2013年05月27日

都心の観察会も見どころいろいろ

 5月26日は江戸川の自然環境を考える会始って以来の都心での観察会でした。

 『皇居東御苑と上野〜谷中散策』ということで、歩く出発点は地下鉄大手町駅C10出口でした。これが下見の結果,かなり分かり辛いということで,心配しましたが、なんとなんと,皆、続々集まって来て、さすが都会人・・・地下鉄の迷路など何のその??と言うことのようでした。
 というわけで、大手町駅から皇居大手門へ移動、お堀に大きなコイがなぜか集まっていた。大手門には他の観光客も多くて、さすが日曜日です。初の東御苑、まずは石垣の見事な細工に感心して,ホント機械に頼らないで、どんな技法で積み上げたのか?と感心するばかり。

ishigaki.jpg

 園内にはいろいろん樹種が植えられていて、名札もあるし、植物の勉強には役立ちます。人工的に植えられた樹種もあるけれど、都心にこの空間は貴重です。特に雑木林を再現したあたりは、暑くなって来た天候には有り難い涼しさ。

zoukibayashi.jpg


 木のお勉強をしつつ、池ではトンボも観察。結局、ギンヤンマ♂♀、ショウジョウトンボ♂♀、コシアキトンボ、シオカラトンボに、オオイトトンボ、クロイトトンボに、あと1種、つれあいのみが見つけたイトトンボを加えて、8種のトンボを観察できた。トンボが生きられる環境が保全されていることは喜ばしいです。

tonbike.jpg
 
 大手門を出て、将門の首塚を見て、お茶の水へと都心を歩く。ニコライ堂は時間がなくてパス。神田明神では結婚式が行われていた。時間はすでに正午を越えているけれど、ここでお昼に出来ないので、不忍池まで頑張って足を伸ばす。途中湯島天神はお祭りとあって、大にぎわい!偶然とはいえ、 ホント、いろいろなことに出逢えます。にぎやかな祭りの音に、さらに屋台の美味しそうな匂いがただよい・・・空腹にはけっこう堪えました。

tenjinmaturi.jpg

 不忍池で,ようやくお昼となり、その後は上野のお山をたどり、上野の寛永寺など見学して、谷中へ。徳川慶喜のお墓を一応見て,谷中墓地を通り抜けて、日暮里駅で解散となりました。都心にも残る自然に頼る生きものたち、そして,街路樹などわずかな自然でも癒されることが、日中の暑さに気づいたことでした。
posted by norarikurari at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック