2017年12月01日

1年が遠く感じられて

 1年で一番昼の短い時期、もう午後4時過ぎには車が点灯し始めている。そんな車を見ると、昨年の今頃…そういえば、私も車のライトをつけて危なっかしい運転をしていたなぁ・・と思い出します。早い日暮れに、さらに時には雨も降っていたりすると、それでなくても苦手な運転が本当におっかなびっくり…なんとか家までたどりつかねば・・・と必死な感じだったなぁ。
 昨年の今頃、母が体調思わしくなく、病院通いの結果、入院、手術となり、毎日、自宅と病院を往復していましたっけ。その時は、とりあえず目先のことで手一杯…でしたが、今になってみるとほんとにたいへんだったなぁ。ま、よくやったと…一応、誰も何も言ってくれないので、自分で自分をほめておきたいです。
 母は昨年12月8日に手術、24日に退位したものの、結局、本人が期待するような回復はならず、5月25日に亡くなりました。94歳という年齢からしたら、致し方なかったのかもしれませんし、手術をしなければもっと早くに亡くなっていたと担当医にも言われましたが、何が正解かは結局わかりませんでした。

 ボケたくないと願った母は最期まで意識がしっかりあって、結局それがよかったのかどうかも、また難しい所でした。ボケていた方が死の恐怖はなかっただろうから、ボケも悪くないなぁ…と思わされたりもしました。母の最期を見て、次は私、少しでも学んでおきたいけれど、実際は何の学習の成果もなくおわりそうです。

kouyou1711B.jpg
 木々の色づきが青空に映えて晩秋もひときわ美しい。
posted by norarikurari at 21:44| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

チケットコレクター?

 もう11月、今年も残り少なくなってきてしまいました。個人的にも、社会も世界も、なんかいろいろあった1年。もうおなか一杯、これ以上、何も起こらないでほしいと切実に思う。平穏が一番です。

 そんなボーっとしたい日々、土曜日は六本木の国立新美術館へ日展を見に行きました。知人からチケットをいただくので毎年出かけますが、今年は同時開催の安藤忠雄展に、新海誠展があるからか、いつもより日展会場が手狭?複雑な展示の構造になっていて、ちょっと迷路気味。あれ?ここ見たっけ?っ思いつつ、行ったり来たり。 
 個々の作品にエネルギーを注いだ作品群に圧倒され、ちょっとよれよれ気分で帰宅。

 かつては芝居のチケットを何枚も確保するのが楽しみでした。今月はこれ、来月はこれ…って感じでコレクターとまではいきませんが?未来の楽しみを手にしている気分。人気の芝居のチケット争奪戦もワクワクでした。
 しかし、舞台のチケットは高い。だんだん、そうそう何枚も手にできなくなり、昨年見にいけたのはたったの3本か? 今年は、これまでに4本?来週、こまつ座を見に行くので、年間5本の観劇となりそうです。
 今、手元には、来年2月観劇の予定の「近松心中物語」のチケットもあって、これはちょっと嬉しい。
そのほかに、展覧会のチケット、東京都立美術館の「ゴッホ展」、さらに国立近代美術館の「熊谷守一展」も前売り券があって楽しみ。
 紙切れ1枚なのに、わくわくできる・・・チケットは不思議な紙切れと言えそうです。
posted by norarikurari at 22:52| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

チケットコレクター?

 もう11月、今年も残り少なくなってきてしまいました。個人的にも、社会も世界も、なんかいろいろあった1年。もうおなか一杯、これ以上、何も起こらないでほしいと切実に思う。平穏が一番です。

 そんなボーっとしたい日々、土曜日は六本木の国立新美術館へ日展を見に行きました。知人からチケットをいただくので毎年出かけますが、今年は同時開催の安藤忠雄展に、新海誠展があるからか、いつもより日展会場が手狭?複雑な展示の構造になっていて、ちょっと迷路気味。あれ?ここ見たっけ?っ思いつつ、行ったり来たり。 
 個々の作品にエネルギーを注いだ作品群に圧倒され、ちょっとよれよれ気分で帰宅。

 かつては芝居のチケットを何枚も確保するのが楽しみでした。今月はこれ、来月はこれ…って感じでコレクターとまではいきませんが?未来の楽しみを手にしている気分。人気の芝居のチケット争奪戦もワクワクでした。
 しかし、舞台のチケットは高い。だんだん、そうそう何枚も手にできなくなり、昨年見にいけたのはたったの3本か? 今年は、これまでに4本?来週、こまつ座を見に行くので、年間5本の観劇となりそうです。
 今、手元には、来年2月観劇の予定の「近松心中物語」のチケットもあって、これはちょっと嬉しい。
そのほかに、展覧会のチケット、東京都立美術館の「ゴッホ展」、さらに国立近代美術館の「熊谷守一展」も前売り券があって楽しみ。
 紙切れ1枚なのに、わくわくできる・・・チケットは不思議な紙切れと言えそうです。
posted by norarikurari at 22:29| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする