2008年01月30日

郵便事情?

 郵便って、あまり活用されないものになって来ているのでしょうか? 我家では、ミニコミ誌発送を含め、郵便を頻繁に活用している方ですが、時々エ〜〜っ?と思うこともあるんですよ。がく〜(落胆した顔)

 たとえば、郵便を市内とか、江戸川を越えてもごく近くの都内(葛飾区など)に発送する場合、午前中に出すとしたら、速達なら即日到着か?と思うと・・・・、そうはいかないんだそうです。

 車でほんの1時間かかるか?って距離ですけれど・・。それでも速達にしても、一晩どこかの郵便局に留め置かれる???ってことになると、今さらながらに教わりました。民営化しても、実態は・・・・あんまり、かわらないんですね。
 
 これでは・・・普通便でも同じジャン!!ちっ(怒った顔) 
 
 即日届けは、バイク便でないと無理なのか?バイク便は高いし・・だったら、自分で届けるしかないのかなぁ?  ふらふら

 結局、無理して、急いで投函しても・・・結果はたいして違わないのか・・・と、ちょっと残念に思ったりもしました。

 そういえば、先日観劇した『キル』で、美しい愛の言葉を取り交わすには手紙がふさわしかった・・・けれど、郵便は急いじゃいけないのか・・・。
posted by norarikurari at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

08年最初の観察会

 寒い・・・、ホントに冷え込む朝、まずすっかり寝坊癖がついているので午前6時起床は相当の覚悟を必要としました。まだ暗いのに、起床して、簡単なお弁当づくり。今年最初の観察会の準備をすませ、午前8時、集合場所の松戸駅へ向かう。

 今回、新聞の行事欄にもいろいろ紹介してもらったからか、初参加の方も多い。ということで、まずは江戸川へ向かってスタート。江戸川堤防上からは澄んだ青い空、富士山、丹沢の山並、秩父連山、対極に筑波山・・といずれも遠いが山が良く見える。


asanoedogawa.jpg

 上葛飾橋からは、チョウゲンボウ?が飛び立つところなどみられたらしい・・・が、最後尾の私は、上空を飛翔する小さな姿を見たのみ。上葛飾橋を渡り切り、小合溜にそって歩くが、まるで鳥の姿がない・・・・。とはいえ、上空に『あれは・・オオタカ?ノスリ?』確かに悠々と飛翔する猛禽を見たが、その後、レンガ製の閘門橋を渡って、水元公園に入ったところで、上空にカラスとからむノスリをたっぷりと見られた。


rengabashi.jpg

 『カワセミの館』前の池で、カワセミを見られたという方もいたが、ちょっと早めに出発して、残念私は見てません。
 日陰の水辺は氷っているという、寒い日だが、水鳥は不思議と平気らしい。マガモの頭部の輝く緑の美しさ、ハシビロガモ、オオバン、バン、カイツブリ、コサギなど、じっくりと見るとどれも美しい。 木立には、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、パラパラと飛び交う様を見る。
 ツグミはもちろん、アカハラ、シロハラも木立を出たり入ったり・・・観察できたひとも多かったようだ。
 
 昼食後、観察ポイントの小窓からのぞくと、オオタカが獲物を狙って枝に微動だにせずにいる。鋭い目までスコープでじっくり観察。
 メタセコイアの林の中でカメラを構えるバーダーが狙うのは、ルリビタキのメス。可愛いらしい・・姿を、飛び立ちもせず、じっくり見せてくれた。

 さらに・・・、驚く程たくさんのスコープ、超望遠レンズが林立する・・・・その先にあるのは・・・アイドルでもスーパースターでもなく、小さな鳥。これが、超レア種だそうで・・・地味な姿ですが、一瞬一瞬にカメラのシャッターがバシャバシャ・・・と鳴るのに、平然と、ヨシの皮をはいで中の虫を食べるとは、大物じゃ。本当に見られることが、ラッキーという珍鳥ウグイス科のコノドジロムシクイを運よく見ることができました。


birder3.jpg

 水辺では、ナポレオンハットのヨシガモも見られたし、なかなかに収穫の多い観察会でした。風も冷たく、つい足早になったせいか・・・12キロ歩いたのに、いつもより、早く、松戸にもどり、松戸神社で無事、解散となった。
posted by norarikurari at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

08年初観劇は『キル』

 寒い、北風吹きに吹くというのに、夕方から出かけるのは、渋谷コクーンシアター。今年初の芝居は野田秀樹さん作・演出の『キル』。
 初演が1994年、再演が1997年、そして、今回3回目の公演はキャストも大幅に変更だとか・・・。『お噂はかねがね・・』という芝居でしたが、はじめての観劇で、あらためて、面白かったです。

 野田さんのおっしゃる通り、『壮大な嘘』ですね。これは・・。確かに映画やTVドラマではありえない・・・、テムジンがファッションで世界征服をたくらむ・・なんて・・・。
 でも、舞台ならこれだけの『絵空事がいつしか真になる』・・・何もないがらんとした舞台が『モンゴルの大草原にみえる』という不思議が、奇跡が起こるし、その瞬間に立ち会える喜び・・・・、それが見たくて、寒くても雨が降っても、ひとは劇場へと向かうんだなぁ・・と思いました。

 主演のテムジンに妻夫木さん、その妻に広末さん、さらに勝村さんに高橋恵子さん、野田さん・・。どういうわけか、席が最前列のほぼセンター近くで、目の前に熱演の役者さんの汗もつばきも、時に動く風さえも感じられて、さらにその熱に圧倒されました。芝居って、今はもちろん映像化される作品も多くなりましたが、やはり、同じ時間を共有する喜びが大きい!!この芝居を生で見られるときめき・・、そこに込められたメッセージをできるだけ受け止めたい・・・。その言葉を記憶に書き留めたい・・・とジタバタ!!することこそ、大いなる喜びでしょう。
 昨夜はあらためて野田さんと同時代に生きて、その芝居を見られることを嬉しく感じました。
 
 言葉遊び以上に、美しい言葉の数々、その言葉を受けとめるのは広末さん演じるシルク、であると同時に、観客でもあって、共に激しく心打たれたのでした。

 それにしても、いつものように、押上駅から半蔵門線で渋谷へ向かおうと思ったら、なんかいつもより混雑??なんと、乗り入れの田園都市線で人身事故、そのため、押上ー渋谷間折り返し運転・・しかも、ダイア乱れて、あちこちの駅でダイア調整・・・そのために、予定よりかなり遅れて渋谷到着。開演時間もあるので、ハラハラ。同じレールの先で、誰かが命をたったかもしれない・・のに、なんて身勝手なんだろう・・と後ろめたく思いつつも、やはり、自分勝手で・・・恥じたのでした。おかげさまで、開演5分前には着席していました。
 というわけで、帰りは問題解決か??と思ったら、何と今度は、田園都市線でまたまたレールに亀裂・・とかで、またも混乱していました。それでもなんとか押上行きは、走っていて、やや遅れましたが、無事、帰宅できてヤレヤレでした。
posted by norarikurari at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

寒いせいかな?

 目下、今年最初のミニコミ誌の制作中ですが、どうも、昨日から、くしゃみは出るは・・・鼻は出るは・・・って、これは、『風邪』???
 いわゆる、ふつうの『鼻風邪』のようですが、TPO無視の鼻水攻撃に参っております。
 まったく、色気など・・・もともとないけれど、さらに、マイナス二乗って感じ・・・。
 
 TVでたまたま見たのですが、バラエティだかワイドショウだか忘れましたが、『冬のエコライフ』提案で『室温の設定を18度に』とあるのに対し、スタジオのゲストの面々??誰とは特に記憶にないのですが・・・・『え〜〜〜〜?無理だ』みたいな反応。でも、18度もあれば充分でしょ・・って、うちの感覚がおかしいのかな?

 まあ、それで風邪引いちゃ、やっぱり、ダメなんだけれど・・・。
 写真は、寒いかと寝ているゴンにタオルをかけたら、ムックリ起きて『迷惑だよ!』


taorunogon.jpg
posted by norarikurari at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

自家発電?

 暖冬かと思っていたら、急に寒くなりました。で、寒さも厳しくなると、どうしても足先が冷たくなって・・・。がく〜(落胆した顔)
 
 数日前、何気なく、ホント無意識に膝の屈伸をしたのを目ざとく見つけたつれあいが、『ハイ、スクワット 100回』と命じた。いつの間にやら、徐々について来たぜい肉ですっかり『太め』となっていることが、多少、気になっていたので・・・、素直に挑戦しました。

 結果、もちろん、1回くらいでは、ぜい肉関係に特に変化はなし・・・ですが、なんと、冷たい足先がポカポカあったまってきた・・・・。もう、これは予想外のビックリ。exclamation

 で、翌日も100回スクワットといっても、まあ、実際は、ちょこっと膝の屈伸を100回ですが、やってみたけれど・・・、足先が温まらないので、そのあと、50回、ピョンピョン跳ねたら、またすっかり、温まりました。ハートたち(複数ハート)
 
 というわけで、費用0円で、ポカポカ暖まれる術の発見!!にすっかり気を良くして・・・、ひとり、これで、多少でもぜい肉も減少できたら、一石二鳥!と・・・捕らぬタヌキの皮算用です。わーい(嬉しい顔)
posted by norarikurari at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

初雪だ!

 今朝、目覚めてビックリ、うちの前の畑が白くなっている・・・。雪 あわてて、新聞を取りに出てみたら、車にもうっすら雪がのっていたが、道路には雪がなく・・・まあ、その程度ですんで良かった。

 
hatakenoyuki.jpg

 雪国の方にはホント、申し訳ないのですが、雪って『きれい』とばかり言っていられない、大変なものですよね。
 首都圏でめったに降らないのに何を言うか?って感じですが、めったに降らないから、よけいに慣れていないのかも・・・。
ふらふら
 道路の除雪も大変だし・・・、まあ、うちにこもって、雪見酒って過ごせるなら、いいんでしょうが・・。

 ともかく、陽射しが照り出したら、あっさり、今朝の雪は溶けました。
 でも、陽射しはあっても、気温は低く、『冬だから当然』ですが、なるべく外出は控えて、一応仕事に励みました。

 そのわりに、猫は元気で、何度も『出たい』コール・・・。でも、2回でお終いにして・・・あとはベランダから外を眺めるだけに終らせたおわび??に、夕飯には、鯖を三枚に下ろすと、骨に肉がいくらか残っているので、それを焼いて、スペシャルであげました。いつものカリカリのエサよりはるかにおいしかったみたいです。猫
posted by norarikurari at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

地球は美しい!

 14日、寒い1日で、曇りだし、これはもう映画にでも行くか?と、午後、でかけました。
 地球の壮大なドキュメンタリー映画『earth』です。

 『ディープ・ブル−』の監督だとか、『プラネット・アース』の制作スタッフが5年の歳月をかけ、世界200ケ所以上でロケしたという・・・話題作。とはいえ、まあ、環境問題ですから、地味だし・・そんなに混んでないだろう・・・と思ったら、意外にも混んでいた。がく〜(落胆した顔)
 劇場到着したのは、上映まで45分というに、すでに、真ん中の良席は完売で、後ろの隅の方の席をなんとか確保。
 ロビーには、次回上映を待つ人でいっぱい。知らなかったなぁ・・と思ったら、14日は『ト−ホーの日』ということで、この日はチケット代が1000円ということだったみたい。どのみち、シニア割り引きの私には、ありゃ・・??ふらふら

 それはともかく、映画はスケールが大きくて、もう、大スクリーンで見るにはぴったり!!音楽もマッチして・・・、居ながらにして、地球を北から南へと旅する気分。

 でも、そのあちこちで必死に生きる動物たちの姿、そのいのちのいとなみの困難は、実は地球温暖化も原因のひとつだという・・・。
 映像の美しさ、信じられないほどの大自然のダイナミックさ、満喫しましたとも・・・。メッセージは控え目で・・・、でもしっかりと伝わって、良かったです。

 それよりもなによりも、いつの間にか、映画にポップコーンはつきものになっているんですね。思わず『欧米か!』ちっ(怒った顔)
 90分の映画で、あんだけ食べられるんだろうか??なんて、ホント余計な心配までしてしまいました。ふらふら
posted by norarikurari at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

冬は寒いもの!

 とは言え、なんだかんだと言っても、この冬もこれまで『暖冬』だから過ごしやすかった。ホントは、冬は冬らしく『寒いのが当然』でも、『寒いのは苦手』なのも正直な気持でして・・・。

 アンビバレンツ・・・・に翻弄される??日々ですが、やはり、灯油高騰であっても、寒さが苦手でも、『冬は冬らしくあれ!!』。『暖冬』の影響の方が、先々深刻そうだからなぁ・・・。

 で、本日、灯油をストーブのタンクに給油しようと思ったら、ドクター中松考案ポンプが壊れて・・・、給油できない・・・。明日は買いに行かなくちゃ・・・。3連休もしみったれた話題で、猫も呆れていました。猫 


nannda.jpg
posted by norarikurari at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

お正月も遠くになって・・・

 今週、7日から実質的な仕事始めだったのに、なんだか、もう『お正月』が遠い出来事のような??気分になっています。まだ、年賀状がポツポツ来るのに・・・なんとも、奇妙な気分になるくらい・・・。
 年賀状と言えば、今年の年末には出すのを少し、考えようかな??と思ってしまいました。出すのが、けっこう、迷惑だったりするのかな??と、今さらながらに気づいた・・・ふらふら 

 でも、これが、出すのを止めると、なぜか、来たりして・・・微妙に食い違っちゃうから、難しい・・・。まあ、年末までにはすっかり忘れて、同じことを繰り返しちゃいそう??だけど・・・。がく〜(落胆した顔)

 正月休みも、うだうだしているうちに、本も読まないまま終っちゃいました。それなのに、買いたくなるから・・・、本は収納スペースからドンドンはみだして、積ん読が進む一方。

 うちの近くのコンビニ書店、単行本はベストセラーが主と言うところなのに、なぜか、辺見庸さんの最新刊『たんば色の覚書』があった....のにびっくり。・・・で即購入。
 脳硬塞にガンと病に苦しみつつ、しかし、精神力で明るく強く生きる著者には頭が下がります。
 何ごとも自分で考えて、善し悪しを判断する、誰の支えがなくても良し...とすべきなんだけれど、やはり、凡人ゆえ、指針がほしかったりする。そんな時、かけがえのない指標となる作家のひとりが、辺見庸さんです。というわけで、これからじっくり読みたいと思っています。 わーい(嬉しい顔)
posted by norarikurari at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

正月気分はそろそろ返上?

 本日でお正月休みもさすがに終りでしょうね。できるだけ長く、ぐだぐだしていたいのですが、それももう限度でしょう。

 それにしても、ぽかぽかと暖かな天気に、うちにもこってもいられない・・・と、午後近所の散歩に出かけました。
 我家から一番近いのは堀之内貝塚。縄文時代の貝塚が雑木林となって残っています。地面には貝殻がいっぱい。今は東京湾にはないハイガイの貝殻がたくさん土に埋もれている。諫早湾の潮受け堤防閉切で、無数のハイガイが死滅した・・・というが、その昔はこのあたりにもあったって・・・不思議だ。アカハラ、コゲラ、ジョウビタキ、シジュウカラ、小鳥が枝を飛び交っているが、素早くてなかなか双眼鏡で捕らえるのはむずかしい。

 
zoukibayashiX.jpg

 この貝塚のすぐ脇に外環自動車道が建設中で、むかいの小塚山公園はこの道路を通すトンネル工事中。その必要性はすごく疑問、膨大な建設費と自然破壊・・・、地元住民の反対を押し切っての工事だかからなんとも・・イヤハヤだ。
  
 小塚山の脇を通って、じゅんさい池へ。最近、このルートに『水と緑の回廊』の立て札が立ち、散策ルートとして宣伝中のようだ。でも『水と緑の回廊』ってそもそもは生きもののためにとかんがえられたはず。いつの間にやら、ちゃっかり人間が散策路のキャッチコピーにしているけれど・・・ホント、人間って自分勝手。
 じゅんさい池には冬場、カモやユリカモメが多数集中するが、本日訪ねてみたら、数が減っている。これも『地球温暖化』でここまで下って来なくても、越冬可能になったからだろうか?あるいは、最近らしいが、『エサやリ』を禁止する看板が出たので、その影響もあるのだろうか?まだ、エサをやる人もいるにはいるが、ひと頃のように、盛大には出来なくなって来たからかも知れない。
 善かれと思ったことでも、野生の生きものには悪影響があると気づいてほしい・・・、などとあれこれ思いつつ、一巡りして、ちょっと汗もかくほどの暖かな散歩を1時間少々で終えた。


junsaiike.jpg
posted by norarikurari at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

早くも うだうだと・・・

 無為に過ごすと日の過ぎるのもより早いぞ・・・と気づきました。ふらふら 普通、忙しくて・・・『あっという間に』になるかと思いますが、なにもせずにいても・・・気づけば、はや08年も5日です。exclamation

 つれあいが、年末にどこからか探し出して来た写真、おや、10年、15年、20年前は何と若かったか!!
 当たり前のことながら・・・正直、さほど変わっていないつもりだったけれど、その変貌ぶりには・・・ちょっと『言葉にできない』ほどでした。

 まあ、今さら、失ったものをくどくどと嘆いても意味ありませんが、 がく〜(落胆した顔) 時間が経過は、写真の中の息子のみならず、私も同じだった・・・と、リアルに分った。当たり前なのに、なんとも、不思議な??気分なのは、やはり、どこか、自分は別枠であってほしいとの思いからかも知れません。バッド(下向き矢印)

 せめて気持だけでも、元気良く???そうそう、ついつい、見たい芝居も時間がないとか、遠いとか、億劫がらずにマメにでかけるのも、若さの証明かも知れないなぁ??あとで後悔しないように、がんばって、馳せ参じようとそれが一年の計でしょうか??がく〜(落胆した顔)
posted by norarikurari at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

新年おめでとう!

 あっという間に新年となりましたが、何はともあれ、『あけまして おめでとう ございます』
 今年もグダグダしたブログですが、どうぞ、よろしくお願いします。

 大晦日は形ばかりの料理を少々つくり、掃除はもうパスパスで、あとは、家族で暴走忘年会・・・という、反省すべき結果となってしまっていました。ちっ(怒った顔)

 08年の元日は、昼に新年のお祝の食事会、あとは、前日に見逃した『紅白』を適当に早送りしつつ母と観賞。なんとも、のどか過ぎる新年を過ごしました。

 2日はまず、午前中は、『箱根駅伝』をチラチラと眺め、おわって、近くの国分川に今年初の鳥見。風が強く寒いからか、あまりカモがいないなぁ・・・。ふらふら
 ほとんどがコガモ、わずかに、オナガガモ、キンクロハジロがいて、カルガモ、ハシビロガモが2〜3羽。バンがちょっといて、あとはダイサギ、コサギ、アオサギ、さらに、見られたのはカワウ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ジョウビタキ、そして、カワセミ・・・・。上空にしっかりとノスリの姿も目撃。

 もちろん、スズメにヒヨドリも加えると、短時間にそこそこの鳥見だったとしておきたい・・・。

 河川改修で、川幅を広げ、すっかりヨシ、ガマなど繁茂した川には、この環境が気に入ったカモがコガモなんだなぁ・・・と教えられました。ヒドリガモやホシハジロなどまったく見られず、住み分けている状況を読み取ることができました。

 なんにしろ、彼らにも良いお正月を・・・。ハートたち(複数ハート)

 ちなみに、うちの猫はかわらず、のんきを決め込む08年のようです。

shinnennogon.jpg
 
 代わり映えしませんが、どうぞ、本年も猫共々よろしくお願いします。猫
posted by norarikurari at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。