2015年11月24日

今年も残り少なくなって・・・

 振り返ると、いったい何をしていたのか?という感じがするのですが、年のせいにしてはいけないと思いつつも、以前より要領悪くなり、1日の仕事量もやっぱり減って来てしまっているようです。もうひと仕事ができなくて・・・まあ、明日に・・・って先延ばし。ラテン気質が高まって来た・・・って言うほど、ラテンじゃないのに?ともかく、気づくともう11月末。ということは、2015年も残り1ヶ月。12月になったら、1ヶ月は猛スピードで過ぎていくんだろうな。

 ともかく、10月初めに発症した撓骨神経麻痺は、おかげさまでなんとか回復しました。人間、現金なもので、不自由な時には、どうやってもできなかったことが、完治するとまた当たり前にできるようになりました。キーボードも右手が不自由な時には、どうやっても人差し指1本でしか打てなかったものが、今ではかつてのように、5本指でふつうに打っています。ホント、無意識でできるかどうか?体の不思議に気づきました。

 ともかく、やっとのことで、通信12月号、301号を印刷屋さんに入れて、ちょっとだけホッとしている瞬間です。
 22日は、江戸川の自然環境を考える会の定例観察会で『中山法華経寺から大町公園へ」歩きました。初めてのコースでしたが、9時40分京成中山駅集合。中山法華経寺は日蓮ゆかりの寺。なかなか広い境内に、古い建築物があって、宗教心が薄くても、なかなかに見どころの多いお寺です。
hokkekyoujisanmon.jpg

 芯の部分がすっかりなくなって、ほとんど樹皮だけで生き続ける老ケヤキの迫力・・・。
roukeyaki.jpg

 ここから、次に目指すは、大柏川調整池(北方遊水地)。起伏のある地形で、高台(子の神神社)から一気に下るなかなかドラマチックな展開。

nenokamijinja.jpg

 大柏川調整池は広い自然再生型の遊水地となっていて、しかし、あと一歩工夫があると、水鳥の利用も増えるのだろうけれど、ちょっと残念。ともかく、ここで昼食と記念写真撮影。天気は曇りで、ちょっと肌寒い感じでしたが、午後になるにつれて、少し温かくなっていきました。
bokkeyuusuichi.jpg

 午後の部は、市川大野のこざと公園から、斜面林をたどりつつ、エナガの群れに遭遇、そして駒形神社を経て大町公園へ。まだ、紅葉にはちょっと早い感じもするけれど・・・谷津田を保全した自然公園は日曜日、訪ねるひともけっこう多い。最後の最後に、カワセミのつがいに遭遇。なんとか天気も持ったし、起伏のある地形をたどって、それなりに楽しめたのではないかと思います。北総鉄道、大町駅で解散。

 次回は12月19日、「江戸川、緑地と水辺めぐり」です。京成国府台駅、午前10時集合、江戸川近くの緑地と水辺をのんびりめぐり、最後は有志でちょっと親睦をとおもっています。

 ここまで書いた所で、なんと、うっかり?にもほどがある・・・。あれ?と思う間もなく・・・一瞬にして記事がすべて、消えた・・・・、Oh my god!・・・と思ったら、なんとか、回復できて、やれやれ・・・、有り難う・・・seesaaと言いたいです。

posted by norarikurari at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。