2013年08月15日

初文楽・・・面白い!!

 世はお盆休み真っ最中、その上に、猛暑の真っ盛り。こんな時に、いかにも暑そうな渋谷に出かけることになるとは。
 実はチケットを取った時にはどこか他人事って感じで、まさか...これほどの猛暑とは思いもせず・・・でしたが、なんと、ようやくの初文楽観劇です。

 昨年、パルコで初上演の『其礼成心中』、随分と評判が良く、見たかったなぁ・・・と思っていたら、なんと、再演となり、あわててチケットを取りました。
 文楽って・・・ちょっとその印象は地味?辛気くさそう?とか・・・一般には分かりにくい?って感じがしているけれど、さて、三谷さんはそんな文楽をどう料理したのか?すでに面白いとの評価を得ていたから、ある程度、戸惑いは少なく、期待は高めの観劇です。

 パルコ劇場、8月15日、午後2時開演、けっこう年配の観客もいて、男性客もいるようで、日頃の舞台公演より客層は広範囲??冒頭、三谷人形が登場・・・、操るのはご本人?「好評で再演となり、さらにグレードアップ、何がグレードアップってこの三谷人形の衣装が豪華」とアピール。登場するすべての人形の中で、唯一袴をはいている・・・と。

 さて、いよいよ幕が開きます。近松の舞台『曾根崎心中』のはやりで、やたら心中が増えた曾根崎天神、そこの一角のまんじゅう屋の主人が心中したいという二人をともかく説き伏せて、まあ、そこから、身の上相談屋という生業が成功した・・。でも、近松の『心中天の網島』で今度は心中場所が変わって廃れる・・・なんてことにもなったり??
 まんじゅう屋の女将の知恵やら、やがてはその娘の恋もあって・・・、なんとか「情けはひとのためならず』とうまく納める・・・・何よりも、語りの竹本千歳大夫 豊竹呂勢大夫らのみごとな演じ分けが・・・あって、さらに人形遣いの細かな所作、もうその微妙な演じ分けが、とてもじゃないけれど、素晴らしいものでした。人間が演じたら・・・どうなんだろう?これ以上に演じられるか?というと、多分、ちょっと無理かも・・・と言うシーンもあったような気がしたほどです。
 正直、日本にはこんなすごい文化遺産があったのか?と、あらためて思った。正直ビックリの発見だったと言えそうです。

 というわけで、初文楽、堪能しました。ふつうの文楽公演ではありえないのではないか?と思うカーテンコール、思いっきり拍手しました。もう手が痛いほど叩いたって感じで・・・特にまんじゅう屋の夫婦の人形とその使い手にはすごい拍手だった。もし、また再再演となったら、是非是非見たいと思うと同時に、文楽をもっとふつうに楽しみたくなりました。

 
posted by norarikurari at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック