2018年04月14日

ほのぼの、ほっこり

 漫画は新聞の四コマ漫画を読む?見る?程度で、ほとんど未開拓地域ですが、深夜のブック・バラエティ「ゴロウ・デラックス」(毎回録画している番組)で取り上げられた「大家さんと僕」が気になって、購入してしまいました。なんといっても、ご高齢の大家さんが魅力的です。まあ、ある意味、化石のような方ではありますが、いくつになってもチャーミングな方はいらっしゃると、ちょっと嬉しくなります。
 そんな大家さんを暖かく、優しく見守る作者の矢部太郎さんもいい雰囲気ですが(お笑い芸人さんということで知らないに等しい方でしたが)、「めざせ大家さん」キャラと思っても、「ごきげんよう」なんて卒業以来使ったこともない(その昔通っていた学校では帰りの挨拶が「ごきげんよう」でした)。
 幾久しく使ったこともないし、いまさら、慣れないいことは無理でしょう。まずハードル高すぎです。もちろん、大家にもなれないし、新宿区にもすんでないし…、戦争体験者でもありません。
 でも、おっとり、ほっこりとした大家さんキャラはめざしてみたいですね。相当無理そうですけれど・・・。
posted by norarikurari at 11:14| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする