2016年02月26日

久々の観劇

 昨日は本当に久々の観劇・・それも野田秀樹さんの新作『逆鱗』を見ました。
野田さんの芝居は、いろいろな事柄が組み合わせって、なんだか?複雑怪奇って感じも正直あったりする。
 さて、今回の『逆鱗』は、まっさらの状態で見始めたら、最初、さっぱり訳がわからない。人魚?水族館で展示?それに電報配達員やら、鵜飼いの網元やら・・・交錯する人物がまるで繋がらないように思えて...不思議なことばかり。
 しかし、野田さんの得意の言葉遊びは盛んに飛び交って、さらに、アンサンブルの動きが興味深く、彼らが操るものやら美術が、陸、海の中、水底を巧みに表現して、まったく目を離せませんでした、
 そして、徐々に解き明かされるのは・・・そうか、それだったのか?と、最初のピースが次々に当てはまって行く、ジグソーパズルのあの快感。いえ、とうてい快感ではなく、恐怖であり、むしろ見たくないと遮断してきた悔いだったり・・・、しかし、直視しなくていはいけないものだったと。今の私たちにとっての複雑な思いへと一気に投げ込まれました。
 人魚伝説がこんなところまで、観客を運んできたのか?と驚き、その使者が松たか子、瑛太、井上真央、阿部サダヲ、池田成志、銀粉蝶、満島真之、野田秀樹・・・なかなかのキャスティングとあらためて見終わって感じた。もう一度、見たら、もっと理解できるかも?と思うのですが、それは無理。やはり1回の観劇で掴めたものが、どんなに未熟でもすべて・・・となりました。
posted by norarikurari at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつの間にか2016年も2月後半

 ホントに何をしていたのか?と呆気にとられる感じですが、気づくと2016年も2月も残りわずか。今年始まってからでも、なんとも呆れるほどいろいろな事件、事故など諸々の波状攻撃。それらにどうにも太刀打ちできていません。なんか、国会中継での首相の答弁の様子など、そもそも出来るだけ見たくない??と思うので、ほとんど見ませんが、しかし、あれは良いのか?ま、相変わらずとは言え、質問に対して正面から答えない。つねにはぐらかして、論点がまったく噛み合ないって・・・それは国会でやっちゃいけないだろう?ふつう、どんなに不利になっても、問われたら、責任上正面から答えるのが権力を持つものの役割・・って、まるで、それが自覚ないのか?さらに恐ろしいのは、それをメディアは批判できていない。ということで、この国のすべては狂っている・・・ってことだと思っています。
 
 それはさておき、28日、江戸川の自然環境を考える会の定例観察会ですが、それがよりにもよって、東京マラソン当日に重なって、なんとそのコースとなるところで観察会・・・・。もう考えるまでもなく大変そうですって・・・気づくのが遅すぎる。なぜに、東京マラソン開催日時発表に気づかなかったのか?と悔やむこと千回。でも気づいたのが、下見をした23日って・・ことで・・・、ぶっつけ本番、どうなるか?? 予定と大幅にコース変更の可能性もあるかもしれません...。
posted by norarikurari at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする