2013年07月13日

アングラ劇再び

 11日にシアター・コクーンで唐十郎作「盲導犬」を見て来ました。初演は1973年、おそらく盲導犬もあまり知られていなかった時代、主人公の盲人は幻の盲導犬、主人に従わないファキールを探している。その盲人・影破里夫にからむフーテン少年、さらに過去をコインロッカーに閉じ込めた妖艶なヒロイン・奥尻銀杏。

 唐さんの芝居はストレートにメッセージを投げかけるわけでもなく,分かるものにはわかる・・・という感じだけに、どう読み取るかその力量が観客にも問われているようで、正直、むずかしい。だから、猥雑な言葉さえ、美しく透明感を感じさせるその瞬間瞬間を味わう感じ。

 この舞台の設定が,おそらく初演の頃に理解しただろうものと,現在と・・・随分違っているのでしょうね、当時は、コインロッカーもシンナーもストレートに伝わったかもしれませんが、いまでは、ちょっとひねった解釈を考えて,余計に訳が分からなくなるということかも?
 ともかく、本物の犬が舞台に登場したり、あいかわらず、度肝を抜いてくれる蜷川演出ですが、ハイテンションの中に,言葉の美しさや人間の悲しみをみなぎらせた興味深い作品。

 盲人役の古田新太さんはさすがの安定感、奥尻銀杏役の宮沢りえさんの美しさと圧倒的パワー、フーテン少年の小出恵介君のつたなさと若さと愛らしさ、脇の木場さんなどの演じ手がハマっていた。ちょっと驚いたのは、大女のミニスカポリス役の大林素子さん、すっかり女優になっていた。

 刺激的な芝居は、やっぱり分からないながらも、面白いです。
posted by norarikurari at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。