2013年12月22日

年の瀬・・・観察会?

 あれよあれよと・・・時間は過ぎ、なんと年末もデッドエンドです。

 もうジタバタも出来ない状況ですが、とりあえず12月15日に江戸川の自然環境を考える会、本年最後の番外観察会となりました。一昨年までは、12月には室内で勉強会だったんですが、まあ、諸般の事情で、昨年から番外観察会となり、本年はJR武蔵野線の新駅、越谷レイクタウンに集合。ここはUR都市整備公団だか?あちこちでまちづくりの名のもとに、かなり乱暴な開発を行っている・・・ということで、ここでも?という感じもありつつ、ともかく、駅前の巨大調整池へ。

kansatu 003.jpg
 
 夏には、この調整池にヨシゴイも来たというから、どんな冬鳥が見られるかと期待したけれど。今年はどういうわけか、カモ類は少ない。それでも、カンムリカイツブリがけっこういる。すばやく潜ってエサをとる姿・・・なかなかに見られないものだけに、嬉しい。

 さらに、遠い対岸の岸辺には、カイツブリとオオバンが多数・・・。隠れているところを見つけて、申し訳ないです。ゴイサギの幼鳥もホント、隠れているところを、見つけて、じっくり見られて良かったです。

lake.jpg

 ともかく、広い調整池、一応、環境にも配慮したと言うことですが、まだまだ指摘したいことばかりのような?そんな、調整池を今後どのくらい鳥たちが活用してくれるのか?って感じも?

 そのあと、元荒川と中川の合流点を目指し、ヒドリガモの小さな群れにも出会って、最後は芳川神社で巨樹にふれあい、なんとか、年末の観察会を終了。好天に恵まれ、短時間でしたが、無事観察会を終了できました。
kyoju.jpg


posted by norarikurari at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック