2013年08月28日

夏の終わり?

「暑い」「暑い」と思っている間に、時間は過ぎていったようで、気がつくともう8月も終わりです。子どもたちの夏休みも終わりです。この時期って・・・なんか、すごく残念な気分が漂うような?子ども、あるいは学生の頃は、思いっきり楽しむぞ〜〜〜!!と思っていたほどには、楽しめなかった残念感が毎年残ったような記憶があります。まあ、どうやっても、100%楽しめましたとはならないものだよ・・・・と大人になって気づいたけれど?

 さて、今年の夏は、これまでにないような猛暑にひたすら、喘いでいました。そんな記憶しか残っていません。年々酷くなる異常気象、暑い・・・と思うと、局所的に集中豪雨、天気が荒っぽいです。とても、気候温暖とは言いがたい。なんか、暴力的な仕打ちに、人間は対応できない状況になって来ていますが、だからといって、力技で、コンクリートで固めるまちづくりで対応は無理だと思う。

 それにしても、相変わらず、ネットには翻弄されていて、やっとカキコミを終えて、写真を貼付と思っている間に、なぜか、すべてが消えてしまい、一からやり直し。

 正直、とほとほ・・・萎えそうな感じですが、まあ、そもそも、カキコミは・・・さほどたいした話ではないわけで、単に猫の気難しさについてだったんですけれど・・・(苦笑)。
 うちの黒猫、ゴンは、最近、夏バテなのか?単なる我がままか?好きだったはずの猫缶もシカトすることが多くなり、え〜〜?これ気に入らないの?と飼い主は翻弄されてます。
 ちょっと前まで、大喜びで食べていたのに、いったいどこが急に気に入らないのか?人間の飼い主にはサッパリ解りません。それでも、今夜はさらにグレードアップの猫缶でなんとか機嫌を取ったものの、今後どうしたら良いの?

 それにしても、あちこち、ちょっとした隠れ家を見つけて、そこでくつろぐ様子に、ほんと、猫っていいなぁ!楽しそう?って思う飼い主です。
 窓辺の段ボールがベッド代わり?
gon130827.jpg

gon130827B.jpg

posted by norarikurari at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

上流の川を満喫

 毎年、夏の恒例行事は葛飾区郷土と天文の博物館主催、江戸川野遊び道場のバスツアーです。栃木県鹿沼市の大芦川へと向かうバスは、午前8時を少々過ぎて、参加者の期待をいっぱいに出発です。幸い、天気も良好、雨の心配もないのは、とりあえず、嬉しい。
 順調に東北道を走って、鹿沼インターチェンジから一般道へ。目的地の出会いの森総合公園はもうすぐです。上流の川は水も澄んで、冷たい・・・とそれだけでも充分、貴重な体験です。
 ともかく、ベースキャンプを設定して、それぞれに水遊び組、生きもの探し組にわかれ、支度をして大芦川に注ぐ荒井川へ。昨年もここではいろいろな生きものが見つかったけれど、どうも、今年は様子が違うのか?最初は石をひっくり返しても、川虫しか見つからなかったけれど、徐々に『サワガニだ!』『ドジョウだ!』『アカザだ!』といろいろ見つかりだして、面白い。大人も子どももヤミツキ状態です。水の流れに脚を取られたり、石についたこけに脚を滑らせたり、まあいろいろあっても楽しい生きもの探し。

miyamaakane2.jpg

川の側にはミヤマアカネの♀の姿も。
araigawade2.jpg

ツチガエルも珍しい。
tuchigaeru2.jpg

 午後は大芦川で水遊びが主流ながら、さらに生きもの探しをしたい少人数で、別の支川へ。いや〜〜〜。水の流れにすいすいと泳ぐ魚の姿が濃い。『水を得た魚』ってまさにこの状態だなぁ!それでも果敢に挑戦し、なんとか魚をゲットするとその喜びはハンパじゃない。いろいろと工夫をして、網をあてがって、追い立てる感覚を習得していく子どもたち。魚も「手強い奴らだ」と思ったかも。というわけで、デッカいツチフキやら、ウグイもゲット、さらにビックリの巨大タガメもゲットして、時の経つのを忘れました。

kamatuka2.jpg

tagame2.jpg

 午後2時過ぎ、楽しい時間はあっという間で、ホントに短いと思いつつ、帰途につく。なにしろお盆休みの最終日とあって、東北道の渋滞が気になりましたが、途中、少々「これぞ、渋滞」を味わったものの、あとは比較的スムーズに流れて、博物館帰着は午後6時には少々間のある頃。楽しいバスツアーを無事終えられて、本当にホッとした瞬間でした。
posted by norarikurari at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

初文楽・・・面白い!!

 世はお盆休み真っ最中、その上に、猛暑の真っ盛り。こんな時に、いかにも暑そうな渋谷に出かけることになるとは。
 実はチケットを取った時にはどこか他人事って感じで、まさか...これほどの猛暑とは思いもせず・・・でしたが、なんと、ようやくの初文楽観劇です。

 昨年、パルコで初上演の『其礼成心中』、随分と評判が良く、見たかったなぁ・・・と思っていたら、なんと、再演となり、あわててチケットを取りました。
 文楽って・・・ちょっとその印象は地味?辛気くさそう?とか・・・一般には分かりにくい?って感じがしているけれど、さて、三谷さんはそんな文楽をどう料理したのか?すでに面白いとの評価を得ていたから、ある程度、戸惑いは少なく、期待は高めの観劇です。

 パルコ劇場、8月15日、午後2時開演、けっこう年配の観客もいて、男性客もいるようで、日頃の舞台公演より客層は広範囲??冒頭、三谷人形が登場・・・、操るのはご本人?「好評で再演となり、さらにグレードアップ、何がグレードアップってこの三谷人形の衣装が豪華」とアピール。登場するすべての人形の中で、唯一袴をはいている・・・と。

 さて、いよいよ幕が開きます。近松の舞台『曾根崎心中』のはやりで、やたら心中が増えた曾根崎天神、そこの一角のまんじゅう屋の主人が心中したいという二人をともかく説き伏せて、まあ、そこから、身の上相談屋という生業が成功した・・。でも、近松の『心中天の網島』で今度は心中場所が変わって廃れる・・・なんてことにもなったり??
 まんじゅう屋の女将の知恵やら、やがてはその娘の恋もあって・・・、なんとか「情けはひとのためならず』とうまく納める・・・・何よりも、語りの竹本千歳大夫 豊竹呂勢大夫らのみごとな演じ分けが・・・あって、さらに人形遣いの細かな所作、もうその微妙な演じ分けが、とてもじゃないけれど、素晴らしいものでした。人間が演じたら・・・どうなんだろう?これ以上に演じられるか?というと、多分、ちょっと無理かも・・・と言うシーンもあったような気がしたほどです。
 正直、日本にはこんなすごい文化遺産があったのか?と、あらためて思った。正直ビックリの発見だったと言えそうです。

 というわけで、初文楽、堪能しました。ふつうの文楽公演ではありえないのではないか?と思うカーテンコール、思いっきり拍手しました。もう手が痛いほど叩いたって感じで・・・特にまんじゅう屋の夫婦の人形とその使い手にはすごい拍手だった。もし、また再再演となったら、是非是非見たいと思うと同時に、文楽をもっとふつうに楽しみたくなりました。

 
posted by norarikurari at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

猛暑続きに・・・ギブアップ?

 8月、例年暑い時期ですが、それにしてもこれほどの堪え難い暑さ、まあ、世間的にはエアコンで、それなりに快適に過ごしていることでしょうけれど、我が家はエアコンなし、しかも2階に居住しているので、1階より気温が高い。なんとも、熱帯の中に暮らす気分。
 
 というわけで、猫は朝からいずこへか避暑に出かけてました。どこに行ったかサッパリ分かっていませんが、帰って来るのは夕方、まあ一応夕食目当てです。
 ところが、1階のクーラー付きの快適スペース(母の居住圏)を発見した途端、そちらに入りびったり・・・って、ちょっと現金なんじゃないか?と思うのですが??

 猫って、ほんとにちゃっかりして、頭よくて、抜け目がない??って全部おなじこと?ですが、つまり人間は翻弄されます。でもそれがなんとも可愛い、うれしい、好き・・・ってことでもあって・・・。

 猫好きには猫が出てくるお話はもう、猫にメロメロと同じように、小説にもメロメロになるみたい。『旅猫レポート』では、『ナナ』という猫がなんとも可愛くて・・・、それにしてもうちの猫よりも何倍も賢そうで、やっぱりこれは小説だよね・・・と思いました。

 本日読み終えた『世界から猫が消えたなら』、この小説に登場する『キャベツ』という猫もすごく可愛い、なにしろ話し言葉が時代劇風、『拙者』とか『お代官様』とか『ござる』とか・・・猫がそんな言葉遣いをしたら、もう、たまりません。可愛くて、自慢したくて・・・身悶えしそうです。まあ、うちのゴンは、ひとの心を読むどころか、俺様・・・ゴン様・・って感じで、のうのうとしていてくれて、良かったかも??猫バカには、猫がどうあれ、どんな猫であれ、申し分なく可愛いってことです。

gon1305.jpg
posted by norarikurari at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

もう8月?

 1ヶ月ってホントに早い・・・、何をしていたのかぁ?と思う間に終わっている。しかも、記憶はどんどん薄れるばかり。もっとしっかり、記憶に止めておかないと・・・、何をしたのか、サッパリ解らない、確実に耄碌老人になります。

 大掛かりな江戸川シンポジウムから、あれからもう1週間・・・、その間につれあいの発行するニュースレター2種類を作成,発行して、あっという間に週末です。

 その間にも、日本各地に集中豪雨の被害が続き、その一方でなぜか、関東の水ガメは水不足という・・。物事、うまくはいかない・・・という実例だらけです。

 それにしても、参院選も、その翌日の福島第一原発の汚染水漏れの発表も、どうなの?いったい・・・・、本質を見極めないと、ツケは我々にのしかかる・・・というか、もうのしかかっています。

 原発事故はホントに、まるで終わってない、それどころか、どんどん進行しているようで、東電任せでは早晩ギブアップとなるだろうし、国がもっと全面に出て対応しないといけなかった・・・。しかし、今の状況は、ある意味,何もかも、もう手遅れです。自民党政権はどこを見て、何を考えているのか?そんな政権に任せている現状を怖いと言うしかないようです。

 改憲やら、TPPやら、これからもっとわき起こってくる苦難にどう対応していくか?柔ではいられない・・・、猛暑に負けていられないと・・・いろいろ思う夏です。

猫のゴンは今夜は外出中。わりと涼しい夜だから,うちで寝ていれば良いものを。

gon130624.jpg

 
posted by norarikurari at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする