2013年10月28日

快晴ながら、風強し・・・

 昨日、10月27日の江戸川の自然環境を考える会定例観察会は、実施が無理ではないか?と正直諦め気分でした。なにしろ、台風27号がのろのろと日本に接近ということで、コースや到達時間などによっては・・・実施は不可能かも?と思っていたら、あらまあ、思ったよりも本土から遠いところを過ぎてくれて、影響は土曜日のうちに消えて、日曜は台風一過の秋晴れとなりました。これも、神の采配と言うことでしょうか?ともかく、ピカピカの天気に、嬉しくなります。今回はつくばエクスプレスの守谷駅から小貝川、間宮林蔵記念館、岡堰などを巡るコースで、実は昨年9月に実施したものの、激しい雨に参加者も少なかったので、今度こそと、リベンジとなりました。

 守谷駅9時50分集合で、いざスタート。参加者は20名。観察会としては手頃な人数と言えます。昨年と同じコースとはいえ、天気が違うとこんなにも違うか?という感じで・・・まずは八坂神社の大イチョウは、銀杏をたくさん落としている・・・・季節感たっぷりです。
yasakajinja.jpg

 つづいて、目と鼻の先のトチの大木にも感心しきり。

tochinoki.jpg

 さらに、平将門にちなむ城址公園をめざし、しかし、さすがに台風の余波でしょうか?遊水地的機能の低地には水たまりもあちこち。かつての城址の堀ということになるのか?土手をたどって、さらに、先を進む。季節は秋、ということで、いろいろと木の実があって、ムクの実、サネカズラの実、エビヅル、ノブトウ、カラスウリ、ガマズミ、ゴンズイなど色とりどりの木の実を鑑賞。時にお味見も。
 
 さらに、道路を歩くおなかにいっぱい卵がつまったカマキリやら、カナヘビの赤ちゃんやら・・・出会うもの、いろいろ。どちらも、道路は危ないぞ、と危険の少ない場所へと移動させておきました。
kamakirito.jpg
 
 前回に比べて、観察するものが多くて、時間がどんどん過ぎていく。ともかく、ようやく小貝川にかかる稲豊橋を渡り、筑波山を見ながら、さらに間宮林蔵の墓、そして記念館へ。ちょっとした変化は、記念館が有料になっていたこと。以前は無料だったのに、今年の4月から、市内住民は50円、市外来訪者は100円、私たちは団体ということで50円で入館。間宮林蔵の生涯を描いたビデオを鑑賞。さらに展示の品々もみて、まあ、江戸時代に樺太探検など・・・想像を絶する冒険家の苦労のほんのひとかけらに触れました。

 お昼は、移築された林蔵さんの生家の縁側を借りて。そのあと、岡堰を目指し、かなり激しい風の中を小貝川堤防を歩く。どんどん風が強くなって、岡堰を渡ってからが大変。水量が増えた小貝川、岡堰はゲートを全開にしていました。

okazeki.jpg

 強風に、ただひたすら歩くのみ。堤防から降りて、やっと高井城址公園のあたりは風裏となり、なんと赤トンボがたくさん群れている。ひだまりにトンボものんびりとエサ取りらしい。参加者の帽子にも止まる大サービス。城址に入る直前に、道を素早く横切る動物を確認。それはイタチ!!・・・猛スピードで駈けていったその一瞬を見られて、ラッキー!!

 最後は高源寺の地蔵ケヤキの健在ぶりを確認。何度見ても、ほんとにその巨木ぶりには圧倒されます。

jizoukeyaki.jpg

 10月の観察会、ダメかも?と思っていただけに、実施できて、さまざまな自然の面白さを見聞きできて、楽しかった。参加者の皆さんにも楽しんでいただけたことと思っています。

posted by norarikurari at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック