2008年10月27日

どうなっているの?お天気の観察会

 26日(日)はつれあいの行なう定例観察会です。1週間前くらいから天気が気になります。原則、雨天決行ですが、でも、外歩きですから、やはり天気に越したことはない・・・。最初、「曇り」だった天気が徐々に「晴れ」マークがあらわれると正直嬉しい・・・と、思ったら・・・なんと、当日朝、雨が降っている。聞いてないぞ・・・。昨日も朝の天気予報も、『曇り』とはなっていたけれど・・・、なんじゃ??この雨は・・・。

 まあ、天気にはどれほど苦情を申し立てても、なんともならないから・・仕方なく出かけた・・。案の定、参加者はいつもより少ない・・・。松戸駅に集合し、バスで国府台駅へ。バスって、やはり運賃高い・・・。ひとつ手前のバス停までは290円だったのに、ひと駅越えただけで50円アップ・・・の340円(トホホ)。
 ともかく、京成国府台駅に集合の方たちと合流して、まずは江戸川へ。幸いというか?なんとか、この時に雨も上がって、まあ曇天にはかわらないけれど・・・、それでも傘をささないだけ、まし!江戸川の対岸でかつて、植物学者・牧野富太郎がムジナモを発見した・・その場所と植物について、つれあいが説明。

 その後、真間山弘法寺の石段を登って、境内へ。ここにある枝垂れ桜は有名。かつて、この近くに住んでいた時に見に来たけれど、なかなか、咲き頃の判断が難しかったっけ。

gubouji.jpg
 
 ここから、木内ギャラリーへ。かつてうっそうと樹木の茂るお屋敷(木内邸)のあったところにマンション計画が持ち上がり、随分、激しい意見が戦わされた。自然を守りたいと願う建設反対運動があり・・行政、マンション建設業者、さらに市民のはなしあいによって...なんとか残された樹木たち・・・、もちろん、かつてのようには行かないけれど、それでも、なんとか、少しでも良い形で折り合いをつけようとした...その苦難の結果として、自然の中にマンションは目立たぬ形で存在している。そして、木内邸の一部を残したギャラリーでもいろいろな展示会やコンサートなどが行なわれている。

 ここから、江戸川へ出て、里見公園を抜ける。ここには、野良猫が随分前から何匹もいて・・・・、その中の1匹の面構えに感心・・・。この冬が暖冬だといいけれど・・。

norachan.jpg

 旧坂川の江戸川への出口部分、保全されたところは、今、ワンド状になっている。そこから歴史的遺産の柳原樋門を見て、矢切の斜面林へ....。野菊の墓文学碑のあるところで、昼食。午後は、浅間神社の極相林、千葉大園芸学部、徳川成彬の別宅、戸定邸をまわり、最後は、坂川できれいな水の流れを見て、いつもより早いけれど、観察会を終えた。最後まで、ともかく雨が降らなかっただけで、良かった・・・としたい・・・と言う感じの観察会でした。
posted by norarikurari at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

記憶があやふや??

 いつの間にやら、10月も下旬・・って、信じられない。がく〜(落胆した顔) たいして何もしていないのに・・・どこへ行った・・・10月1日から23日までの毎日は?・・・と言う気分になるのは・・・もしかして、記憶障害??はっきり言って??ボケ???

 ほんと、「そういえば・・・昨日何したっけ?何食べたっけ?」と・・・呆然とすることも、少なくない・・・。まだ、なんとか、必死で思い出すことができるから、大丈夫か??ふらふら

 それにしても、最近、ゲーム機で脳トレとか、CMで見かけるけれど??あれって・・・ハマると単にゲーム中毒??じゃないの??

 それより、外に出て、木を見たり、ひらひら飛んでいる蝶や蛾やら...トンボやら見る方が、安上がりで、楽しい気もするけれど??さらに、名前調べたり、どんなところに生息して、どんなエサをとっているか??とか、気になり出すと・・・結構、脳トレになるような???
 でも、実は、そんなことをもう十数年??やっているのに、さっぱり、覚えられず、見極められず・・・、どれを見ても、似たり寄ったりとしかみえない・・・って、やっぱり、記憶障害かなぁ??もうやだ〜(悲しい顔)

 そんな悩みもなく、のんびり昼寝の黒猫・ゴンは、「天高く、ネコ肥ゆる秋」・・・ひたすら・・・・食欲を追求する日々。猫 羨ましいな・・・デブでも「可愛い」っていわれるんだから・・・。

hirunenogon.jpg
posted by norarikurari at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

秋を感じて・・・・

 久しぶりに18日土曜日は子どもたちとの観察会でした。幸い天気よ〜〜し!!東武野田線、南桜井駅に集合。8月のバスツアー以来ですが、元気な親子が捕虫網など手に手に期待いっぱいの様子。

