2015年09月15日

9月も半ばになって・・・

 ホントにあたふた、ドタバタと日が過ぎていきます。まったく何しているんだろう?と思うのですが、一応、わずかばかりの仕事をして、適当に家事をしていると1日が終わってしまうと言う・・・なんとも不思議です。ま、時間の使い方が下手ということでしょう。もっと、集中して濃密な仕事をすれば・・・って、そもそも私には無理ですから・・・。

 それにしてもこの夏はいったいなんと言う夏だったのか?と振り返るといろいろあり過ぎです。パソコンの故障に振り回され、ま、それは今のところなんとか収まったものの、国会の安保法案の行方が激しく気になる・・・、しかし、なかなか駆けつけることができず、残念無念。毎日、多くの市民が国会前に集っている事実が心強いです。がんばれ、頑張ろう。
 さらに、9月になって、ビックリするほどの雨に実は我が家の雨漏りを心配していたら、茨城県の常総市では鬼怒川の堤防決壊という大変な事態に・・・。あらためて、自然の力の凄まじさを思い知らされました。3・11で嫌というほど感じたはずなのに、まさか・・・4年半で記憶が薄らいだって・・・恥ずかしくなります。

 ホントにうかうかしていられない状況、そんな中、13日は江戸川放水路で、葛飾区郷土と天文の博物館主催の「江戸川野遊び道場」は、放水路でのハゼ釣りという企画。博物館のもうひとつの企画、「川漁師ファンクラブ」の方々の協力も得て、初心者に仕掛けの手ほどき、釣りのコツなど、伝授してもらったのですが、あいにく、釣果はホンのわずかでしたが、それでも、逆に堰が開いた結果、日頃はいないはずのドジョウを捕まえた親子もいて、川の自然と生きものについて学んだひとときでした。

hazeturi1509B.jpg
posted by norarikurari at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック