2018年02月22日

いろいろありすぎて…

 2月は28日しかないことくらいわかっているのに・・・、やはりドタバタしてしまう。オリンピックにはさほど関心ないつもりでも、けっこうフィギュアなど気になったり、さらに将棋などほとんどわからないけれど、藤井君にはやっぱり関心あり・・・って、結構気になることが多くて大変です。ま、だれも気にしてくれって頼んでいるわけではないけれど。
 ずば抜けたひとには、素直に感心しきりですが、ま、なかなか思う結果が出ないのがふつう。そして、私はふつうの中の落ちこぼれです。

 というわけでって、どういうわけでしょうね?
 忙しいといいつつ、レンタルDVDで「永い言い訳」「海街diary」「湯を沸かすほどの愛」など立て続けに借りてみました。「永い言い訳」は先に小説を読んでいたので、映画と小説の違いを痛感しました。小説の方が人物の心理をより深く感じ取れて説得力があったようにも思いましたが、映画ならではの視覚的効果に役者の持ち味、面白みもあって、どちらもそれぞれによかったとしましょう。
 「海街diary」は特に事件が起こるわけではない?ま、そもそも存在も知らなかった妹をひきとるということは本当なら大変な決意やら葛藤があって当然、それをサラッと受け入れること自体大変なことですが、淡々とした日常を描いていて、ちょっと「小津安」みたい…なんて思ったりも。
 「湯を沸かうほどの愛」は衝撃的な作品でした。余命わずかと知った母が最期に娘や夫、さらに旅の青年にまでかける愛は確かにすごい・・・。宮沢りえさんがほんとに熱演?好演で、「ザ・女優」でした。
 このほかに「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」だっけ?も一応睡魔と戦いつつ見て、忙しいという割になんだか…遊んでたんじゃないか・といまさらながらに気づいたのでした。
posted by norarikurari at 23:08| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。