2013年09月23日

久々の観察会

 昨日は6月以来の久々の観察会。天気は良く、しかし、9月とはいえまだ日中は暑い。そんな中、松戸駅8時50分集合、我孫子駅乗り換えで成田線小林駅へ。途中、湖北駅で上り線とすれ違うというが、上り線は下総松崎駅の踏切でのトラブル?で遅延とあって、少々時間をロスしたが、単線とあっては、ともかくすれ違うまで待つしかありません。と言う訳で、小林駅到着は9時50分。
 参加者23名となって、いざ出発。今回は、印西〜旧本埜村の谷津田めぐりです。まずは物木谷津へ向かい、林縁で早速のノシメトンボやシオカラトンボのお出迎え。シロバナサクラタデの愛らしさを愛で、樹木や草花を次々に観察して歩く。
 龍湖寺は山門がユニークなつくり。お彼岸とあって、お墓参りの方々も、さらに境内の大イチョウにはすでに銀杏がびっしり。

ryuukoji.jpg

 たどる斜面にはヒヨドリバナ、ホトトギスも、もちろんヒガンバナも咲き、秋の風情。
hototogisu .jpg

 稲刈りを終えた田んぼが広がり、中には刈り残った株から青々と二番穂もでている。田んぼを囲む林縁とあわせて、定冠詞付きの「里山」の風景。その中で、オニヤンマが枝にぶら下がり、マイコアカネ、マユタテアカネもじっくり観察できた。さらに森の絞り水を集める素堀の水路にはトウキョウダルマガエル、草地にはニホンアカガエルも見え隠れ。ツリフネソウが咲き出したと言う事で迂回して見に行く。カナムグラに押され気味だが、ぽつぽつ咲き出した。

木下貝層のほんの一部、10万年前古東京湾の一部だった証拠の貝殻が露出する様子も見た。

turifunesou.jpg

inekarigo.jpg

hoshiwara.jpg

 谷津田のシンボルツリー・エノキは2011年の台風15号で、太い枝を1本失ってしまったが、それでもなんとか田んぼを守るように立つ。その前で記念写真を撮影。

enoki.jpg

 旧本埜スポーツプラザで昼食後、午後の部は1時からスタート。途中、参加者の中で一名、足を痛めたということだが、さて最寄り駅までが遠い。県道に出ると車はスピードで何台も通るが、当然ながら、手を挙げてもなかなか止まってはくれない。と、思ったら、なんと1台、若いご夫婦の車が止まってくれた!
 印旛日本医大駅まで乗せてくれるという。なんと言うご親切な・・・と、有り難く一名を託した。ここをご覧になる可能性は限りなく0に近いだろうけれど、そのご親切に心より御礼申し上げます。

 22名となって、さらにノダケやクサギなど、たくさんの植物を観察し、最後はソバ畑を通って、印西牧の原駅近くで解散。ほぼ10キロ程度の距離を歩いたが、暑かった事もあり・・・、けっこう疲れました。それでもなんとか、無事終了でホッとした次第です。


 実は昨夜、2回ブログに書き込みを挑戦したけれど、うっかりミスで2度ともあっという間に記事が消えて・・・、さすがに3度目の挑戦は無理と諦めました。というわけで、とりあえず、消えないうちにアップしたいと思います。
 リタイアされた方からメールで報告がありました。車2台で酒々井まで出かける途中だったそうで、日本医大駅まで送ってもらいました。後ろシートには4ヶ月の赤ちゃんもいたけれど、「泣かれることもなく、良いご夫婦でした」ということです。お世話になった皆さまにご心配、ご迷惑おかけしました、御礼をお伝えください・・・とのことでした。

 無事帰宅されたことご報告致します。
posted by norarikurari at 12:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けがをされた方がありましたが、充実の観察会でしたね。さわやかな秋空のもとで、たくさんの草花に出逢った様子を楽しく読みました。
トンボの名前が出てきました〜参加して見てみたかったです。
Posted by かいだまこと at 2013年10月01日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。