2014年10月04日

秋になって・・・

 ふと気づくとキンモクセイの香る秋、そして10月に突入・・・・、日暮れも短くなって来て、なにやらしみじみ・・・やはり物思う季節となりました。

 相変わらずの貧乏暇なし・・・って、ホントだなぁ?なぜ、忙しいのか?要領が悪いのか?雑事が多いのか?考えている間に働け・・・って言われちゃいそうです。
 
 ともかく、毎月刊行するミニコミ誌「自然通信」の刷了、発送作業が終わると、部数超限定のニュースレター2種類(「NEWSな江戸川」「北総トンボ会報」)の作成となり、やっと昨日とりあえず、10月号はすべて決着させました。で、暇になると良いのですが、これからタイトル未定の「江戸川の本」の写真を探して、原稿ごとにまとめて行く作業。なんか、ちょっと面倒?って、お仕事なのに、そんなことを言っちゃ行けません。
 
 ともかく、9月28日は夏休みを終えて、再スタートの江戸川の自然環境を考える会の定例観察会でした。東武野田線(東武アーバンパークラインというややこしい名前に変わったらしいけれど)鎌ヶ谷駅に集合して、神社や市民の森など緑地めぐり。快晴で暑い位ですが、吹く風は涼しく気持ちよく歩けます。ちょっと開けた田畑の上をアキアカネがたくさん飛び交って・・・・秋。何頭ものアキアカネが「止まっているよ・・・竿の先」・・・。

 神社の古樹、大きく裂けてなお、生きる姿が迫力満点。さらに、ふしぎな瘤がアートに見える木もあって、興味深いでした。
sakerumiki1.jpg
kobu.jpg

 日ハムファイターズタウンで昼食。その後、大町自然公園へ向い、長い谷津に続く木道ならぬコンクリートパネル道をたどる。

akiakane.jpg

 アカガエルもトンボも生きられる環境を保全する大切さを感じる一方、バラ園に温室の違和感も。大町駅で解散直前、梨直売所でお土産を購入する参加者がいっぱいで、直売店さんにも有り難い観察会?だったのでは。
posted by norarikurari at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。