2009年06月27日

伊達に年を重ねて?

 もう、6月も残りわずかとなりましたが、何をしていたんだろう??なにしろ、「ふぁ〜〜〜、月曜だなぁ・・・・」と思っているうちに、気づくと金曜日で1週間終了・・・・。

 早い、早い、火、水、木とちゃんとあったのかなぁ・・・記憶あやふやって・・・ボケも進化しているみたいです。がく〜(落胆した顔)
 そんな日々が半年も過ぎてしまう・・・もったいない!!

 実は、年を重ねるって、日々、未知なる領域へとそろそろと足を進めている感じで、驚くことが多々あります。ふつうにできていたことが、『どっこいしょ』となったり、筋肉痛になったり・・・、驚くことが多くて、でも、これを刺激的とは決して言いません。ふらふら

 昨日はもぎたてとうもろこしを、たくさん、もらいました。さっそく湯がいて・・、さて・・・、実は昨年知ったことなんですが、とうもろこし、丸かじりするには、しっかりした前歯が必要でした。ビーバーだったら良かったのになぁ。
 
 ちょっとガタの来た前歯では、あぶない、あぶない・・・。ということで、とうもろこしをひと粒づつ手でつまみ捕って食べることに・・・、まあ、なんとも時間がかかる。どんっ(衝撃)でも、甘いとうもろこし、食べたい一心で・・・。
 
 酒を飲む間もなく、食事時間がなんと小一時間、ひたすら、とうもろこしと格闘でした。わーい(嬉しい顔)

 ホント、この先、どんな新発見、新体験をするのか?でも、ぜんぜん、ワクワクはしませんけれど・・・。ふらふら

 写真は今夜も、挑戦する予定のとうもろこしです。

morokoshi.jpg
続きを読む
posted by norarikurari at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

梅雨真只中?

 いつの間にか、6月も残り少なくなって来ました。このところ、どっぷり梅雨モード、もう、関東圏は雨にいささか、うんざりして来ていたら、本日は珍しく晴れました。ホント、気紛れ・・なお天気に翻弄されていますが、そんな中、運良く利根運河の生態系を守る会主催 自然観察会は、晴れて暑くなりました。

 6月20日(土)、今回の観察場所は、流山市西深井の運河近く。新川耕地の水田地帯と国有地には、生き物がいっぱい。

 9時に運河水辺公園に集合して、いざ出発。


ungakansatukai2.jpg

 8時15分に車でうちを出て、現地集合のつもりが、現地到着が8時45分。で、9時スタートの運河公園にむかい、なんとか、出発する瞬間に合流しました。
 
 みな、天気に感謝しつつの出発・・。ところどころの植物なども観察しつつ、本日の観察ポイント、新川耕地へ。

 ここには、すご〜〜く珍しい夏鳥のヨシゴイが営巣しているって、内緒ですよ・・・。バーダーがどっと押し寄せたら大変。

 ヨシ原には、オオヨシキリ、セッカの声もして、にぎやか・・・。この水田地帯の水路で生き物観察と鳥を観察するグループに別れて、思い思いに、楽しむことに・・。

 お目当てのヨシゴイは、ヨシ原の上を低く何度も何度も飛ぶ。翼を広げると、羽根先が黒く、褐色、白、黒と目立つ色調がきれいだ。思ったより、多くの個体がここに営巣しているみたい。神経質になって飛び交っているようで・・・申し訳ないけれど、たっぷり観察できた。
 
 ここには、コヨシキリもいるという・・ということだが、鳥の声を聞き分けようとしても、なかなか難しい。

 ともかく・・・自然の中で生きものの気配を濃厚に感じられたら、ただ、それだけで嬉しい。

 水路には、メダカ、ドジョウ、フナ、カメにトンボのヤゴなどもいたようで、トウキョウダルマガエルは子どもたちのおもちゃに・・・なったりした。


ungakansatukai4.jpg

 大人も子どもも童心に返って・・・梅雨の合間の晴れ間に自然観察を楽しんだ半日。まだ、その後も楽しむ参加者から一足お先に失礼して、ちょうどお昼には帰宅したのでした。

 言い忘れましたが、この新川耕地の生きものの楽園を、『ウェットランド・ヨシゴイの里』として、会が行政に働きかけて、保全を目指しているんです。そこを観察会で多くの方に知ってもらおう・・・ってことでした。
posted by norarikurari at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

目まぐるしい1週間

 ホント、1週間ってあっという間に過ぎていきます。手ごたえないですね・・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

 今週、月曜に免許の更新に行きました。なんか、億劫なんだけれど・・・・行かない訳にはいきません。まあ、億劫になる理由のひとつは、視力検査。右目がド近眼で乱視・・・、さっぱり見えないもので、毎回、別室で視野検査を受けなくちゃ・・いけない。う〜〜ん、学校の頃から、こういう、『別室』とか『別の検査』って苦手で・・・、だから、ふつうにさっさと更新手続きが進まない・・・ことが分っているもので...何となく、二の足踏んじゃう・・・感じです。あと、しっかり、更新料をとるんですよね・・。車検でとって、免許更新でまたとって、国家ってほんとひとの財布から金を抜き取る術にたけている。ちっ(怒った顔)

 まあ、それでも、無事免許更新すんで、次回は5年後、大丈夫かなぁ??次回もちゃんと更新できるか??がく〜(落胆した顔)

 車関連で言えば、私の車、もう8年も走っていて、走行距離はそのわりに6万キロ台ですが、まあ、タイヤがかなり消耗していて、交換が必要。で、ディーラーからの見積もり、高い!!近くのガソリンスタンドに聞くと、それより1万円くらい安い。ついでに、もう1軒のスタンドにも聞いたら、2千円ばかり高い。つまり、ガソリンスタンド1<ガソリンスタンド2<ディーラ−・・・ということで、本日、ガソリンスタンド1へと車をもって行きました。で、安価にタイヤ交換をしてもらえて・・・めでたし、めでたし。

 いつもの私なら、面倒だから、値段に係わらず、ディーラーさんにお願い・・・だったけれど、けっこう値段違うものだと分って,,,何しろ同じタイヤだし・・・まあ、スタンドまでもっていって、引き取りにいって・・・多少手間はかかりますが、1万円の違いは大きい・・・です。
 ともかく、明日から、新しいタイヤになって・・・・走りはちがうんだろうか?わーい(嬉しい顔)
posted by norarikurari at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

トンボの羽化と仰天モグラ

 14日(日)は毎年恒例、葛飾区郷土と天文の博物館主催、江戸川野遊び道場早朝観察会でした。天気予報では、梅雨時だけに雲曇りと雨マーク雨とあって・・・、開催できるのか不安??

 せっかく、早起きしてトンボの羽化を見ようという企画だけど、お天気次第ではトンボの羽化が見られるかどうか?出たとこ勝負がく〜(落胆した顔) 印西牧ノ原駅午前7時集合というのに、大勢の親子が集まって元気いっぱい。しかし、出発するときに、かすかに霧雨が降り出して・・・どうなるか??大丈夫か??
 なんとか、降らないで・・・・との祈りが通じたか、その後、曇天ながら雨にはならず・・・ホっ!

 台地の下に広がる谷津田に降りて、観察する水田へ。さて、どこにいる?見渡しても、すくすく育つ稲が風にゆれていて・・・さっぱりトンボの羽化はみつからない??

 水田脇の水路、昨年までは土の水路だったところがなんと、今年は三面コンクリートに改修されてしまった。その水路に何やら泳ぐ物体発見!がく〜(落胆した顔)ネズミ色をしたその物体・・・ネズミ??と思ったら・・・なんと!なんと、モグラexclamation&question
 
 水路に落ちたものの、コンクリートの壁に這い上がれず、泳ぐ泳ぐ・・・必死の様子。参加の親子に声をかけ、しばらく、超珍しい「泳ぐモグラ」を観察後、手網で救出。わーい(嬉しい顔)
 

mogura2.jpg

 掲げた網の中には、もぐらが・・・。


mogura.jpg






 






 網の中のびっくり、ぐったりの?モグラを観察してから、「気をつけるんだよ」と安全なところに解放してやりました。

 

 さて、気を取り直して、田んぼを見れば・・・、あ!ヤゴ?あれ、トンボが止まっている・・・。羽化したものの、まだ翅が乾いてないから飛び立てないトンボが・・・あっちにも、こっちにも・・・。羽化殻を手にする親子も...。
 
 お天気は芳しくなくても、トンボは羽化していた・・・。


akatonbouka.jpg


 真剣に見つめる先に、羽化したアキアカネが・・・。

 別の田んぼでは、オオアオイトトンボも次々に羽化していた。このトンボは、水辺の木の皮中に卵を産み、返ったヤゴは水に落ちて・・・そこで羽化まで過ごすということで、水辺と樹木が一体になった場所でのみ見られる。殻から細い体が抜けていく瞬間まで見ることができた。

 そのあとは、近くの水路で、ドジョウ探しに夢中になる親子たち。オニヤンマのヤゴもみつかる。珍しいスナヤツメをゲットしたのはお父さん・・・。みんなでしっかり観察。

 子どもたちの中には、クワの実を採るのに夢中になる子もいて、思い思いに自然を満喫。昔はあたりまえのことが、今はこうして電車にのってやってきて・・・イベント?になっている。楽しい自然体験ということで、良し・・としましょう。


dojou.jpg



noasobi0906.jpg






 



 
 ガイド役、いえ、ガキ大将のつれあいが、みなが見つけた生き物の説明などして、早起きした甲斐のあった・・・観察会は11時過ぎに無事終了。

 泳ぐヘビも見られたし、ヘビの抜け殻ゲットの子もいたり・・・、「早起きは三文の得」は本当だった!!
posted by norarikurari at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

まんまと引っ掛かった?

 梅雨空が鬱陶しい毎日??それにしても、日暮れが遅くなって午後7時くらいまで明るくて・・・・なんかうれしい・・・のは、単なる能天気だからでしょう。

 ところで、「まんまと引っ掛かった」と言っても、詐欺じゃないです。昨日、池袋の東京芸術劇場の芸術監督に就任した野田秀樹さんから手書き?のダイレクトメールが届きまして、イギリスの小劇団『プロペラ』の公演ご案内でした。

 男だけの芝居で、『ベニスの商人』と『真夏の夜の夢』を上演するとか・・・.
『飛んで歌うオトコたち、プロペラ。最高にハッピーなオトコたち、プロペラ』だそうです。
 なんかよくわかりませんが、野田さんが、ノダマップの先行会員にまで頼み込む??ってめったにない?こと?いえ、初めてのことだし・・・、
『是非是非、ご高覧あれ』ということで・・・、チケット取りました。野田さん、まんまと作戦成功です。

 ちょうど7月の観劇予定がなかったし・・・、5日のマチネー、それもA席は 4500円ということでしたからね。
 5日の公演は、シェークスピアの『真夏の夜の夢』、超有名作品ですが、読んでません。見ていません。予習は必要かな?「イヤホンガイドを用意していますので言葉の心配はいりません」とありましたが??

 それにしても、チラシにはすごく小さな文字で「65歳以上の方はS席半額」の文字・・・。S席6500円の半額って、A席より安いって!!・・・、早く65歳になりた〜〜い・・・、私がなる時までこの半額サービス続いていますように・・・・(でも劇場チケットサービス窓口まで身分証明書持参だそうですが・・・)。
 
 世の中、不況のせいでしょうか?芝居のチケットが少〜〜し取りやすくなっているみたいで・・・、良いのか、悪いのか??

 『プロペラ』といっしょにあったチラシ『ザ・ダイバー』日本バージョンのチケットはとれるのかなぁ??先行予約・・・ありますよね・・・野田さん?
 
posted by norarikurari at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

嘘に嘘が積み重なって・・・

 久々のカトケンのお芝居を見に下北沢へ。先月に続いての下北です・・。

 本多劇場で『パパ、I LOVE YOU!』

 その、うたい文句は「恋と嘘が病院中を駆け巡る!」「笑劇王レイ・クーニーの超スピード・ハイテンション・コメディ!!」

 作:レイ・クーニー
 訳:小田島雄志、小田島恒志
 演出:加藤健一
 
 出演:加藤健一、村田雄浩、一柳みる、日下由美、加藤義宗・・・・ほか

 ロンドンの大病院のとんでもないある日の出来事、ひとつの嘘が嘘を呼び、ドクターにナース、患者たちも巻き込んで、どれがホントかわからぬままに、病院中が大パニック・・に。

 もう、難しいことを考えずに、ただただ目の前の舞台で繰り広げられる・・・バカバカしくもおかしな・・・出来事に笑いころげました・・。実際には、ああも次々に嘘が嘘を招く・・・って事態はないかもしれませんが・・・。そして、結局・・・無理に隠しても・・・嘘はばれる・・との教訓??

 それにしても、芸達者な皆さんのハイテンション・コメディは文句なく面白かったのですが、実は始まってすぐ・・・「あれ??これ前に見たような・・・」そうです、タイトルが違っていたので気づかなかったけれど・・・2004年に上川隆也さん主演の『イット・ランズ・スルー・ザ・ファミリー パパと呼ばないで』と同じだった。

 その時も「嘘に嘘を重ね、それがいつばれるか・・・スリル満点」と感想を記したり、さらに、ドラマの設定がクリスマスの3日前だったのに、当時7月18日の観劇はで違和感が・・・とあった。

 今回もまあ、クリスマスの設定とはちょっと時期はずれだったものの、このいきなり現れた元彼女とその息子の設定からしたら、やはりカトケンの方が上川さんより年齢的にはぴったりだったかも??

 日常に目立って面白いこともない日々だから、思いっきり笑わせてもらえて・・・すごく楽しいでした。

 ここからは蛇足ですが、下北へ向かう途中、ふたつの落とし物をして、帰りに無事回収してきました。それにしても、ぼけたなぁ・・・(トホホ)。
 ひとつ目は押上駅で スイカのチャージをしていて、パスケースを忘れ・・・、二つ目は表参道駅で飲物などを購入時にレジに文庫本を置き忘れた・・・。

 いずれも、しばらくして気づき、駄目元で帰りに問い合わせたら・・無事、保管してもらっていました。良かった!!めでたしめでたし・・。
 
posted by norarikurari at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ぼ〜〜〜っと見る「街歩き」

 金曜の夜はどこかのんびり気分になって、ただぼ〜〜っと「世界ふれあい街歩き」を見るのが最近の定番です。

 昨夜はマルセイユで、港町らしい雰囲気。丘の上に教会、その上にそびえる聖母子像が市内を守っている?

 その昔、卒業した神戸の学校にもマルセイユの聖母子を真似たらしいマリア像があったので、ちょっと本家を見てみたかった次第です。本家は金ぴかなのに、びっくり。

 マルセイユの男たちは、女と見たら「くどく」・・・ラテン男の面目躍如が面白い・・・、ヨーロッパの町並みはどこも程よく古くて美しいなぁ・・・とこれは毎度感心してしまう。

 以前の番組で印象に残って、訪ねてみたいって思った街のひとつはミュンヘンでした。ミュンヘンって、オリンピックとその折のテロ事件、それにヒントをえた映画「ミュンヘン」くらいしか印象になく、ビールで有名??だけど、まるで興味がなかった。
 でも、ドナウの旅の出発点だったり、街中の公園のようなところで、楽し気にビールを昼間から飲む人びと・・・なんか、心地よさそうな雰囲気が伝わって来た。「ビールを飲みにミュンヘンへ」って・・・あり得ないけれど、やってみたい夢。

 それにしても、知らない街の方が興味をそそられるもので、とはいえ、知っている街など?あるか・・・と言われたら、どこもない。過去に、大昔に訪ねたことがあるブルージュとコペンハーゲン・・・・、放送で見たら・・・まるで知らない街のようでした。考えたら、観光客として訪ねたのは街のほんの一部、それに記憶も薄れているから・・、わずかに記憶に残っている場所を訪ねてくれないと知らないに等しいとわかりました。
 
 コペンハーゲンと言えば、有名な人魚姫の銅像、それに王宮の衛兵・・・、チボリ公園、確か写真とったはずなのに・・・え〜〜〜こんなところだった??と思い、ようやく、番組最後に黄昏の港町風景が、「そうそう・・・ここ歩いたっけ」って記憶がよみがえった場所でした。

 やはり、知らない場所を「へ〜〜ぇ、良さそうな街ね・・・」とぼんやり見ているのが一番。
 
 それにしても、ちょっとびっくりしたのは、ベトナムのハノイだっけ?ちがった・・・・ホーチミン市(かつてのサイゴン)の道路の下にベトナム戦争当時の地下施設が残っていて、観光名所?になっていたり・・・、米軍の残した物資がお土産物になっていたり・・・・、にもかかわらず、若者は「ベトナム戦争、知らない」って・・・。戦後生まれが増えて来ているってことでしょうが、30年くらい前のこともどんどん風化していくんだなぁ・・・と。

 というわけで、金曜の夜は「世界ふれあい街歩き」ぼ〜〜〜っと見ています。
posted by norarikurari at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

雑誌好きだったのに・・・

 もう6月になってしまいましたが、きっと、『え〜〜〜、もう6月?』なんて言っている間に、さらに時間は過ぎてしまいそうです。少しは、のんびりと、ホッとしたいけれど、いつも時間に追われて・・・しかも、だからといって何もやっていませんが・・・。ふらふら

 ところで、『読ませるブログ』という本があるらしい。ベスト新書刊、著者は樋口裕一さんで、689円とか??週刊朝日の「週刊図書館」で紹介されていたけれど、この本は「たくさんのひとが訪れるブログの書き方や心構えを伝える」ものだとか。それによると『立ち位置を明確にしてキャラをきめる』『おもしろい文章の条件は、読み手が知らない情報や体験が含まれること』だそうですが、そんなこと考えていたら、ブログなんて始められないよ・・って、思うのは、単にずぼらな私だけかも??がく〜(落胆した顔)

 このブログを始める時、キャラなんて・・考えてませんでした。ただのおばさんが、逆立ちしても(実際はできないもうやだ〜(悲しい顔))、いったいどんなキャラになれるというのか?無理な設定をしても、長続きしないだろうし??

 だから、ここを訪れる方はホントに限られているってことでしょうが、ブログへき地をお訪ねいただき、ひたすら感謝、感謝で、言葉もありません。

 それはさておき、話はいきなり飛びますが、最近、雑誌が不振とか?この不況のあおりをくらっているのかもしれませんが、確かに、かつては大の雑誌好きだった私も、最近は、残念ながら、さっぱり雑誌に魅力を感じなくなって来ています。

 この違いは何だろう?雑誌って、いろんな情報がごった煮のように詰まっていて、すごく興味をそそられたもの・・・。ファッションだ、インテリアだ、映画にアート、もう、ワクワクして毎月、雑誌を買い漁ったこともあったのに・・・、最近は、立ち読みで、終わったり、立ち読みすら省略・・って、考えられないような・・・状況。

 結局、ネットで、気になる情報はゲットできる・・ってことなのかなぁ?
 それは、ちょっと、違うという気もするし、本当は、もっと掘り下げた、しっかりとした批評も欲しいとは思いつつ、でも、つい、目先のことだけで、終わってしまう。社会の底が浅くなるってことなのかなぁ??いえ、単に自分の底が浅いだけ? もうやだ〜(悲しい顔)
posted by norarikurari at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする