2012年02月28日

2月の観察会は・・・

 江戸川の自然環境を考える会の定例観察会は2月26日に開催ということで、お天気が何よりの大問題!事前の予報では、「曇り時々晴れ』と思ったら、だんだんただの『曇り』となり、さらに『北風強い』とあって・・これは参ったなぁ?と思ったけれど、当日『曇り』ながら風がなかったのは不幸中の幸いでした。
 
 松戸駅で第一陣が集合し、常磐線我孫子駅へ移動、ここで第二陣の集合があって、25名以上とかなり多くの参加者でいざ出発。目指すは柏市のあけぼの山農業公園から布施弁天。

 今冬の寒さが厳しかったので、どこも梅がまるで咲いていない・・・。もう2月下旬なのに・・・これほど遅いのは珍しい・・・はず。もういい加減春が来てほしい・・・何よりも暖かさを感じたい気分だと参加者と話し合う。

 柏市の布施弁天には珍しい鐘楼もあって、その設計者と大工の技術に圧倒され・・・いまより、機械化されていない時代にどうやってこんな作品が残せたのか?とあらためて不思議にも思ったりしました。
fusebenten.jpg
shourou.jpg

 午後の部は目指すは国の重要文化財に指定された旧・吉田家住宅。江戸時代以来の豪農の家は優れた建築技術がそのまま保存されてさすが・・・。
yoshidajuutaku.jpg
 そのあと、巨大なカヤのある吉祥院を経て つくばエクスプレス線の『柏たなか駅』で解散でした。

oogaya.jpg

 写真を添付しようと思ったものの、上手くいかないのは ブログへのIDきりかえの要請ってことなのかなぁ?毎度、まったく、勝手なKDDIの都合に振り回れるのはどうなのかと・・・思ってしまいますね。

昨日は無理だったものの、 本日(29日)とりあえず、写真添付はなんとか出来たけれど、さて、新しいIDへの切り換えはこれまでにもトライし、今回もトライし・・・・そのせいか、さらに混乱して・・・もう訳わからず・・・どうなったのやら?いい加減、なんとか受け付けてほしいのに??ID違う、パスワードが違うって言われて、もう何がなんだか?どうなっているのやら?って感じになってしまいました。いっそ、一からやり直して、すっきりしたいかも??


posted by norarikurari at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

ちょっとだけ春の気配?

 やっと、2月も下旬になって少しだけ、それもすごくケチっているみたいなんだけど春の兆しが見え始めました。日暮れはかなり後退してきています。5時にはまだ明るいし、日中の日差しもかなり強くなって来たかもしれません。でも、気温も風も厳しい状態が続いて、なかなか春を感じられませんでしたが、ようやく、マンサクが咲き出し、梅も日当りの良いところではちらほらと咲き出したのを目撃して・・・春が一歩一歩近づいて来ている気配を嬉しく感じています。あともう少し、我慢すれば、春となるのでしょうか?

 でも、間もなく東日本大震災から1年となるということですが、地震の不安はさらにつのっているようで・・・、日々、いつどこで地震が発生するかわからないと・・・肩に力の入る感じでいます。

 それにくらべたら、台風はまだ、進路やだいたいの直撃の日時など分かって・・・一応、外出を控えたり、用心もできるだけマシかもしれないなぁ?地震はホントいきなり来るから・・・サッパリ解らない。緊急地震速報では対応は無理・・・って感じで、結局、運命と覚悟をするしかない??こんな緊張感のある時代を生きることになるとは、思ってもいなかったけれど、これも神の配剤ってことなのかなぁ??クワバラ、クワバラ・・・。

 蛇足ながら、ブログのログインの切り替え手続きが必要とか?一度ログ登録?だかしたつもりでしたが、どうも勘違いでもあったのか?ログインならず・・・で、今後、どうすれば良いのか?ホント、なにかと対応が難しい時代です。

yabutubaki09.jpg

posted by norarikurari at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

ようやく春の兆しも?

 ずっと寒い、寒いと縮こまっていたけれど、本日は暖かな1日で、なにやら体もちょっと緊張感から解きほぐされたような気分。やっぱり、寒さもほどほどにして、もうそろそろ春に移りましょうよ・・・。寒いのにはもううんざりですが・・・まあ、まだまだ油断はなりません。地震も、間もなく3・11から1年になるけれど、まだまだ気は抜けないようで・・・・、ああもういい加減にしてほしいんですけれどね。
 18日、たまたま信号待ちをしていたら、車が下からゆらゆらと揺れ出して・・・何?これって地震?それがけっこう長い・・・ので、不気味でしたが、茨城県北部で震度5弱の地震だったと、帰宅してから知りました。いったいいつ、どこで地震があるかわからないので、用心するのもむずかしいし、結局は運次第ってことかなぁ?ホント、大変な時代に生きることになったもので、抜け出したいって思っても、そういう訳にも行かないしなぁ・・・・。

 それはさておき、19日は江戸川野遊び道場の修了式でした。葛飾区郷土と天文の博物館の主催で一年間、いろいろな活動をして来た、その思い出を振り返り、参加してくれた子どもたちに終了証を手渡します。一年の締めくくりであり、新たな活動への募集スタートでもあります。子どもたちとわいわいと自然の中で楽しく活動したいと始めて15年を経ているけれど、昨年の東日本大震災、さらに福島第一原発事故によって、野外活動にちょっとブレーキをかけないといけない事態になっていることが、なんとも、残念でなりません。思い切りのびのびと自然の中で遊べることの幸せを否応無しに感じることになってしまいましたが、できるだけ気をつけて、なんとか続けたいと思っているところです。
posted by norarikurari at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

春はいまどこに?

 それにしても寒い冬です。なぜ、こんなに寒いのか?もう、うんざりするというか、寒いのはもう飽き飽きです。
もちろん、豪雪地帯、2階まで埋まるほどの雪に耐えている方もいらっしゃるし、仮設住宅で寒さに震える方も多いから、関東圏、それも平地では贅沢です。文句など言えませんが、我が家では暖房を節約しているので、かなり寒いんです。灯油代も値上がりするし、そうそう気安く使えないので・・・、ストープもホントにちょっと使うだけにしているから・・なかなか部屋を暖めるわけにもいかないです。

 だから、ホントにもう・・・早く暖かくなってほしいです。寒いのはたくさん・・・。『春よ、来い』『早く来い』って気分です。寒いせいで、梅もまだほとんど開花していないような?例年、あちこちにごくふつうに見る梅の花をまだまるで見ていません。あれ?けっこうどこのお宅のお庭にも1〜2本梅の花があって・・・ふつうに見ていたのに・・・今年はまるで、どこにあるの?ってことは、結局、まだつぼみも堅いってことでしょうね。花が咲いて初めて分かる・・・ってことだったんだなぁ?とあらためて思いました。

 早く、梅の花が満開の様子を見たいです・・・その先に桜も来るし、春も爛漫となるはずだから・・・。これほど、春が待ち遠しいのはめずらしいかも?
umenohana.jpg
posted by norarikurari at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

お久しぶり!渋谷

 渋谷まで出かけたのは何ヶ月ぶり?昨年5月からほぼ10ヶ月近くは経ているでしょうか?まあ、渋谷はかわらず人がざわざわと多い街で、無事に存在していました。パルコ劇場で三谷幸喜さんの『90Minutes』という芝居が追加公演されるということで、運良くチケットが取れたので出かけたのでした。
 芝居が始まる前に、西武の地下で知り合いへちょっとしたプレゼントを購入しようと立ち寄ってみたら、バレンタインデー直前のわりには混んでなかった。なんか、TVの情報番組だかでは・・・行列みたいな報道があったので、混み合っていて時間を取られたら困るなぁ??と思ったけれど、心配は無用でした。あれこれショーウインドウを覗き込んで、結局、まあ、お値段相談で購入して、パルコ劇場へ。

 『90 Minutes』という芝居のテーマは『倫理』だという。はて?どんな内容かと・・・まるで白紙状態で見た。実際にあった事件を元にしつつ、しかし、当事者をどうこう追求するものではないというテロップが冒頭にあった。

 ある日、交通事故で緊急手術が必要な少年が運び込まれ、その命をめぐって、整形外科の副部長は手術を拒否する父親への説得が求められる。タイムリミットは90分。刻々と生存確率が減って行くさまを表現するような一筋の水滴がしたたり続けるシンプルな舞台。少年の父親は特殊な宗教?閉鎖的な地域?の中で、緊急手術のための輸血に抵抗して、手術の同意書にサインをしない。医師としては、手術で助かる命をなんとしても助けたいから、ありとあらゆる方法で説得に努めるが、どうにも話が空回りして・・・時間はどんどん減って行く・・・。
 

 結局問われたのは医師の倫理?少年の命を助けるために、自らのエゴ?をどこまで捨てられるか?理不尽な論理を突きつける父親にどこまで自己犠牲できるか?ってことになるのかなぁ?父親の妙な理屈にもならない理屈に振り回される医師が気の毒になりそう?
 
 三谷さんの舞台『笑の大学』以来の西村雅彦さんと近藤芳正さんの二人芝居。伝説?的舞台の再来?膨大な台詞に圧倒され、二人のキャラクターがあまりにぴったりで、さすが三谷さん・・・なんて思ったり。でも、私は・・・この芝居のその後をあれこれ想像して・・・、実は、今回の医師の決断の先にも倫理について問われる問題は波紋を広げて続いていく・・・・ってことではないだろうか?・・・と思ったりしました。それだけ、深いテーマともいえるでしょう。

 さすがに面白い、刺激的な芝居を堪能して、今年初の芝居を大いに楽しめて良かったです。それにしても劇場入り口で山のような芝居のチラシをもらったけれど・・・、どんなに見たくてもそんなに、おつき合い出来ないのが残念だなぁ。
posted by norarikurari at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

春は遠い?

 2月、あくまで暦の上だけで、さしたる意味はないと思うものの、立春だとか?でも、実際は、極寒って感じの日々です。雪国では半端じゃない降雪量で、家も埋まりそう?自然にはホント、太刀打ちならない・・・ってことですが、わずかな雪でも大騒動の都市圏住民には、ホント雪国の途方もない雪との闘いはあまりに大変で、映像に見るだけでも、すぐに撤収って感じになりそうです。

 それにしても、記憶はあっけなく失せるもの・・・、もちろん、3.11のような途方もない大きな出来事は忘れようもないけれど、日常の中の小さなことは次から次へと忘れ去って行くのだなぁ・・・・とあらためて感じたのは、昨年の活動をまとめる必要があって、ブログを見直したから。

 そういえば、4月から7月までポンコツPCが新しいブログバージョンに対応できなくなって更新ならず。仕方なくHPに覚書を掲載していた・・・ってこともすっかり忘れていました。さらに、新しいPCからのHP更新が二進も三進もいかなかった・・・ってことも、いつの間にかすっかり忘れていました。わずか数ヶ月前なのに・・・・、いやぁ・・・ホント、自分で体験したことなのに、なぜか、すっかり忘れていることに、ビックリ。

 まあ、そんな記憶力もあやふやなものに・・・・困った事態といえば分類問題。もう、はなから諦めようって感じになっていますが、植物の分類体型が大きく変わるらしい。これまで、葉や花など見た目で似たもの同士を同じグループとしていた科名を、今後はDNA判定で分類し直そうってことのようです。

 見た目が似ているだけの他人のそら似がなくなる・・・とはいえ、いったん覚えた科名がまるで違ってしまう・・・って大変なことです。頭も弱いし、年齢とともに記憶力減退するものには、もう越えられない壁が立ちふさがる感じ。

 これまで、スギはスギ科と思っていたら、ヒノキ科へ変わる。カエデ科もトチノキ科もなくなって、ムクロジ科になるとか?
 オオイヌノフグリはこれまでのゴマノハグサ科から、オオバコ科へ、ムラサキシキブはクマツヅラ科からシソ科へ変わるとか?これまでのユキノシタ科のあじさいはアジサイ科になるんだとか??もう訳が分かりませんし、覚えきれません。
 
 いずれ、新しい分類が定着して行くんでしょうけれど、それまでに対応できないものも、これは頭の体操と思うべきなんでしょうか?

 それもこれも、時代が変化、進歩した結果にしても・・・、なんとも大変なことですね。
 
 

 

 
posted by norarikurari at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

やけに寒い日々?

 あれよあれよと・・・2月となりました。例年より1月が短かったような気分がするのはなぜでしょうか?寒さに縮こまっていたせいか?まあ、うちのあたりで、寒いと言っては申し訳ないですね。全国、もっともっと寒いところばかりですから・・・なんと柔なヤツってかんじでしょう。
 ほんのちょっとの雪にも驚いて・・・、ホント、いかに日頃恵まれているか・・ってことだと、連日の大雪ニュースに思い知らされています。
 
 最近のニュースによると、首都圏直下型地震の確率が4年の間に70%だか、5年で28%だか・・・良くわかりませんが、近いことは間違いない?ということで、これをまともに受けとったら、連日ヒヤヒヤもので暮らすしかない?いつ来るか分からないってことは、次の瞬間でも愚痴は言えないでしょうからね。

 それでも、できれば、冬の寒い間はいやだなぁ??とか、夜、寝ているところを叩き起こされるのもいやだし・・・なんとも、勝手なことをついつい思っています。

 じゃあ、夏なら良いか?って、これまた、電気が止まって冷蔵庫が使えなくなったら・・・・最悪。あくまで、わがままな言い分ですけれど・・・。

 ホントにいつであっても、来てほしくないです。

 それにしても、誰の責任でもないかもしれませんが、とんでもない時代を生きることになって・・・、人生ホント、分からないものだなぁ???って思っています。 ちょっと、ダモクレスの剣が頭上にあるような・・・。
 でも、そもそも、地震は制御無理にしても・・・・、そのあとの津波、避難や原発などの対策は・・・もっとしっかりしておかないと・・・人災パートってことですよね。

 もっと、のんきに過ごせる日々が続いてほしいけれど??もう、すでに、ずっと放射性物質に敏感でないといけない状況が今後ずっとだし、のんきはもはや無理なんだなぁ・・・。

 
 
 

 
posted by norarikurari at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。