 今回は、まず江戸川堤を目指して歩く。国道16号を越え、香取神社を過ぎると、ようやく江戸川堤防。広々とした空間は気分が良い。国道16号の地下に中川や大落古利根川の洪水を江戸川に流すための巨大な管が設置され、さらにその水の調整用の地下施設がある。その地下施設見学も目的のひとつ。

 ということで、まずは龍Q館で、その施設の機能や目的等の説明を映像や模型で分かりやすく話してもらう。一応、わかったところで、いざ、地下施設へ。107段の階段を降りて、たどり着いたところには、デカイ柱が林立する巨大な空間。ここに洪水が貯えられる様子はちょっと想像がつかないほどだ。


chikashinden0810.jpg

 巨大施設に圧倒されて、再び107段の階段を登って地上へ。もどってホッとした気分。お昼は天気も良いので、江戸川堤防で・・・。

 午後は昆虫を追いかけて、自由に楽しむ感じ。トノサマバッタ、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、イナゴ、エンマコウロギから、アキアカネ、ナツアカネ...それに蝶もまじって・・・、虫好きは追い掛ける、追い掛ける。自由に走り回って安全な空間はホントに貴重。


noasobi0810B.jpg

 昨年は、同じ場所で、タヌキ、キツネ、イタチの足跡を見ることが出来たが、今年は台風も来ないので草がしげって・・・足跡観察はできず、唯一、タヌキの足跡しか見られなかった。

 でも、思いっきり捕虫網を振り回したり、捕まえた昆虫を観察したり・・・、自由な時間は楽しかった。
 
 お目当てのものが見つかっても、見つからなくても、秋の空気を感じる1日だった。
posted by norarikurari at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

蛾やら蝶やら

 天気がよくなると・・・、ぼさぼさ、茂るにまかせたネコの額ほどの庭にもハチやら蝶やらいろいろやって来る。まあ、おおむね、写真にとれるほどの派手できれいな連中ではなかったりするけれど・・・、今日はアオスジアゲハが熱心に野菊の蜜をすっていた。まあ、ひとつの花にはほんのわずかしかないからだろうけれど、それでも飽きもせず、丹念に飛び回っていた。


aosujiageha.jpg

 そんな明るい日向を好む蝶に対して、玄関脇の外灯近く、壁にペたりと止まるのは・・・白っぽい蛾。ちょっと見、白一色かと思ったけれど、図鑑と首っ引きで・・・調べたところ、形からして・・・・どうやら、薄茶のラインが入っているウスキツバメエダシャクらしい・・。あらためて良く見たら、本当にちゃんとライン入りだった。でも、午後に出てみたら、どこかへ去ってしまっていた。とりあえず、証拠写真1枚、なんとか撮れていたから良かったけれど・・・。


usukitubameedashaku.jpg

 居ながらにして、自然観察・・・。そうそう、うちは蜘蛛も拒否してないので、あちこちにいます。まあ、たいして珍しいものじゃないけれど・・・、共存するためには、布団を干すにも人間が遠慮したり・・・。ちょうど、ベランダの手すりと生け垣の間にジョロウグモが網を張っているからです・・・。
posted by norarikurari at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

芝居ってやっぱり楽しい!

 世間もやや景気後退のようですが、我家はさらに・・・何歩も先を行く景気後退状況にあり・・・、のんきに芝居どころではない・・・。と言うことで、手持ちの最後のチケットがシアター・クリエで目下公演中の『私生活』。
 
 本日、マチネーを見てきました。脚本はノエル・カワード、数々の名作を産んだイギリスの著名な作家ですから、まあ、本に関しては間違いないか???と。演出が、ジョン・ケアード、出演も内野聖陽、寺島しのぶ、中島朋子、橋本じゅんという芸達者ばかり・・・。ということで、期待はつのります。
 
 昨年、オープンしたシアター・クリエでのお初の観劇です。物語は、ド−ヴィルのホテルのバルコニー、新婚のふた組がそれぞれにハネムーンを楽しむはずが、なんと、そこでエリオットはケンカ別れした元妻・マンディにばったり・・・。で、最初はケンカごしだったのに、いつの間にか、新婦、新郎をおいて、手に手をとって..パリへ逃避行。男と女って・・・ホント、気分次第??喧嘩するほど仲が良い??夫婦喧嘩は犬も食わぬ・・・。ともかく、ケンカと仲直りを繰り返す・・・男女の機微、共感したり??まさか??そこまで??とか、スピーディな展開、ユーモアたっぷりな会話で、笑いがいっぱいということで、楽しい芝居でした。4人の役者さんの会話のテンポが楽しい・・・。肩の凝らない・・・洗練されて、後腐れのない・・・芝居って、やっぱり好きだなぁ・・・。

 それに、寺島しのぶさんの衣裳がす・て・き!!特に、最後の豪華な毛皮のついたコート、すごくお似合いだし・・・、いいなぁ・・・と、目の保養でした。
 内野さんのタキシード姿もカッコ良かったです。橋本じゅんさんは、最初、センター分けの整髪料で固めたヘアスタイルが意外で、ちょっと、別人のようで・・笑っちゃったけれど・・・。演じる、やや野暮ったいヴィクタ−らしい雰囲気だった。中島さん演じるシビルはちょっと、冴えない女性のようで・・・、役としては違和感なく・・って言っていいのかどうか??ゴメンナサイ、そう言い切ると、ちょっと微妙ですよね。

 ともかく、やっぱり、何としても芝居は見たいぞ・・・と確認できたのでした・・・。ホント、芝居の魅力再確認したので、次のチケ取り、どれにしようかな??
posted by norarikurari at 20:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

あれよ、あれよと・・・

 もう、10月も10日となりました。早い!10月になって10日間何をしていたのか??述べるほどのことはまるで、いっさい・・・していないのに・・・時間だけ過ぎました。
 かつては、体育の日でしたっけ?東京オリンピック開催日ということで、国民の祝日になったのに・・・あまりに昔のことで、記憶にない??いえ、すでに充分、記憶していても良さそうなものですが、何分、当時は関西在住、いまよりのんびりした時代・・・、東京が遠くに感じられて...正直、感覚としては、今の北京五輪より、距離のある出来事のような気がしたなぁ・・・。大学で、東京から来た友人に、東京五輪を熱く語られて・・・ついて行けませんでした。

 まあ、ともかく、月日は日々、あっけなく、過ぎていき、何もしなくても、過ぎていく・・・。月曜だと・・・思ったのも、束の間、もう金曜日に来ているけれど、でも退屈していないってことは、幸せ??
 ともかく、日々、実感するのは、うちの黒猫がぐんぐんとふとっていくこと。すっかり、小型のクマか??という感じ。人間と違って、体重を気にすることもなく・・・ぷくぷく太って可愛いね・・なんて、言われちゃうし・・・、来年初夏には、スリムになるし・・、その変幻自在が、うらやましい・・・。

 目下、動物行動学の権威、日高敏隆氏の「ネコはどうしてわがままか」(新潮文庫)を読んでいる。日々、ネコにあごで使われる身としては、ぜひ知りたかった・・・謎が、ある程度、解明されたけれど、顎で使われる状態はまったくかわらないことも、分ったのでした。
posted by norarikurari at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

発見?

 引き出しの奥から出てきた紙袋に、たとえ、数千円でも入っていたら・・・嬉しい。わーい(嬉しい顔)

 本日、郵便貯金通帳を探して・・・、引き出しの奥というか・・・引き出し最下段の底板にいくつも落ちていた紙切れなど取り除いていたら、目指す通帳の他に・・・紙袋が二つ見つかり・・・中から、まあ、数千円とはいえ、入っているのを発見!!すっごい・・儲けた!!って気分になるって・・・、もともと自分のものなんだし・・・考えたら変なんですが・・・まあ、気分は「ラッキィ〜〜〜!」

 そういえば、かなり前だけど、相当古いバッグを処分しようかな??と中をのぞいたら、封筒があって、そのまま破って捨てかけて・・・、でも、『待てよ!』・・・何か入っているみたい・・・とのぞいたら、3万円見つけた時には、驚きや喜び以上に、自分に呆れた・・・。なぜに、忘れて・・・そのままになっていたのか???と。
 まあ、気をつけた方がいい性格です。でも、今日はちょっと、『シメシメ』って気分。わーい(嬉しい顔)
posted by norarikurari at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

お気に入りは・・・

 すっかり、怠けモードになっているけれど、まあ、それがどうした??と開き直って、実際のところ、特に期待がないだろうブログでしょうからね・・。
 
 ともあれ、昨日今日と、これがすっきりとした秋晴れ・・とても心地よい天気。昨日は父の命日で、やはり、同じように秋晴れの素敵な朝に、旅立ったっけ。旅好きだった父は、さすがに旅日和を選んだなぁ・・・と思ったけれど・・・この時期はだいたい秋晴れになるんでしょうね。

 このところ、車検が2件もあったり(私の車とつれあいと・・・)、地震保険の更新やら、もう出費にトホホとなり、芝居も縁遠くなっています。コクーンの『人形の家』、本多劇場の『シャープ&フラット』(これはチケ取れず)、シアタートリムの『THE DIVER』どれも見たかったのに・・・、悲しいかな・・チケ取り以前にチケ代資金難という問題発生でした。

 というわけで、このところ、なるべく安上がりな楽しみは、夕暮れの雲鑑賞だったりしています。この時期、夕暮れ前に、晴天だと、雲がバラ色に染まって、それは美しい。まさに『MY FAVORIETE THINGS』です。


 
baraironokumo.jpg

 空はあわい空色、そこに浮かぶ雲が、ほんのりバラ色・・・って、夕焼けよりも、淡い・・美しさです。この色のバランスがなんとも、絶妙で、どんな画家にも難しい天空の作品って感じでイチオシ。
 いつの頃からか、溜息混じりに眺めるお気に入りの名画です。
 

posted by norarikurari at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする