2011年12月30日

よいお年を!

 2011年も残り1日少々ってことで、ドタバタ、アタフタしっぱなしでしたが、なんとか越年できそうです。
もう、本当にギリギリ、ハラハラ続きでしたから、よく,ここまでこぎつけたなぁ??って思いつつ、来年もやっぱり、同じようにドタバタするんだろうな・・・と、もう予想はついています。

 毎年、新年を迎えるにあたり、料理は何を用意すれば良いのか??昨年はどうしていたっけ?みたいな感じでうろたえてしまう・・・・。計画性ゼロだから・・・まとめて、数日分の予定なんて・・・とうてい無理・・・、どうすればいいのやら??
 家族はおせちのようなものは好みじゃないようで、結局、無理に作ってみても、残って一人片付け係となるのに懲りて、定番お正月をやめたら、さらに何をどうすれば良いのか、分からなくなってます。

 というわけで、迷走しつつ、年越し、新年・・・なんとか、無事に過ごしたいと思っているところです。
 どうぞ、よいお年を、来年は、なにはともあれ、平穏無事な一年になりますように・・・・。
posted by norarikurari at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

クリスマス・イブとはいえ・・・

 世間はクリスマスでにぎわっているのでしょうか?なにやら、うちのあたりでも一応師走らしい慌ただしい気配が感じられるようになってきました。
 
 ようやく、年賀状を書き上げて、投函・・・したと思ったら、郵便局の赤い車が来て、速攻回収して行きました。なんか、こんなちょっとしたことにも、小さな幸運を感じたり・・・。

 それにしても、猫にはクリスマスもお正月もない・・・とはいえ、このところ、連日喧嘩をしてくるようで、目の上の怪我がどんどんひどくなる。なぜに・・・、そんなに喧嘩っ早いのか?もっと相手の力と自分の実力を考えて、用心した方が良いのになぁ。
 
 というわけで、マキロンで消毒し、オロナインを塗ってみたら・・・、白が目立って・・・妙な猫になりました。

gon111224.jpg

 そうだ・・・、今年はほんの数本しか芝居を見ないで終わってしまったけれど、一応、今年を振り返って、3月の震災直前に見た野田秀樹さんの「南へ」は、火山観測所を舞台にしたこと、天皇制の継承問題やら天皇制を利用した歴史についても絡めり、さらに北朝鮮との関わりなども混ぜ込んだ非常に複雑で一筋縄でいかない芝居でした。しかも、その後、東日本大震災が起り・・・なんか,怖いほどに芝居にリンクしている現実だ!って気分にもなりました。
 
 1月に見た『大人はかく戦えり』や、10月に公演のあった『泣き虫なまいき石川啄木』も面白かったし・・・、来年はもっと数多く芝居を見られるといいなぁ。とりあえず、2月に追加公演のある三谷幸喜さんの『90ミニッツ』のチケットはゲットです。
 
 さて、これから、どんな芝居に出会えるか・・・、楽しみにしたいです。
posted by norarikurari at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

一難去らずにまた一難?

 実感がイマイチないままにドンドン暮れも押し詰まってきました。それに寒いです。これからクリスマス寒波が来るとか?せめて太陽の光があれば・・・・まだ何とか室温もあがるのに、今日のように曇天では、暖房無しの室温は外気と同じかも?6度くらい??

 猫もまんまるになって寝ています。

 それにしても、大変な一年だったとしか言いようがないですね。3月11日からすべてが変わってしまったような気分で、決して忘れることなどできない・・・。今も信じられないような・・・巨大地震に大津波がいきなり、襲ってくるなんて・・・。そして、それ以上に大変な福島第一原発事故。起らないことになっていた・・・安全だとあれほど宣伝する割りに、けっこういい加減な対策しか講じていなかった・・・ことがバレたけれど、それでもなお・・・、なぜにそんなに原発にこだわるのか?政財官の皆さんの思考回路は、絶対おかしいと思う。

 台風12、15号が9月に立て続けに来て、またもや大きな被害が出てしまった。ホント、『災害年』だった。日本だけでなく、実は年明け早々にはニュージーランドでも大きな地震があったり、タイでは洪水がどんどん首都に近づいて来ると・・・・連日ニュースとなり、ギリシャを初めとするEUの財政難も深刻な問題・・・。そして、年末最後に、北朝鮮のトップの死。

どれも、問題解決しないまま・・・、先送り?で越年?ホント、災難続き、苦難続きの状況ですが、それだけに当たり前の日常が「有り難い』とそれだけは痛感しているところです。

 可愛い形と色のツリフネソウ・・・。花の時期に出会えるとうれしい・・・。
turifunesou11.jpg
posted by norarikurari at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

今年も残りわずか?

 17日の『暮れの勉強会』は無事終わりました。というわけで、本日、ミニコミ誌も印刷に入れたし・・・なんか、かなり今年の仕事も終わり近い気分となりました。

 こまごまとした作業はまだまだあるけれど...、まあ、気分的に一件落着って感じ・・・もしないでもない?

 これからは今頃になっての年賀状の準備とミニコミ誌発送作業など、そして、多分やらないだろう年末の片付けなどが課題になるでしょうか?

 それにしても、人間誰でも,1日は24時間で、1年は365日、それは違いがないのに・・・なぜ??こんなに・・・違う仕事の積み重ねになるのか?能力差??って冷たく一言で終わるものなのかなぁ??・・・・。

 なんて、何を今更・・・って感じに思ったのは、

 村上春樹氏が小沢征爾氏に音楽の話を聞いたってインタビュー集が出たとかで、たまたま近くの本屋に平積みになっていました。小沢征爾氏と村上春樹氏って・・・接点をはじめて知ったかも??という感じもしつつ、

 村上氏ってなんか、阪神間在住ってだけで・・・単純に同郷って思い、勝手な親しみを感じ、年代も似通っているので、ひょっとして、阪急電車や芦屋の本屋、三宮の映画館などで、隣り合わせた可能性もないではないかも??なんて・・・妄想があったりする存在でした。それにしても、『風の歌を聴け』を読んだ頃には、今日のようなポジションを想像することは出来ませんでした。なんか、密やかに呟くような作品をひっそりと出す存在か?と思っていたら・・・、いつの間にか、『ノルウェイの森』でベストセラー作家って・・・ちょっと、勝手に想定外だ・・なんて思って、しばし距離を置いたこともあったり・・。
 
 同じ時代を歩んで来た・・のに・・・え???そんなに遠くまで歩いて行く・・・って、どんな脚力??って、いえ、能力の違い,まざまざと感じって....失礼、まざまざ・・・っていうもおこがましいでした。

 まあ、これから、どんな作品をさらに書き進めて行くのか??大いに楽しみにしたいです。

 それにしても、1日をまるで悩みもなく過ごす猫は幸せもの・・・?
gon111219.jpg
posted by norarikurari at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

残り2週間??

 ふとカレンダーを見たら,残り2週間しかない・・・・・。なんか、今年は12月=師走という気分がまるでなくて・・・、まだまだ・・・って思っていたけれど・・・、ホントびっくりしました。

 昨日、つれあいの本年最後のメインイベント?『暮れの勉強会』が無事終了いたしました。
各地で活動する市民グループや個人、さらに行政からも..・1年のまとめの活動報告をしてもらって、現状を知り、今後の参考にしようという企画・・・って感じでしょうか?

 昨日も千葉県松戸市を中心とする坂川の浄化についての『清流ルネッサンス事業の18年』を国土交通省江戸川河川事務所の調査課長から報告いただいたり、『森づくりネットワークから被災地支援へ』ということで、福島の野菜販売に協力する活動に至る経過をふくしま福野菜プロジェクトに関わる方に報告いただいたり、さらに、千葉県市川市の『自然環境と赤レンガ建物保全』について、市川 緑の市民フォーラムから、そして、印旛沼流域の水循環健全化に関わる県の取り組みについて、県の河川環境課からの報告など、なかなか、普段は聞けないテーマだったのではないか?と思いました。
 
 まあ、前後に、つれあいの『アカトンボ調査』からの報告やら、さらに身近な『国分川の河川改修と、各地の河川改悪事例』について、ちょっと話題提供・・・。という訳で、なかなかバラエティ豊かな内容で、これって自画自賛かな??けっこう面白かったように,思いました。

 ともかく、せまいとはいえ会場いっぱいにお越しいただき、ありがたかったです。終了後の懇親会も盛り上がって・・・寒さを忘れる年の暮れでした。

 年末がせまっている・・・ことや、寒さもひしひしと感じられるこのごろ、なんとか、厚着して頑張るぞ〜〜〜ッて言ってみても、単に無駄な抵抗かも??
 
 
 
posted by norarikurari at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

失敗は日常茶飯事

 12月も中旬に突入・・・・とはいえ、あまり年末の実感がなく、年賀状もまだ購入していません。
とりあえず、月刊のミニコミ誌を印刷に入れてからでないと、とてもじゃないけれど、気分じゃない??って感じです。

 日々、小さな失敗は日常茶飯事、さて夕食となって..炊飯器を開けたら..ご飯が炊けてません・・・ってことも,一度や二度ではない・・・。スイッチを入れ忘れて・・・・けっこう、ドタバタして・・・たいへんです!!
 本日もシュガースティックを買っておかなくては・・・と思って、スーパーに出かけたのに、なぜかすっかり忘れてご帰還。いけない?って・・思っても、後の祭りです。

 まあ、この程度なら・・なんとか、・・・「傷は浅いぞ!」。

 でも、先日、デジカメでつれあいと黒猫のツーショットを撮ろうと思い、「はい、とりますよ〜〜〜」って、上手く行くかと思ったら、カメラが機嫌を損ねたか?なぜか作動せず、ついあちこち、あわてていじったら・・・・なんと、これまでに撮影したデータがすべて消えた・・・。
 一言くらい、「消してもいいですか?」って聞いてくれたらいいものを、・・・いきなり「初期設定」になって??何何??

 まあ、消えて惜しいってほどの名作、傑作ではないですけれど・・・、でも・・・あちゃ〜〜〜〜〜〜〜でした。

 でもまあ、被害は小さいぞ。ひとさまに迷惑かける訳でもなし・・仕方ないかな・・・って思うから、失敗がなくならないのかも??

 


posted by norarikurari at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

ドタバタの日々

 12月に入ると、一気呵成って感じで、時間が過ぎてしまって・・・あれ?って気分。まだ、年賀状も購入さえしてないし.年末気分とはかなり遠いです。そんなことを言っていても、年末の方から来てしまうから・・・困ります。

 ともかく、年末だけど、4日は今年最後の芝居見物。山の手事情社の『傾城反魂香』は隅田川沿いのアサヒビール・ビルにある劇場での公演。
 劇団の代表、安田雅弘氏によると、東日本大震災と近松にどこか共有する思いがあると気づいたということで、『彼の作品の魅力をもっと多くのひとに知ってもらいたい』ということでした。

 近松の芝居を大胆にアレンジ・・ってことでしょうか?演者はアクロバティックなポーズをゆっくりとスローモーションで演じる・・・という前衛芝居。ちょっと『転形劇場』を思わせなもなくない・・・不思議な芝居。

 舞台は室町時代、敦賀で出会った日本画、狩野派の絵師。元信と遊女、みやの悲しい恋物語がメインらしい。

 圧倒的に若い観客が多くて、少々、いえ、かなり・・・肩身が狭い感じも・・・。

 芝居が終わって、劇場を出たらテラスから、ど真ん中に東京スカイツリーっがド===ン!!うちのあたりから見えるスリムな体型がうそみたい??ちょっと意外なデカさ?にビックリでした。

 それにしても、長いようで、短い1年、言いたいことが多過ぎて、逆に無口になりどうで・・・,この先、相変わらずの不満、愚痴をうっかり漏らすだけで終わりたくはない・・・です
 
 


posted by norarikurari at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。