2018年04月23日

美術館へGO!

21日午後に上野の東京都美術館へとGO。知人のご主人が出品されている「現代工芸展」を見に行きました。工芸とは、漆、陶器、金属、織物、染め物、人形など様々な技法があって、百花繚乱。毎回、それぞれの作品に圧倒されてしまいます。
 同時期に「プーシキン美術館展」が同じ美術館で開催されていたので、こちらも見ようかな?シニア割引が非常にありがたい。副題は「旅するフランス風景画」ということですが、美術史では風景画は長く背景に描かれているだけだった。そういえば「モナリザ」の背景に描かれているような?それが、風景画が独立して描かれるようになったのは17世紀、「風景画の黎明期」という。画家が旅するようになって、風景への関心が高まった結果のようだ。その後、新興市民階級の台頭とともに、田園風景に目を向けるようになり、バルビゾン派、印象派などとなっていく。このあたりから、親しみのある風景画となっていく。ミレーやコロー、クールベと次第に好みの絵になり、その後のルノアール、セザンヌへと絵画史の変遷は興味深い。ルノアールって、特に好きな画家と思っていなかったが、今回、数々の作品の流れの中で「庭にて ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰」はけっこういいんじゃない?好きだと、上から目線の勝手な妄言。セザンヌの「サント・ヴィクトワール山」やヴラマンクの風景画から、パリの街を描いた作品、ゴーガンやアンリ・ルソーまで、有名作品を網羅した展覧会はなかなかに濃い内容。「風景画」というと、ゴッホやターナー、ユトリロは??なんて思ってしまったけれど、まあ、いろいろ見られて楽しい展覧会でした。
pushikinten.jpg 
posted by norarikurari at 22:55| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

新しい映画?

 6日から公開の「新しい地図」の最新映画「クソ野郎と美しき世界」を8日に見てきました。本当は本日もう一度と思っていたけれど、家庭の事情でかないませんでした。残念、
 それはともかく、良くも悪くも何かと話題のSMAPの解散、そこからの新たなスタートとなって、この映画はいわばあいさつ代わりの新作ということかと思いましたが、勢いのある、新しさが込められた映画でした。稲垣さん、草薙さん、香取さん、3人をメインとした3本とオールスターの大団円を合わせてとても刺激的。カラフルでポップでダイナミック…、それぞれにまったく個性の違う監督がつくったから、まとまりがない作品になりそうなのに…「みんな違って、みんないい」となっている不思議。
 園子温監督の「ピアニストを撃つな」はオープニングにふさわしい勢いがあって、引き込まれ、吾郎さんのパブリックイメージを前提にしながら、とても面白い作品に仕上げていた。
 「慎吾ちゃんと歌食いの巻」はファンタジーなんだけど、彼らにとっての悲しい現実が裏打ちされていて、面白くもか哀しい物語。なるほどこう来たか?ってひねり技みたい。
 第3番目の「光へ 航る」は爆笑問題の太田光さんの監督作品。一番、ドラマらしいドラマだけど、ちょっと意外なほどの正統派。剛君と尾野真千子さんのバチバチ演技対決。
 そして、第4話はこれまでの3作品を一気にまとめ上げるすごいミュージカル。離れ業と言えそうです。だってばらばらの作品がちゃんとここでつじつまを合わせちゃった。そして楽しく歌い踊り、なのに最後は…・ええええ〜〜〜?って感じで大いに楽しめました。
 たくさんのスタッフが知恵を使い、短い時間に仕上げた作品。そのエネルギーをとてもうれしく受け取ったって‥‥感じです。わずか2週間の上映、それでも目標の15万人の動員数を8日間でクリアしたとか、さらに続編も期待していいですか?日本の映画界に一石を投じたように思いました。
posted by norarikurari at 20:56| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

ほのぼの、ほっこり

 漫画は新聞の四コマ漫画を読む?見る?程度で、ほとんど未開拓地域ですが、深夜のブック・バラエティ「ゴロウ・デラックス」(毎回録画している番組)で取り上げられた「大家さんと僕」が気になって、購入してしまいました。なんといっても、ご高齢の大家さんが魅力的です。まあ、ある意味、化石のような方ではありますが、いくつになってもチャーミングな方はいらっしゃると、ちょっと嬉しくなります。
 そんな大家さんを暖かく、優しく見守る作者の矢部太郎さんもいい雰囲気ですが(お笑い芸人さんということで知らないに等しい方でしたが)、「めざせ大家さん」キャラと思っても、「ごきげんよう」なんて卒業以来使ったこともない(その昔通っていた学校では帰りの挨拶が「ごきげんよう」でした)。
 幾久しく使ったこともないし、いまさら、慣れないいことは無理でしょう。まずハードル高すぎです。もちろん、大家にもなれないし、新宿区にもすんでないし…、戦争体験者でもありません。
 でも、おっとり、ほっこりとした大家さんキャラはめざしてみたいですね。相当無理そうですけれど・・・。
posted by norarikurari at 11:14| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする