2014年05月27日

身近な自然に癒されて・・・

 5月25日は江戸川の自然環境を考える会の定例観察会でした。今回はJR成田線の木下駅からのスタートです。前回に比べてこじんまりとした参加者だし、一応勝手知ったエリアなので、気分的にゆとりもあって、余裕のスタート。まずは、駅から歩いて10分程度で、田んぼと斜面林に出合い、ここから、観察会スタートです。田んぼにはオタマジャクシが元気に泳ぎ、シオカラトンボが横切り、林縁には、たくさんの植物があって、アマガエルにシュレーゲルアオガエル、さらにカタツムリに、クモに、カメムシ、ド派手な毛虫も?いろいろいて、目移りしそう?ガマズミ、イボタノキ、ウツギが白い花をつけていて、クマノミズキはまだこれからという感じ。
shokubutukansatsu.jpg
 さらに、竹袋の神社へ向かう道では、珍しい植物がひっそりとあって、その名前が・・・・もはや覚えきれない。ともかく、いろいろな動植物の宝庫という事は間違いなし。めったに見られないと言うアカシジミという小さな蝶に遭遇。すごく珍しいと聞かなければ、ふつうに通り過ぎていたかも?
akashijimi.jpg

 竹袋の稲荷神社から、さらに平岡の自然公園とは名ばかりの霊園に隣接の公園を経て、小林牧場へ。近づくに連れて・・・、「動物の匂いがする」と敏感な鼻の持ち主も。ここは、東京大井競馬場の競走馬の育成、調教などを行う牧場。ということで、生きものの匂いは馬でした。ようやく、ここで昼食タイム。あと1ヶ月早ければ、八重桜が見られたかもしれませんが、すでに新緑となっていた。それでも牧場らしさのある場所で、昼食後の記念撮影。その後、牧場を出て、樹木が茂る中を歩きつつ、まるで全身、みどりに染まる気分になった。

 morinonaka.jpg

 その後、台地を下って、亀成川源流域へ。ここはUR(都市整備公団)が河川工事を行って、川幅を広げるやら、両岸に道路を造るやら、・・・と言う自然破壊の現場を確認する結果となり、近くの公園の人工的な物見台から周囲の状況を観察。かつて、多くの貴重な植物が見られた場所が広域に開発されてしまい、すべての貴重種が失われた、無惨な現実に言葉を失い、最後は北総鉄道、印西牧の原駅で解散。開発に対する無力感がひしひし・・・というエリアを目の当たりにして、URめ!と怒りが募りました。
posted by norarikurari at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。