2012年09月28日

『エッグ』って何?

 チケットをとったのは、3ヶ月近く前。その頃にはまさか台風なんて予想になかったけれど、台風18号の影響で夕方から雨かも?という予報。一応、傘を持って、池袋、東京芸術劇場を目指します。野田秀樹さんが芸術監督の東京芸術劇場、ここしばらく改装のためお休みでしたが、今回『エッグ』でリニューアルオープン。

 平日ソワレでも立ち見も出る人気ぶり。野田地図第17回公演は当然、作・演出 野田秀樹。
 キャスト:妻夫木聡(安倍比羅夫)、深津絵里(苺イチエ)、仲村トオル(粒来幸吉)、秋山菜津子(オーナー)、消田監督(橋爪功)、野田さんは劇場案内係と芸術監督を兼ねて、大倉孝二さんに藤井隆さんも出演する豪華キャスト。

 それにしても、謎めいたはじまり・・・。五輪フィバーという感じで盛り上がるのは、この夏も見慣れた光景。ここでは『エッグ』と言う謎のスポーツが大人気。なかでも、人気プレーヤーは粒来幸吉・・・・、そこに農家の三男坊という安倍比羅夫が登場して、いきなり大活躍・・・・。とはいえ、肝心の『エッグ』のプレーは観客には見えない。ロッカールームで、観客の歓声などが聞こえるだけ。

 オリンピック、つまりスポーツと戦争は共に男の活躍の場・・・であるという。目まぐるしいほどにスピーディに展開するこの芝居では、いきなり『エッグ』のプレーヤーは男にもかかわらず、看護婦姿になってみたり、時代はドンドンさかのぼって、東京オリンピックへと場面転換。主要な登場人物の名前は、当時の円谷幸吉とアベベに由来するらしい・・・・。

 しかし、『エッグ』というスポーツの由来をたどって、さらに時代はさかのぼり、1940年東京オリンピック中止の報道となり、さらに満州での731部隊の細菌実験へと行き着く。
 更衣室のロッカーが小道具として大活躍。さらに、薄くすけるカーテンが時にガス室にもみえるようだったり、汽笛の音で時代を超えていき、いくつもの歴史が重なりあって・・・、重層的にすけて見えるのは、人間の残酷さだったり、にもかかわらず、かすかな愛だったり・・・。
 深津さん演じるロッカー、苺イチエは、粒来への愛、それを横取りした安倍比羅夫への思いなど、女の立場の複雑さを時に、アイドル風に、時にミュージカル風に表現して、刺激的。

 見ているものは、もうあれよあれよ・・・と野田さんの思惑とストーリーに翻弄される感じ。今回は、場面ごとに噂、つぶやきが時々の状況におかしな作用をしていくこと皮肉っている。野田さんは、マスコミとかツィッターなどに大いに懐疑的。

 ひょっとして予言者?って感じがしないでもない野田さん。これまで、度々、芝居と現実が不思議なリンクをしていく感じがあったけれど、今回、スポーツの熱狂から・・・戦争の熱狂へ・・・って、まさか・・・これからの日中関係を予言していないことを祈りたい。
 最後に、満州に置き去りにされる日本人、女性や子どもたち・・・・が、3・11の被災者と重なってしまうような・・・・、これは野田さんの抗議なのかも?と思ったりしました。

 役者さんも、椎名林檎さんの音楽も、美術、衣装、照明などと一体となった、総合芸術として見応えのある作品でした。野田さんは何を訴えたかったのか?何を読み取ってほしいのか?と、あとあとゆっくりと反芻することが出来る刺激的な芝居、だから好きです。

 台風は遠慮してくれたようで、結局、傘をさすこともなく、無事帰宅。

 ようやく遅ればせながら、庭のヒガンバナが咲き出しました。例年より、かなり遅くなっての開花、これはやはり夏の猛暑の結果でしょうか?
higanbana12.jpg


 この時期の風物詩は、雀のねぐら入り。近くの街路樹、ケヤキに夕方いったいどこから集まったかというほどのたくさんの雀で、それはそれはにぎやか。まるで、ケヤキの木自体がざわめいているかのような・・・五月蝿さですが、不思議なことに、お気に入りなのはファミレスの『COCO'S』前のケヤキ。ケヤキ並木は長いし、他のもっと静かな落ち着きそうなところがいっぱいあるのに、なぜか・・・他には目もくれず・・・・、ひょっとして、夜中も明るく、人の出入りがあるところが安全ってことかなぁ???
posted by norarikurari at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

雨の観察会

 昨日は、久々の江戸川の自然環境を考える会/定例観察会でしたが、何とまあ・・・かなり激しい雨。しかも予報では1日雨とか??
 
 7月はシンポジウム、8月は夏休み…ということで、6月以来の観察会…ということで、けっこう張り切っていたのに・・・なんだ?この嫌がらせは?? 
 
 とうとう、観察会初めて以来18年にして、ついに観察会不成立か???と思ったら、つくばエクスプレス駅に3名の参加者が見えて、つれあいと私、合計5名でなんとか・・・雨の中を歩き出しました。

 守谷駅近くの八坂神社には、なかなか立派なケヤキの木やカヤの木もあって、古い神社であることを証明しています。

yasakajinja.jpg

 そのお隣の保健センターとスーパーの敷地をまたいで、トチノキが大きな実をたわわにつけていました。
tochinomi.jpg

 守谷市には、平将門に関する史跡も多くあるようで・・・歴史好きには興味深い土地のようです。
 守谷の城址公園のふちを回り込み、何しろずっと雨なので、ゆっくり観察もままならず、城址公園下の池でアサザの花を見たり、偶然、飛び立つカワセミに遭遇したり・・・。
 さすがに、雨の日だけでに、ひとはほとんど出会わないし・・・、サギたち以外、鳥も少ない状態。稲豊橋を渡り、小貝川脇にある間宮林蔵の墓にまいり、間宮林蔵記念館へ。現在つくばみらい市となっているけれど、常陸l国筑波郡平柳村の間宮林蔵は、15歳にして、小貝川の治水に関して、時の幕府方の目にとまる才能を発揮。その後、20歳で蝦夷地御用雇となって、千島に出向。さらに、樺太探検によって、間宮海峡を発見したとされる。

 雨が降りしきるので、昼食は、移築された間宮林蔵の生家の軒下をお借りして、濡れずに食事が出来て、ありがとうございました。

 午後は、小貝川土手を歩き、岡堰を目指す。農業用につくられたこの堰は、農閑期となってすべてゲートを開けられている。

 雨にけぶる岡堰は何度も改築された歴史を秘めている。

amenookazeki.jpg

 ダイサギが何羽も、雨の中、エサを狙っていた。

 最後に、高源寺の地蔵ケヤキを見る。何度見ても、その姿には、長い歳月を耐え抜いた迫力が感じられるようです。

jizoukeyaki1209.jpg

 幹まわり10メートル以上、推定樹齢1600年ということだが?芯の部分はすっかり空洞化している。・・・それでもしっかりと枝葉を広げ、生命力を感じさせるところはすごいです。

 関東鉄道に宅地開発に伴い、新たに出来た「ゆめみ野」駅へ無事到着。守谷駅へもどり、それぞれ帰途についた次第です。
 それにしても、結局、止むことのなかった雨の中の観察会、ホントにおつかれさまでした。
posted by norarikurari at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

ドタバタ・・・

 目下通信の記事をなんとか仕上げて、校正・・・・データ保存という、いわば最後の最後の状況です。毎月の発行って・・・これがけっこう大変です。
 もちろん、週刊誌などとは比べ物にならないものだけれど?正直1ヶ月もあっという間です。わずか12ページの通信とはいえ、毎号はなかなか記事を埋めるのも大変だったりして・・・、かなり綱渡り状態。

 それでも、なんとか続いて来たのは・・・ある意味、不思議ともいえそうです。毎回のようにギリギリで何とか記事が埋まった…てことで、偶然と奇跡の交錯する状態。そのスリルがたまらない…とも言えなくもないかも?です。
posted by norarikurari at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

江戸川放水路でハゼ釣り

 15〜17日と3連休でした。でも、呆気なく終わってしまって・・・なんだか、ホントに3連休だっけ?て気分です。

 15日は、一応、敬老の日前倒し?ということで、母を誘って出かけましたが、16日はふつうにお仕事。つれあいの『利根運河での亀調査報告署』など作成しておりました。ここで、一応やっておかないと、あとあと厳しいか?と言う判断の結果です。

 17日は、葛飾区郷土と天文の博物館主催、江戸川野遊び道場のハゼ釣りです。江戸川放水路、見かけは一見川ですが、もともと行徳可動堰で仕切られ、洪水時に上流の水を放流する以外は、ここは海という環境。
turibiyori.jpg

 17日午前9時、東西線妙典駅集合で、いざ出発。江戸川放水路でハゼ釣りですが、釣りは初めて...という親子にはまず、仕掛けのやり方の伝授から。
shikakedukuri.jpg

いざ、支度が出来たところで、釣りスタート。とはいえ、当然そう簡単に釣れないようで・・・・。ここからは、粘りの勝負です。

 大潮が徐々に引き出しているけれど、潮溜まりにはフジツボが優雅に脚を揺らめかせて・・・これが「魅惑の脚さばき」ですか??
fujitubo.jpg

 干潟には、カニがいっぱい、忙しそうに有機物を採取しつつ、人の気配にはあっという間に隠れる素早さ。ここには、北限のトビハゼもいて、ぴょんぴょんとユーモラスに動いている。
osagani.jpg


 釣りに飽きた子も、貝やカニを追っかけて、干潟の自然を楽しんでいる様子。

 11時半、午前の部を終了し、集合して、釣果など比較したところ、あまり釣れない状況でも、 7匹のマハゼを釣った親子がトップ賞。採取した貝についてや、カニなどの説明をして、干潟にはいろいろな生きものがいることを学んだ今回、12時にはぶじ終了となりました。
posted by norarikurari at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

とうとう秋も見え隠れ?

 あれよあれよ・・・という間に、9月も中旬です。ホント、暑い、暑い夏がド〜〜〜ンと居座って、連日の猛暑続き、雨はないし・・・と、厳しい夏でした。ホント、エアコンなしで、よくぞ過ごした・・・って、「自分を褒めたい」って大げさですけれど。

 ともかく、そんな夏もいつしか、少しずつ過ぎていくようで・・・、気づくと、夕暮れは早くなっているし、蝉の声が消えて、かすかに虫の音がきこえて、空を見ると、入道雲もあったりするけれど、巻雲のような秋の空もひろがっていたり・・・まあ、見ようによっては『小さい秋見つけた・・・』って感じにもなってきました。

 少しずつ空気が冷えて、凉風が吹いて来ると、それは、ちょっとうれしい・・・・けれど、一方で、夏の退場はちょっとさびしい・・・って、複雑な気分。子どもでもないのに・・・、夏が過ぎるとさびしい... って気分がするから不思議。この時期の特別な感情。
 
 東日本大震災から1年半。まだ、たったの1年半で、問題はぜんぜん解決されていないのに、なんか、特にTV報道などはすっかり、終わったような気配がしないでもない???そんなに簡単な問題ではないのに・・・、
 その一方で、自民、民主の代表選挙だとか、維新の会だとか・・・些末なことに熱中する報道姿勢にダメだししたい・・・。まさか・・とは思いつつも、そんな報道に誘導されるひともいるとしたら・・・もう、怒髪天をつくかも??せっかく、秋が涼やかな風を送っているのに??これでは、ぜんぜんクールダウンできそうもない?

 
posted by norarikurari at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

舞台はたのしいな!

 あっという間に9月です。9月になった途端に,お天気が怪しくなり,局地的な土砂降り、雷など荒れ模様のようです。昨日の明け方まで、まるで滝か?とおもえるほどの激しい雨が降り続いたけれど、それも、なんとか午前中にはおさまったような?この日は、久々の下北沢行きです。演劇の街、下北沢でも初の「ザ・スズナリ」へ向かいます。
 
 毎度、クオリティの高いお芝居を演じ続ける加藤健一さん率いる劇団の公演ということで,下北沢駅を降りたら小雨がパラついていて、本多劇場しか知らないので、やや不安を感じつつ歩いていく。本多劇場を過ぎて、最初の角にも劇場があるけれど,こことは違うので、角を曲がってみたけれど・・・だんだん・・・不安になって来た・・・。が、その次の瞬間、目に留まったはの少し先の『ざ・スズナリ』の大きな表示、やれやれ・・・。

 細い階段を上って、劇場内へ。初めての劇場って・・手探り気分で、こわごわ、でもちょっと楽しみ。

 狭い劇場だけに、もう座席はびっしり並んで,立錐の余地なし・・・。しかも、舞台近い・・・・、ってことは、やっぱりインパクトが違う感じ。

 さて今回の演目は『シューペリオール・ドーナッツ』 舞台はシカゴのちょっと治安のよろしくない街で親の代からのドーナッツ店を営む主人公アーサー、そこに雇われたバイトのフランコ、店の周囲の人々も絡んで,丁々発止のやり取りの中に、人生の苦い思いや複雑ないきさつが見え隠れして・・・、カトケンらしい・・・世界が繰り広げられます。

 狭い劇場ってことは、もう、目の前に役者さんですから、インパクトがすごい。やっぱり、大きな劇場で遠くに見るよりは、はるかに伝わる感じもします。ドーナッツ店の頑固なオーナー、アーサーを加藤健一さん、ふらりと現れたバイトのフランコ、しかし、これまでのアーサーのためらいがちな生き方を変えるきっかけとなる重要人物を、カトケンのご子息、加藤義宗さんが軽快に演じています。息子さんとの共演をカトケンさんも、ちょっと嬉しそう??

 ともかく、カトケンさんの芝居は、観客を裏切りません。ちょっと,微笑ましく、ほろ苦く・・・・人生を考え、でも、まだ諦めることなく次ぎなる一歩を・・・・ってメッセージが伝わるものでした。なんか、空腹で見たから、かもしれませんが、『シューペリオール・ドーナッツ』たぐいまれなるドーナッツをちょっと味わいたくなりました。時代の流れもあって、この店も『スタバ』に押されていたようですけれど、この店を愛する人たちの心温まる交流の場としても続いてほしい・・・って思うような、あったかな芝居でした。
posted by norarikurari at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。