64年もたった・・・というか、まだ、たったの64年と思うか??

 それにしても、あのすさまじい被害状況を見ても、原爆開発に係わった科学者の大半は、研究をストップさせなかった・・・というから、人間って・・・、科学者って・・・底知れない恐ろしさを内蔵しているって思ってしまいます。
 
 広島の原爆資料館を訪ねたのは、もう20年以上前でしょうか?少女の下着だけ、老人の眼鏡だけ...残された展示に、あらためてその被害のすさまじさが身に滲みて感じられた。しかし、想像力のありったけを動員しても・・・とてもじゃないけれど、思いは限られているわけで...、そんな経験をしないで済んだことに正直、ホッとした思いもしたものでした。

 実は、芝居を面白いと見始めたきっかけが、つかこうへいさんの作品『広島に原爆を落とす日』でした。日本人が、最愛のひとを引き換えに、広島に原爆を落とすという・・この芝居・・・ありえない・・・荒唐無稽とも言える設定ながら、すごく、心に響いて、すっかり舞台にハマりました。

 正直、芝居って発想が実に自由だなぁ・・・と賛嘆し、あと、生身の役者さんが演じる気迫にも圧倒されたように思いました。

 芝居で、原爆にかかわって印象に残ったのは、劇団M.O.Pの『水平線ホテル』もありました。イタリアのある島のホテルで、ファッショ党の秘密警察の捜査からユダヤ人科学者を何とか守ろうとして、ホテルの女主人や宿泊客らが、悪戦苦闘しつつ、なんとか、アメリカに逃そうとする。危機一髪の攻防のすえに、無事脱出した科学者家族。でも、後日談で、広島への原爆投下のニュース。つまり、彼らを助けたことが良かったのか??なんとも複雑な味わいのお芝居でしたっけ。

 日本でも、戦時下で原発開発が試みられていた・・・という『東京原子核クラブ』も、そんな事実があったのか?と驚きでしたが、人間は、科学的進歩には抵抗できないってことなのかなぁ?

 理性で、ストップできないとしたら・・・この先、技術的に可能な領域が広がるにつれ、人類にとって不幸が広がるのかも??
と、脳死問題、臓器移植問題を含めて、人間にゆだねられた最先端技術の先行きが不安になります。

 オバマ大統領が核廃絶のスピーチをされたようで、もちろん大歓迎ですが、でも、すでに世界中に広がる核兵器、それらをどうやって処分するのか??なんともこれって、大変な問題でしょう??
 すぐに解決できないその核を無害化するための研究こそが、今後、最優先されるべきでしょうけれど??それがホントに可能なのか?まさか、宇宙にゴミとして捨てないよね??

 何とも、答えのない不安な状況ではないでしょうか?
 もうやだ〜(悲しい顔)がく〜(落胆した顔)ふらふら
posted by norarikurari at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

行楽の秋のお勉強ツアー


200511269cc05554.jpg いよいよ紅葉も最後の見ごろの時期となり、行楽に出かけるにはお天気もまずまず・・・というわけではないけれど、東京と千葉の間を流れる『江戸川』をさかのぼってみようというバスツアーをつれあいが企画。

 その関係で、参加して来ました。午前9時松戸駅近くから出発、一路、江戸川最上流部(つまりは利根川との分岐点ですが)目指して北上。今回のツアーは、「江戸川連続講座」という6回にわたる江戸川に関するお勉強の一環なんですが、まず参加者の第一声が「わ〜〜〜、立派なバス」一応25人以上乗れる中型バスをオーダーしたのですが、いったい、どんなバスを想像していたのか??ともあれ、座席もゆったり・・・、快適です。一路、最上流の関宿へ。ここで、利根川から分かれて江戸川へと水が流れる様を目の当たりにし、さらに、関宿城博物館を駆け足で見学。

 つづいて、江戸川を渡り、埼玉県春日部市にある『首都圏外郭放水路』見学へとまいりました。洪水時に中川やら倉松川やらの水を江戸川に排出するための施設だそうで、地下につくられた巨大な施設を見学。確かにそのスケールはほんと度胆を抜くって感じでもあり、迫力満点ですが、まあ、その必要性など、十分考えた方が良いんではないか?巨大な施設にまんまと圧倒されないぞと、一応、見得を切ったつもり・・・??

 その後、下流部を視察する予定が、ルートの関係で上手く行かず、予定より早く出発点に帰りついてしまった。そこで、江戸川内の人工河川「ふれあい松戸川」を見学して、初の試みを終了したのでした(ヤレヤレ)。参加の皆さまに御満足いただけたか、気になるところですが・・・。

 写真は、巨大な地下の調圧水槽です。その柱の巨大なことったら・・・!!『パルテノン神殿』みたいとの声もあるというけれど、それは「ちょっとほめすぎでしょう」
posted by norarikurari at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

金木犀が・・・


200510047c1ba570.jpg 「秋」を一番感じるのは何か?と言われたら、「金木犀の香」って答えるかもしれません。花は地味で、うっかり気づかなかったりするけれど、あの香りをそのまま通り過ぎることはできません。けっこう強烈な香りは、あまり鼻の良くない私でさえ、逃すことがないのですから、たいしたものです(それにしても「トイレの芳香剤の香」とされてしまったのが、残念きわまりない)。

 本日、郵便局へと自転車を走らせていたら、児童公園の垣根の刈り込まれた小さな垣根から匂って来ました?????「これは〜〜〜〜、金木犀だ!!」

 この秋、初の発見です。うちの垣根はまだのようですから・・・。なんか、通り過ぎる時に香が追っかけて来る時、まるで秋に追い付かれたような、「秋ですよ」と肩をたたかれたような・・・得も言えぬ気分になります。季節を五感で感じるって・・・・、ささやかな「生きる喜び」かもしれません。
posted by norarikurari at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ドタバタ、アタフタ・・・・


20051003887f7296.jpg 今まで月初めは比較的のんびりムードになっていたのに、今月は月初めからまたも戦闘体勢です。もう、仕事が次々と襲い掛かり、しかも、さらにトラブルも発生・・・。もう、いやはやな状態となっています。できれば、数日でものんびりできるといいのになぁ・・・!!

 とりあえず、仕事を素早く処理しようとは思うのですが、生来が怠け者なので、ちょっとうんざり・・・状態。

 まあ、ちょっとピンぼけなサワガニの写真で本日は悪しからず・・。

 
posted by norarikurari at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

御近所の林をひとりじめ


200509182e03ca74.jpg 午前中の明き時間に、近くの林に出かけてみました。ツクツクホウシの声が合唱になっている・・・。御夫婦ひと組とジョギング中の男性ひとりが去ると、林は貸し切りとなり、木立を渡って来る風の涼しいこと!!
 
 一応、これがムクノキ、こっちはエノキ、触っても痛くないからこれはイヌガヤと、樹木を確認して歩く。ひとりだと、なかなか自信がなく、何度も眺めたり、さわったり・・・・、それでも、最後まであやふやなものもあり・・・.ひらひらと眼前を行く蝶、アカタテハと思ったけれど、写真をとりそこね、多分・・・で終わる。

 木の幹に止まったツクツクホウシを写真にとり、林の様子も多少とり、夏から秋への変化を準備中の林をちょっとのぞき見て、面白かった。また、ちょくちょくのぞこうと思ったのでした。まだ、明日1日、休みと言うことが、なんだか無性に嬉しい気分なのです。

 写真はなにやら人間味のあるイヌシデの群像です。
posted by norarikurari at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

追い詰められそう??

 毎月発行のミニコミ誌をそろそろ真面目にやらないといけない時期です。その時々で、比較的早めに記事が出来て、誌面が埋まる時もあるし、しかしまあ、今回もですが、カレンダーとにらめっこで、でも、さっぱり記事ができない時もあります(裏話暴露厳禁なのに・・・、ブログの記事もないので、ついつい秘密暴露となってます=苦笑)。

 それでも、結局、なんだかんだと言いつつも、なんとか、発行して来ましたこの15年・・・・。毎月、まさに綱渡りです。

 でも、明日から一応3連休なんですが、なんかネタさがししなくちゃならないのかな???でも、どこにネタが落ちているかわからないし・・やみくもに突っ走るってのも、ちょっと、もう若さがないし・・・と、うだうだ思っているところ。これで、誌面のメドが立っていたら、ルンルン(古い!)なのになぁ・・・。

 とは言え、このところずっと、虫の音が一晩中聞こえているけれど、彼らは休む間もなく鳴き続けているのでしょうか?それとも、時々休憩をとって、交代で鳴いているのか???まあ、アオマツムシはそのでかい声のせいで、けっこう、ポイントポイントで鳴いていると言うことに気づきましたが・・・。それにしても、彼らの体積と音量はひとに比べてもかなりすごいなぁと関心しきりです。
posted by norarikurari at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

ダブル・ブッキング


とうとうやっちゃいました!!芝居チケットのダブルブッキング。昨日、チケットが届きましたが(これはチケット到着後に振り込む形式のもの)、実はチケット先行予約に応募していたことさえもすっかり忘れてました(ごめんなさい)。で、日時を確認したら、すでにチケット代を振り込んだ別の芝居と、なんと同じ日時ではないか・・・・。

 どちらも先行予約で、チケット・ゲットの可能性が高くない(祝日のマチネー)と甘く見てました・・・。それにしても、11月3日です。まだまだはるか先のことと思っていたけれど、チケットが届くと、ぐっとその日にちが近付いて来た気分・・。

 というわけで、11月3日にダブった芝居、そのひとつは「ル・テアトル銀座」での「ダブリン鐘つきカビ人間」、もうひとつはベニサン・ピットの「歌わせたい男たち」(ニ兎社)でした。どちらも見たかったのですが、結局ニ兎社は母に代役を頼みました。以後、ホントに気をつけなくては・・・。

 週末はのんびりと、何をするでもなく、過ぎてしまって、あ〜〜〜〜あ、これで8月も終わりだと、ため息などついています(宿題がなかったのはせめてもの救いです=トホホ)。
posted by norarikurari at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

子猫のはり紙


20050826f7831202.jpg 本日、近くの郵便局に行くと、入り口の掲示板に子猫の写真と「もらってください」の文字。実は5月くらいにも1匹の写真があり、さんざ、迷ったのでした。で、迷っている間にもらわれて行ったようで、それはそれで「よかった!!」と思っていたら・・・、今回の猫ちゃん、なんと誕生日が私と同じって、これは何かの因縁???

 で、家族に相談するも、誰も積極的に賛成しないのは、まあ、毎度のことではあるのですが・・・・・、結局、その後の世話もすべて私にかかって来るのはわかっているので、勝手にきめればいいのだし、どうせ、その子猫がうろちょろしだしたら、みな メロメロになるのはわかっているのだけれど...。今しばらくしかしながら、最後の決断がつかないのは、子猫ちゃんと直談判じゃないからかな??あんがい、電話苦手って、こともあるのかもしれません・・・。

 写真はどこにでもいるノシメトンボ、なんと、うちの階段下に落ちていたゴミをひろったところ、ノシメトンボの翅の一部だった。でも、つれあいにも思いつくことなし・・・どこからか入り込んでクモに食われたのだろうか??って、なかなかワイルドなうちですね。
posted by norarikurari at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

投げたのはさじか?采か?


20050824a0df0348.jpg 「采は投げられた」のか「さじを投げた」のか、采か、さじか、一文字の違いが大きな違いですが、明日は台風接近と言うことで、本日急遽、ミニコミ誌とずっと手こずっていたトンボ調査報告を印刷屋さんに入れてしまいました。

 本当は明日の予定で、少なくとも半日、チェックの余裕があったのに・・・。このあと、何が起こっても知らないからね・・・と、今現在は思っていますが、実際、緊急事態となれば、そんなことも言っていられませんが・・・。

 話し変わって、週刊朝日をパラパラと見ていたら、「若年性アルツハイマー病」の記事があり、自己診断テストもあった。まあ、若年性というには、はるかに年はとっていると思うから、当然なのか?これは・・・??ともかく、おそらくまじめにやったらそうとう「ヤバい」と思う結果・・・・。一旦覚えた言葉をあとになって言うことや、5桁の数字を即座に後ろから言うというのは、多分できそうにないなぁ・・・。時によっては、本日の日付けさえ、カレンダーがないと、え〜〜〜っ!!!と・・・なる私。ほとんど、ボケ進行中じゃないか???
 それなのに、つまらないことはしっかりおぼえていたりするのは・・・どうなっているんだろう??

 というわけで、明日の台風にお手柔らかにお願いしたいと心から思っているところです。
posted by norarikurari at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

またもアタフタの日々に・・・

 なんか結局、いつも「アタフタ」しています。1日24時間は誰も同じはずなのに・・・。

 で、朝も遅くても午前6時過ぎには起床し、朝食を作り、家事は適当にごまかしつつ、早い時は9時過ぎからお仕事(通勤時間〇分、居間のとなりが仕事部屋という職住超接近なので)。遅くても10時はにPCとにらめっこしています(その前にメールチェックなど)。で、昼食をはさんで、夕刻5時過ぎまでお仕事するのがふつうのパターン。週に1回は午後に2時間半ばかり仕事を抜け出して、母とドライブとあいなったりはしますが・・・。

 夕食の支度と夕食後のPCライフ、そのあと、一応読書とか新聞の切り抜きなど雑事を片付けて、就寝12時頃・・・・となるのですが、でも、アタフタ、時間がないとなるのは、なぜか??正直不思議です。

 今月も半ばを過ぎ、ミニコミ誌の締め切りまでの日数がわずか1週間しかないではないか!!!
 
 結局、毎年、「あれ〜〜〜」「時間がない」「どうしよう」と行っているうちに終わっている。どこをどう改善すると良いのか??さっぱりわかりませんが、なんとかしないとなぁ・・とは思っています。
posted by norarikurari at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

秋のはじまり??

 昆虫たちがカレンダーを見て行動するとは思えませんが、気づくともう夜は虫たちの音楽会になってます。
  
 毎年、「秋だなぁ〜〜」と感じる虫の音がすでに聞こえているということは、「今はもう秋〜〜〜〜」ということでしょうか??

 日中には網戸にアブラゼミが張り付いてうるさく鳴いていました。短時間に相手を見つけなくてはならないから、焦っていたのかもしれません。人間から見ても、「大変だね」って感じで、ちょっと感情移入してしまいそうですが、「迷惑だよ」って言われちゃうかもしれません。所詮、人間の浅知恵ですから・・・・。

 虫の音にも時々休憩があるようで、なぜかいっせいに聞こえなくなる時もある・・・、そして、またはじまる・・・ってなんだか不思議な虫の世界をライブ感覚で聞いています。
posted by norarikurari at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

たゆたう時間


200508147f0d6368.jpg お盆休みと言うことで、午後はいっさいの雑事、雑用をとりあえず、見ないことにして、ひたすらのんびりと、風に吹かれて、たゆたう気分を満喫してみました。 

 まあ時間にすると、わずか2〜3時間でしたが、これこそが私の望む夏休み!!!って感じでした。贅沢を言うともう少し長いともっとよかったのですが・・・(苦笑)。

 その間にたまたま本屋で目についた「天然理科少年」(長野まゆみ著)を読みました。この本が目に止まったのは、なんと言っても表紙にあった人形作家・吉田美和子さん制作の少年の写真です。真摯に見つめる少年のまなざしに引き付けられて、さらに、扉などにはさまれたイラストや写真にも心引かれたのでした。物語もちょっと不思議なファンタジーで、夏の風に吹かれながらさまよう夢世界と言う感じが、かなり好きだったなぁ・・・!!
  
 じつは、日々、こんなふうに漂っていたいのだけれど、なかなかそんなことは望めないので、ほんの3時間だけでも心底うれしかった・・・。

 ところで、うちの中庭と言ってもまさに猫の額ですが、そこに繁茂するカラスウリ、次々に花を咲かせていると思っていたら、いつの間にか青い実をつけはじめました。いずれ色づく頃には秋風になっているのでしょう。それが待ち遠しいような、でもまだ当分来てほしくないような、けっこう複雑な気分です。
posted by norarikurari at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

梨渋滞の始まり1

 お盆休みで、おそらく帰省している人が多いだろうから、道路は空いているはず・・・という思い込みはまんまとはずれました・・・。

 うちから先には、松戸、市川、鎌ヶ谷、八千代など千葉の梨の産地が連なっていて、なんと早くもその梨を求める人たちで、道路は渋滞していました・・・。その名も「梨街道」ですから、この時期、混むとは思っていたものの、てっきり、お盆明けからかと予想したら、早かった。
 
 今年は、暑くて、天気だったので、おいしい梨が出来ているのではないかと思います。

 あらてめて、もうそんな季節かと驚いていたら、田んぼの稲もすっかり色づいていて・・・、「焦らせるなよ・・・」って言いたくて、カレンダーを確認したら、8月13日でしたが...?これってどうでしょう???万事、早すぎないだろうか???
posted by norarikurari at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

久々の雨で涼しくなって・・・

 お盆休みで帰省ラッシュとのニュースを見ながら、地味に仕事の1日でした。遅れ気味のトンボ報告書作成で、パソコンとにらめっこしつつ、生きものリストやら索引やらを作りました。

 ホントに細かな根気仕事です。で、途中で眠くなるやら、疲れるやら・・・。ようやく、夕方、出来上がって、気分的には大仕事をやったような・・・・そんな感じですが、たかだか2頁だけって・・・・どうよ?

 目下、雷を伴ってかなり激しい雨となりました。それで、一気に気温が下がってきました。今夜は、ペルセウス流星群が見られるってことだったのですが、これではまったく無理。まあ、雨でなくても、曇ったりしたら無理なわけで・・・、外で見ても寒くない時期って、肝腎の天気がイマイチだったりうまくいかないものだなぁ・・・。

 何年も前の12月にふと見上げると、流れ星・・・、しかも玄関を出たところでと言うことだったので驚いて、天文の博物館に問い合わせたら、「双児座流星群」だとのことでした。待ち構えてっていうのではなく、偶然見かけるってところが、ちょっとうれしかったのでした。
posted by norarikurari at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

ドタバタ、アタフタの1日


20050808560d94ea.jpg 今朝、あたりまえのように、メールチェックをしようとしたら、なんと送受信クリックでOUTLOOK EXPRESSが消えてしまう。何度、トライしても同じ。つまり、トラブル発生です。

 こういう緊急事態は大嫌いです。なにしろ、万事わからないままにやっているので、助けを求めるにも、上手く説明さえできない・・・。
 でも、一応、メインのメールアドレスが送受信できないと言うことは放置できず、まずはKDDIに電話。なんとか、事態を理解してもらい、アカウントを作り直す手順を教わりました。でも、やってみたけれど、事態は一向に解決せず。

 これはソフトに問題があるようなので、メーカーに連絡するようにといわれ、今度はアップルに電話。対応する部署につながるのにおよそ1時間近くかかり(「大変電話が混み合っているので今しばらくお待ちください」のアナウンスを聞くこと何十回)、やっとつながりました。

 さらにあれこれ指示通りにチャレンジし、結局、OUTLOOK EXPRESSをダウンロードし直して、やっと、ようやく問題は解決しました。大変でしたが、まあ、「終わりよければ、すべて良し」ということになりましたが・・・。朝の10時頃から、お昼を挟んで、結局15時まで、かかり、ほとんどこれだけで1日が終わった気分。
 
 さて話し変わって、先日の謎のマンゴー・プリン問題への正解とも言うべきものを伊勢丹で買ってみた。先日作ったものと大変違っていたけれど(プリンと言うよりゼリーっぽい感じ?)、では、これにハマったかというと、格別ハマりませんでした。やっぱり、これも正しいマンゴープリンではないのでしょうか?
posted by norarikurari at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

ささやかな夏休み体験?


20050807c084cf62.jpg 昨日は50名以上の親子と利根川上流の大芦川へ川遊び体験のバスツアーに出かけました。天気、よ〜〜〜し!8時にこの企画主催の葛飾区の博物館を出発。一路東北自動車道を走って、栃木県鹿沼市を目指します。

 鹿沼市あたりまで来ると、山々も近付いて、まちをはるか遠く離れた気分。まずは「出会いの森公園」で川遊び、水がきれいだ、周囲にも自然がいっぱい。ミヤマアカネ(トンボ)がもうそこにも、ここにも止まっている。川の向こうにはネムノキの花がまだ残っていて、さらにクマシデにはホップのような房が下がり、その下にはギボウシも咲き残っていた。川の水も澄んできれいだし、シマドジョウ、ギバチの赤ちゃん、カジカなども手網に入ったし、カジカガエルもいる。コヤマトンボやコオニヤンマのヤゴを手に入れた子もいる。というわけで、暑いけれど、収穫は多い。さらに川で泳ぎの練習も・・・。昼食をすませて、場所を移動。

 さらに大芦川の上流部へ向かうと、その水のきれいさったらもう・・・ない・・・。水はさらに冷たく、しばらく足をつけていると、しびれてきそう・・・。まあ、子どもたちは元気でその流れで存分に水遊び。泳ぎの練習や岩の重なり部分をちょっぴりすべってみたり・・・。これぞ、夏の水ガキ養成講座だ・・・。なんと、その様子を電線にとまったツバメの子が20羽以上眺めていた・・・。

 たっぷり遊んで、大満足のうちに、帰路につく時間となり、さいわい、道路をも混むこともなく、順調に帰りつくことが出来ました。参加したみんなも、大満足だったようで、付き添いの私も楽しかった!!良い夏休みとなりました。
 
 で、本日はそのお疲れ休みの1日でした。楽しかったけれど、やっぱりお疲れだったのは年かもしれません(苦笑)。
posted by norarikurari at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

暑さに言葉を失う・・・


20050805e31d76a4.jpg 記録的な暑さではないでしょうか?もう、熱風に閉じ込められたような・・・・、窓を開けても、扇風機をかけても、吹いて来る風が熱風・・・と言う状態。

 なんか、その36度だとか、37度という温度の中で、ほとんど、とけてましたが、とけながらも、一応はお仕事をした自分、えらい!!ってことにしたいと思います(冷房なしなのですから・・・・。でも誰も賛同してくれないけれど・・・)。

 まあこのところ連日の暑さについて、うだうだ言い出すとキリがないし、もう、堂々回りなのでとりあえず置いておいて・・・。

 2階の窓の手すりに、カマキリの子どもが止まっているのを偶然発見。尾っぽをピンとあげた姿がユニークで、思わずつれあいが写真撮影。その時にも、逃げ出さずにポーズをとるカマキリ君でしたが、もうちょっとと、別のポーズを要求したら、手すりから落下しつつ逃げ出した。図鑑によると「ハラビロカマキリの幼虫は尾を上げている」とか・・・・。写真参照願います。

 
posted by norarikurari at 20:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする