2009年11月26日

汝、殺すなかれ?

 殺人は悪です。たとえ、それがあくどい金貸でも・・・ってドストエフスキーは『罪と罰』でそう言っていたような?

 相手が極悪人だから、殺して良いとはならない・・・でも相手がヒトラーなら??ってなると、ひそかに抹殺を期待したくなります。

 というわけで、史実にもいくつもの暗殺計画はあったらしい・・・。その史実のひとつに基づくのが、トム・クルーズ主演映画の『ワルキューレ』。レンタルしたDVDをなんとか返却日前日に見ました。

 ヒトラーの残虐なユダヤ人虐殺などに、もはや見すごせない..と、暗殺計画が秘かに水面下で軍人や政治家を巻き込んで試みられる。しかし、なかなか上手く行かない。

 アフリカ戦線で、重症を負い、片目、片手、さらに左の指も2本失ったトム・クルーズ演じる大佐が、ヒトラー暗殺に向かうことになり・・・。

 本当なら、成功か?どうか・・とハラハラの展開のはずですが、結果が分っている。この暗殺計画でヒトラーは死んでいない。だから計画は失敗するって・・・わかってしまっていた。残念ながら・・・ハラハラ加減もちょっと減少??

 緊迫感のあるシーンの連続ですが、この時点でヒトラーは死んでいない・・・と知ってしまっている後世の人間であることがちょっと残念過ぎました。

 でも、将軍のわずかな判断のためらい・・・がなければ・・なんて場面もあって、人間の弱さ、ためらいが大きな分かれ目だったのかも・・ってことは、非常に教訓的でした。

 一時期、ナチスに係わる映画が減っていたように思ったけれど、目下話題の『イングロリアス・バスターズ』もあって、最近また、ナチスに関する映画は復活かな?もちろん、ナチスには否定的だけど、過酷な時代を生き延びる人間模様は、悲しいけれどとても映画になりやすいのかも??
posted by norarikurari at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

真冬の寒さに物好き観察会

 今年最後の三連休もあっけなく終ってしまいました。土曜と勤労感謝の日は小春日和だったのに・・・谷間の日曜はあいにくの小雨に冷え込む一日。
 
 その日が本年最後の観察会とは・・・どんだけ日頃の行いが悪いのか???もう、参加者はゼロかも・・・。第1集合場所の松戸駅には誰も来ない。第2集合場所の取手駅にも誰もいなければ、おそらく初に近い観察会不成立となるけれど・・・、途中の我孫子駅でひとり参加者登場。さらに、取手駅には十数人が待っていて、観察会は無事成立。乗り換えの関東鉄道の出発時間が迫っていると・・・慌ただしく乗車。寺原駅で下車して、出発の挨拶。

 なんとか、雨は上がったものの、曇天で寒い。そんな天候の中をとぼとぼと歩き出す・・・正直、物好きとしか言い様がないかも。

 
donten0911.jpg

 空には一面に厚い雲、その雲がドレープ状に波打っているのは、はじめて見るようでもあり、その下に刈り入れ後の田んぼも雑木林も暗い表情。まずは、大日山古墳を見る。このあたり、平将門とも縁のある地らしく・・・歴史好きには興味深い一帯かも。

 小貝川に江戸時代から造られた堰が昭和、平成と造り変えられ、現岡堰となって、農繁期にはここから取水されている。


okazeki0911.jpg

 小貝川を渡って、つくばみらい市となった伊奈町の間宮林蔵記念館へ。江戸時代の探検家、測量家として名を残すが、ここで、はじめて若くして蝦夷やカラフト探検、測量を行なったことを知った。間宮海峡の名知るだけだったひとだが、なんと間宮海峡はシーボルトによる命名とか・・・知らないことばかりにびっくり。
 江戸末期に北方探検をするのはさぞ大変なことだったろう、想像を絶するような困難だったろう、と気づかされました。これしきの曇天、寒さにとうてい泣き言はいえないですね。

 屋根もふき替えて立派な生家も記念館の脇にあり、そのぬれ縁をかりて昼食。寒くて、お弁当も冷たくて、やっぱりトホホでした。

 午後、小雨が降り出したものの、ひどくならずに止み、間宮林蔵の顕彰碑と墓のある寺へ。
 28歳でカラフト探検を命ぜられた時、両親の墓のとなりに自身の墓もつくったとかで、今も残るその墓は、本当に小さなものでした。

 再び小貝川を渡って、取手市に戻り、斜面林沿いに歩いて、植物観察。シロダモ、ガマズミ、サルトリイバラ、サネカズラ、マムシグサ、コマユミなどなど、さまざまな赤い実を見つけて観賞・・・、さらにモミジの紅葉など楽しむ。

 最後に高源寺の地蔵ケヤキを見る。季節を変えて見ると、印象も違って、深まる秋、迫る冬が実感できるよう。


jizoukeyaki1.jpg

 稲戸井駅へ出て、解散の予定が、駅についたらまた電車の発車間際で、慌ただしく乗り込む方々に遅れをとり、挨拶なしの流れ解散で、本年最後の観察会は終了した。
posted by norarikurari at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

乗り換え注意

 気持の良いお天気、小春日和となりました。Indian Summerと小春日和がどうにも合致しないんですが・・・、でも、小春日和って大好きです。

 本日は午後、六本木の新国立美術館へ、日展を見に行きました。1年に1度の行事かも知れません。ともかく、車中で梨木香歩さんの『春になったら苺を摘みに』を読んでいて、乗り過ごしたらまずいぞ・・・と思っていたからか・・東銀座で乗り換えるのに、東日本橋で降りちゃいました。ふらふら

 降りてから・・・あれ?どこへ行くんだっけ?なんて、思わずうろたえました。東日本橋からの行き先といったら、紀伊国屋ホールか、新国立劇場??だけど、本日は違いますから。あらためて、次の電車に乗って、東銀座で日比谷線に乗り換えて、六本木から新国立美術館を目指しました。


shinkokuritubijutukan1.jpg

 お天気も良くて、紅葉もきれいだし・・・、黒川紀章氏設計の美術館もはえるというものです。

 日展は、知人の御主人が工芸作品を出品されているので、毎年、拝見しているのですが、それにしても、これほど多くの芸術家の作品の集大成・・にすごいなぁ。
 とはいえ、ここを頂点とすると、その裾野まで考えると気が遠くなるほどの人たちが、作品づくりに情熱をそそいでいることに・・・圧倒されてしまいます。

 日本画と工芸を中心に見て廻り、いくつか印象に残る作品もあって、美術の秋をちょっと楽しみました。


shinkokuritubijutukan2.jpg

 この彎曲する建物はちょっと、ガウディ風かも??って、本家も知らずに無茶ですが・・・??
posted by norarikurari at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

奇妙な人生

 今週も火曜日は翌日に返却しなくてはいけないレンタルDVDをあわてて観て夜を過ごしました。
 今回の映画は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』です。80歳で生まれ、ふつうのひととは逆の人生をたどって行く・・・そんな奇妙な、ありえない人生をたどる男を淡々と描いた映画って印象でした。

 もっと、あくどくも、面白おかしく描くこともできただろうけれど、そんな悪趣味でなくて・・・良かった。

 なによりも、ふつうとは違い過ぎる人生にもっと困惑したり、自暴自棄になってもよさそうな主人公ベンジャミンが、自らの運命を静かに受け止めて生きて行く・・・って・・・ある意味すごいことだと、見終って改めて感じました。

 恋をして・・でも、恋人と逆に若返って行くって・・単純に喜べないだろうな。そして、老いて行く、いつの間には母親のような立場に変わっていく女性もつらいだろうし。

 ブラッド・ピットとケイト・ウィンスレットがそんな奇妙な人生を生きる男女を巧みに演じていました。

 結局、お互いに共に年を重ねて老いて行くふつうの人生が幸せだと感じさせてくれたような・・・。
 この奇妙な人生をリアルに見せた映像とメイク技術にも感心しましたが、最後のクレジットではじめてスコット・フィッツジェラルドの原作と知ってビックリしたって、お粗末。
 
 1920年代、『ロスト・ジェネレーション』の旗手、『偉大なるギャッツビー』やら『夜はやさし』を残したものの、波乱の人生を送った彼ならでは・・・の発想だったのかなぁ。

 この、若返るというのとはちょっと違うけれど、不老不死の薬を飲んでしまった中世イタリアの王を主人公に、老いて行く恋人を何人も何人も送るむなしさに不死の悲しみを描いたボーボワールの『ひとはみな死す』だっけ?も思い出しました。それにしても、ボーボワールも流行らなくなったなぁ。

 つまらないことに思いが脱線して行くけれど、気づくと11月も残り3分の1。すでに真冬の寒さに・・・、なんとか暖房器具を出さずに無駄な抵抗をしています。寒いので、これから、ピョンピョン体操でもするかな?ふらふら
posted by norarikurari at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

どんな事情?

 本日はピカピカに晴れて小春日和となりましたが、昨日は雨、風・・・天気予報によると、突風もあるとか??最悪の天気。
 
 そんな悪天候にもかかわらず、下北沢に芝居を見に行くことになっていて・・・どうしましょう?大丈夫??と心配していたら、なんとか出かける頃には雨も上がり、やれやれ。

 今回は初観劇の山の手事情社という劇団の芝居です。ほんの少し、この劇団の関係者からの話しなど間接的に聞いて、機会があれば見てみたい・・・と思っていたけれど、なかなか都合があわなくて・・・ようやく、今回初体験です。

 今回の芝居は『山の手・女祭り・男祭り』ということで、『お茶とおんな』『おとことお酒』2本連続公演。
 両方見られると良いのでしょうが、そうはいかず、迷って『おとことお酒』をとりました。

 で、開始40分前から受け付けという・・・ことで、下北沢、本多劇場に近いという小劇場 楽園へ行くと・・『え?ここ?』
小さな扉のみ・・、さて、この扉前に並ぶのか??少し、様子を見ましょう・・・と、近くのお店をブラブラ・・したいけれど、どのお店もひやかせない??くらい小さい(トホホ)。結局、戻って来たら、2〜3人ってかんじで並んでいるひとがいて、そのあとについて、受付時間を待ち、受付番号5をゲット。ついでに、チケット代3000円を支払いましたが、開場までまだ時間があるので、さらに、近くをさまよい??コンビニで水やらMintiaを買って時間つぶし。

 さて、やっと、入場しました。小劇場だけに、見事なまでに小さいです。座席数ではどうなのか??わかりませんが・・、その昔 転形劇場というTBS裏の民間アパートにあった劇場以来かも??1974年頃のことですが・・。話脱線すると、転形劇場から大杉蓮さんが、品川徹さんが今では大活躍しています。

 ともかく、初の劇団の芝居だけに、この1本でとやかく言えないとは思いますが、なかなか実験的なお芝居だったような?
 
 『おとことお酒』 出演者の役名は石川五衛門だとか、チェ・ゲバラだとか、項羽だとか・・見るからに立派な歴史上の人物だけど、目の前の彼らは、ジーンズだったり、ステテコまがいの半ズボンだったり??・・その上に、会話も酔っ払いのヨタ話?のようで・・・?
 最初意味を掴みかねましたが、この芝居では役者の『地』から『役』までの舞台上のグラデーションで展開したい・・・ということだったそうで、確かに、最後の役になり切った役者さんたちには、あらためて『やるなぁ』と思い・・・最初からその役を演じていたら、その差異は分からなかったかもなぁ・・・と思いました。

 さらに、おとこ、おんな・・・その違い、それはきっと、互いに分からない生きものってこと・・つまり、芝居の格好の素材なんだろうな・・と思いました。どちらが良いとか悪いとか、上とか下とかではない・・単なる違いとして・・・。

 小さな劇場で、はじめて見た舞台は、やはり新鮮で、知らない世界を垣間見た楽しさがありました。また、別の作品を見たいかも・・・。
posted by norarikurari at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

圧倒されたのだけど?

 久々にレンタルしたDVDは『チェンジリング』。ご存知、クリント・イーストウッド監督作品。
 
 いま、けっこう好きな監督のひとりかも??さて、映画ですが、1920年代の実話に基づくという暗いお話し。
 
 シングルマザーのアンジェリーナ・ジョリー演じる母親が仕事に出かけている間に、息子が消えた・・・・。警察は行方不明の事実を当初、受け入れず・・・、半年後、帰って来た子は息子ではなかった・・・。しかし、腐敗する警察、行政・・・に立ち向かう彼女に対し、権力は精神病院に彼女を拘束する・・・。

 なんとも、恐ろしい展開に息を飲み、監督の手腕か、母親役のアンジェリーナ・ジョリーの熱演のゆえか・・・、まばたきさえ忘れて見入った気分でした。

 残酷な事実、それでも真実を追求する母親、犯人の死刑執行にも立ち会い・・、かすかな希望を求めて・・・、過酷過ぎる状況に敢然と立ち向かう・・母は強し!!

 見ている間は圧倒されていたけれど、あとで、ちょっと、辻褄があわないような部分にも気づき、これって、ちょっとしたサインを見逃したのか?それとも、頭が悪くて意図を理解できなかったのか??なんて、思ったりもする箇所もあったけれど・・。
 もしかしたら、話を端折った結果なのか??完璧ではないにしても・・・、圧倒的な力技にねじ伏せられた・・・感じで、見終っての一言は『ノックダウン』

 1920〜30年代の時代考証もしっかりしているのか、セットや美術の細部まで浮いた感じがないのは・・さすが(電話交換機にしても、街を走る何台ものクラシックカーにしても)。
 日本のドラマや映画では、どうしても・・・作り物めいている気がするから余計にそのリアルさにお見事って・・・感心した。

 やっぱり、映画面白いな・・と思わせてもらいました。
posted by norarikurari at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

木の落とし物探し

 あれよあれと・・・と日が過ぎて行く・・・。というわけで、11月7日(土)、子どもたちとうちの近くの林で木の落とし物探しをしたことも御報告しないままに終りそうで・・・いかん、いかん。まだ、記憶に残るうちに・・・記憶格納庫=ブログに入れておかなくては・・・。

 お天気も良く、暖かく、戸外で過ごすのが快適な絶好のの野遊び日和・・・。北総電車の北国分駅に10時集合、駅から程近い堀之内緑地へいざ出発。ここで、さっそく、何かめぼしいものはないか?と探します。ドングリは?松ぼっくりは?もっと、面白いものはないかと、みなでウロウロ・・・。セミの抜け殻があったり、ジョロウグモの網にでっかいメスとちっちゃなオスを見つけたり・・・。

moridesagashimono.jpg









 比較的新しい木の切り株があちこちにあり、年輪をかぞえてみることに・・・。しかし、密に刻まれた年輪は数えるうちにごちゃごちゃになりそうで・・・。でも、真剣に数える子もいて、こういうところに性格は現れます。


nenrinwokazoeru.jpg









 
 コナラのドングリ、クヌギのドングリ、シラカシのドングリなどが主な収穫。次ぎに堀之内貝塚へ移動。縄文人が食した貝の殻から成る貝塚には、長い年月、樹木が茂って森になっています。ここで、さっそく、群がって、ムクノキの実を味わう。黒く熟れたものは、甘い。昔の子どもには格好のおやつだったんだけど、今の子の口にはちょっとあわないのか?親の方が夢中で食べてたり・・・??そのとなりには、シイノミがいっぱい落ちていて、これも拾集。


mukunominoajimi.jpg




 みんなが森をひとまわりしている間に、私はマテバシイのドングリと、シイノミをフライパンで炒る準備。最後にみなで食してみる毎年恒例のドングリ試食会に今回は、ヤマノイモの実=むかごも少々加わって、バラエティが広がった。
 
 マテバシイはほんのり、甘味もあって、栗に近いと好評。さっぱりとした味のシイノミの方が好き・・・って声もあり、好みはいろいろ。
 最後にみんなで記念写真をとって、あっと言う間の秋の野遊び道場は終了となりました。
posted by norarikurari at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

ブログもいろいろ?

 このところニュースでたびたび紹介されるセレブな詐欺女のブログ・・・。ブログと言っても、大違いだなぁ。へぇ〜〜〜、こんなブログもあったんだ・・・って、今更ながらに、気がつくって・・世間知らずでした。がく〜(落胆した顔)

 ともかく、時はすでに11月。朝晩ぐっと冷え込んで・・新聞を取りに出る朝には、吐く息がすでに白くなったりもする??
 ふらふら

 寒いのは大の苦手・・、暖房費もかかるし・・・トホホなんで・・・、できれば身勝手ですが・・・暖冬希望。

 それはさておき、最近つくづく感じるのは、年を重ねるって、予想だにしない大変なのことなんだなぁ・・・と。ホント、うかつにも若い頃はもちろん...最近まで気づかなかったけれど、まさに『弱り目に崇り目』って状況になるのが、老いなんだなぁ。

 なんか、人生の知恵が積み重なって、熟成、風格、品格、味わい深くなるか・・と思ったけれど、誰もがそうなれる訳ではない。というか、ふつうは、まったく、そんな境地は無理無理みたい?
 むしろ、体のあちこちが不具合になり...、苦痛に悩まされるって・・夢も希望もなくなりそうですが、そんな中でも憧れるかっこいいお年寄りがいない訳じゃない。

 できれば・・・、あんな風になりたい・・・って、無理に決まっていますが、見るだけでもいいなぁ・・・って、例をあげると、たとえば、クリント・イーストウッド。
 若い時から知っている??あの、クリントが・・・こんな名監督になるとは・・・思ってもいませんでした・・・って、単に見る目がなかったのか?ともかく、年を重ねても衰えず、名作を生み出す・・・、枯れた魅力を発揮って、かすかな老年の希望の星かも??わーい(嬉しい顔)
posted by norarikurari at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする